相棒14 第13話 「伊丹刑事の失職」

スポンサーリンク

放送日:2016年1月27日

ストーリー|相棒14|テレビ朝日
第13話「伊丹刑事の失職」2016年1月27日(水)よる9:00~9:54放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

事件の真相を綴った犯人の手記を新聞がスクープ
殺人を自殺と見誤った伊丹が刑事クビの危機に!

 1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した女性の転落死が、『実は殺人だった』と告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の現物提出を要求するも拒否されてしまい、はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を突き飛ばしてしまう。そのころ、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、被害者の女性が半年前まで勤めていた旅行会社を訪れていた。応対に出た社長が、遺書と思われるメールを受け取った人物だったが、彼女が会社を辞めてから個人的な繋がりはなかったという。そんな中、問題の新聞に、『刑事が編集長に暴行をはたらいた』という記事が掲載される。それを問題視した内村刑事部長(片桐竜次)は、伊丹から警察手帳を取り上げ、自宅謹慎を命じる。進退窮まり、自分にとってこれが“最後の事件”だと腹をくくった伊丹は、謹慎処分を無視して特命係と捜査を続行。すると、スクープを飛ばした今井(大場泰正)という記者から、思わぬ手掛かりがもたらされる。

女性を突き落とし、殺人手記を綴った犯人は誰なのか?
刑事として“最後の事件”に挑む覚悟を決めた伊丹の運命は!?
右京と伊丹、相容れないはずの2人が、難解な事件に挑む!

ゲスト:大場泰正 野仲イサオ 丹羽貞仁

ネタバレあり

  • 伊丹が自殺として処理した女性(加納美咲)の転落死が「実は殺人だった」と告白する犯人の手記が日刊プレスにスクープされる。そこには犯行動機(復縁を迫ったが断られた)や偽装の経緯(鍵とドアロックをしてベランダから逃げた)など犯人しか知り得ない情報も書かれていた。
  • 右京と冠城が美咲の部屋を調べると、高いバッグを発見。
  • 右京と冠城が新聞社に行くと伊丹と芹沢が先に来て編集長と記者に話を聞いていたが、伊丹は編集長に突き飛ばしてしまう。
  • 美咲の携帯から遺書のようなメールを送られた峰岸(美咲の元勤務先の社長)に話を聞く。
  • 「警察官が暴行」という記事が日刊プレスに載り、内村は伊丹に自宅謹慎を命じられ、警察手帳も置いていくよう言われる。伊丹は「最後の事件」と腹をくくり、特命と行動を共にすることに。
  • 右京は手記が届いたとされる日の日刊プレスに「貴方の不動産買い取らせてください、坪400万円以上で買い取り可」という広告が出ているのを発見。広告には連絡先もなく、「犯人が手記を売り込んできて、それに対する返事だったのではないか」と推理。それを編集長に突き付けるが否定し、手記の提出も断られる。しかし記者の今井が編集長を説得し、犯人からの手記を見せてもらう。金は手記を持ってきたバイク便の男に渡したというが、受取証などはもらわなかったという。
  • 手記から峰岸の指紋が検出され、取り調べを行うが否認。峰岸の部屋から400万円(日刊プレスが犯人に渡したのと同額)が見つかるが、「郵便受けに入っていた」と説明。
  • 「小さい会社とはいえ社長が400万円のために手記を書くだろうか」と疑問に思い、峰岸の部屋から押収してきた証拠を見ていると怪しいリストがあり、調べるとそのリストにある人は高齢者をターゲットにした振り込み詐欺の被害者と確認。「峰岸の会社は裕福なシニア向けの旅行プランが多く、ターゲットを集めるための撒き餌のよう」と右京は指摘。
  • ひときわ被害額の大きかった大庭宮子に話を聞こうと家に行くと、自殺しており息子の大庭泰三が遺品整理をしていた。大庭に話を聞くと、「新しい介護付き老人ホームのパンフレットが送られてきたが『パンフレットを送られてきた人しか問い合わせに応じてもらえないから問い合わせをしてほしい』と頼まれて問い合わせをし、その結果を伝えたら『入居金はこちらで払うから名前だけ貸してほしい』と言われ名義貸しし、そしたら弁護士から違法行為だと言われてそれを避けるためには入居金を払う必要があると言われて2000万円渡してしまった」という。また、詐欺に遭う少し前に区役所の人間が来ていろいろ話したとのことで、美咲の写真を見せると間違いないと言う。
  • 峰岸の取り調べに伊丹が乱入し「美咲はおまえがやってる詐欺グループの一員、詐欺に専念させるために会社を辞めさせたのだろう、金銭トラブルにでもなったか」と聞くと、峰岸は詐欺は認めるものの殺人は否認。
  • 伊丹が今井に捜査状況を説明し、日刊プレスに「被害者は詐欺グループの一員、犯人は詐欺の首謀者か」という記事が載る。それを見て右京は峰岸の取り調べに乱入し、美咲との報酬のやりとりについて聞くと、「駅前で」と話す。これは記事にあった通りだが、警察ではまだつかんでいない情報で、右京は「見えてきた」と口にする。
  • 伊丹は日刊プレスに手記が届いた時間近くの防犯カメラの映像に大庭の車を発見して大庭に迫るが大庭は否定。そこに右京と冠城も来て「大庭は犯人ではない」と告げる。
  • 右京、冠城、伊丹は日刊プレスに行き、編集長と今井に「犯人は峰岸ではない、日刊プレスの新しい記事には詳しく書いてあったがそれは警察もつかんでいなかった情報、今井のデスクにカメラの預かり証があったが修理に出したのは美咲の事件の翌日、そのカメラのデータを復元すると峰岸と美咲が受け渡しをしている写真があったがそれは美咲が死んだ夜、次の写真は美咲がマンションに入るところで死亡推定時刻直前、あなた(今井)は美咲を尾行して美咲の部屋を訪ねたがそこで何らかのトラブルが起こり殺害、その後自らの新聞社に殺害を認める手記を送り峰岸に罪をかぶせようとした」と指摘。「大庭から『詐欺被害者の集会で今井と出会った』と聞いた」と言うと、今井は「大庭の話に胸が詰まる思いだった、記者としてこの詐欺事件を追い掛けなければならないと思った、被害者が同じ旅行会社を使って旅行しているという共通点を見つけて詐欺グループの1人の美咲にたどり着いた、美咲の尾行を続けて峰岸と金の受け渡しをしているのを見つけて写真を撮り部屋まで行った、美咲に証拠として写真を見せたらカメラを奪われベランダから捨てられそうになりもみ合っているうちに美咲が落ちた、全てを大庭に告白したら『あなたは悪くない、悪いのは峰岸という男、その男が殺人犯』と言われたが『峰岸の罪をそのままにはできない』と思い、美咲の部屋から持ち去った封筒(峰岸の指紋付き)を使って告発して峰岸に捜査の目を向けさせ詐欺の全貌を解明するのが狙いだった、大庭には何もさせたくなかったが『バイク便の手配は自分がやる』と言われて任せたが大庭本人が来た」と認める。さらに「記者としてどうすることができたというのか、峰岸のしたことを許すことはできなかった」と言うが、右京は「確かにきっかけは正義感だったのだろう、手記を送ったのも記者としての責任感だったのかもしれない、しかしあなたは自らの犯した罪を隠蔽してそれどころか事実をねじ曲げ峰岸を殺人犯に仕立て上げた記事を書いた、記者として自分が正しいことをしたと言えるか」と問い掛ける。
  • 大庭に今井を逮捕したことを告げ、「復讐で心の平穏を手に入れることなど決してできないと思う」と告げると、大庭は「どうしたらよかったんだ」と泣き崩れる。
  • 右京と冠城が花の里に行くと伊丹が先に来ており、警察手帳を見せる。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 1月22日の午後1時10分に特命で記事を読み、鑑識で米沢から話を聞き、美咲の部屋(調布市)を見に行き、それから出版社(千代田区)に行ったのに外が明るすぎない?
  • 「日刊プレス編集部に届けられた封筒」の指紋採取日時が1月22日になっているが、封筒を伊丹らが受け取ったのは23日。
  • 「今回のことで、人が1人死に、新たに犯罪者が1人出ました。それであなたの心は晴れましたか? 復讐で心の平穏を手に入れることなど決してできないと思いますよ」って右京は言うけど、大庭はこんな形での「復讐」は最初から望んでなかったでしょ? 母親が生き返ることはないけど、詐欺グループを逮捕してほしい、できれば金が戻ってくれば、程度のことは願ってただろうけど。
  • 最初の事件の12月22日は第10話 「英雄~罪深き者たち」の最中(船に乗る前日)、殺人犯の手記が載った新聞が発行された1月22日は第12話 「陣川という名の犬」で冠城と陣川が喫茶店に行くなどした日。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
大場泰正:今井将司(日刊プレス記者)
丹羽貞仁:大庭泰三(オオバ水道社長? 宮子の息子)
野仲イサオ:柏田隆弘(日刊プレス編集長)
志村東吾:峰岸圭一(ラックスツアーズ社長)
田中えみ:加納美咲(ラックスツアーズ元社員)
松風はる美:大庭宮子(詐欺の被害者)
山川竜也:加納美咲のマンションの管理人?
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
浅地直樹:今井の知り合いの警察関係者
佐古井隆之
広瀬満:詐欺被害者?
佐波加奈子:詐欺被害者?

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン14)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン14出演分です。 第1話「フランケンシュタインの告白」 藤岡大樹・右京の手術をした医師(相棒1 第11話)・山下(軍事系サークルのリーダー)(相棒8 第6話)・中嶋良行(刑務...

コメント

タイトルとURLをコピーしました