相棒10 第13話 「藍よりも青し」

放送日:2012年1月25日

テレビ朝日|相棒season10
テレビ朝日 相棒season10公式ホームページ
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 鑑識に残された些細なことから”事件”を見つけ出してしまった右京(水谷豊)。さすがにむっとする米沢(六角精児)。
見つけ出した”事件”とは、産廃工場の社長・真壁(原田文明)の自殺に関してだ。尊(及川光博)とともに捜査を開始すると、真壁の部屋から産廃工場に反対していた彩乃(梶芽衣子)が染めたものと思われる風呂敷を発見する。彩乃は風呂敷を自らが染めたものと認めるが、なぜか真壁は生前彩乃の工房にある物置小屋の写真を撮影していた。なぜ物置小屋の写真なんかを撮る必要があるのか?
右京らが、あの物置小屋の中になにがあるか問いただすが彩乃は「企業秘密」と口を閉ざす。
二転三転する捜査の中から浮かび上がった真犯人は? そして彩乃の真実とは?

ネタバレあり

  • 組対五課の応援で銃の取引を検挙し、押収した証拠を鑑識に運んだ際に真壁の事件の資料を見つけて興味を持つ。
  • 真壁の家で瀬野に話を聞いている時に縁(草木染め工房)の風呂敷と写真を発見。
  • 米沢が調べ直して爪や鼻腔から染色された繊維が見つかり、また、真壁は「二度頸部を締められた」、つまり自殺ではないことがわかる。
  • 縁の彩乃に話を聞く。伊丹らも来て真壁が持っていた写真に写っている小屋を見せるよう迫るが断られる。
  • 従業員が10人なのに弁当を毎日20個注文していることや廃棄物の処理量が明らかに多いことに目を付け、不法就労させていた外国人労働者を見つける。
  • 堂島組元構成員の瀬野の取り調べをするが、「真壁が殺されているのを発見したが、工場が調べられないように真壁の自殺を偽装した」「以前彩乃が真壁に金を渡しているのを見た」と供述。
  • 令状を取って小屋を調べて染色廃液を発見、彩乃は「廃液の垂れ流しで真壁から脅された」「あの日身に着けていたこのスカーフで真壁を殺した」と自白したため連行。
  • 彩乃が犯行に使ったというスカーフと真壁の遺体から検出された繊維は若干違うことが判明。右京は彩乃に「あなたが凶器に似せて作った偽物では?」と迫るが「自分が真壁を殺した」と譲らない。
  • 早坂(反対運動のリーダー)が「(凶器となる)草木染めのスカーフを持っている人は限られる」と言っていたことを知り、真壁の杖から犯人と思われる皮膚片が付着していたことからDNA鑑定への協力を要請すると早坂自白(真壁に脅されていたため不法就労者に罪をなすりつけるつもりでスカーフ(クロマー)を盗んでそれで絞め殺した)。
  • 彩乃はソパート(3カ月前に産廃工場から脱走した不法就労者で縁を手伝う)が真壁を殺したと思ってかばっていた。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
梶芽衣子:葛巻彩乃(草木染め師)
武発史郎:早坂圭一(市議会議員)
円城寺あや:郷田節子(工場反対運動で真壁と揉み合いになって骨折した人)
中村圭太:瀬野太一(真壁興産社員、堂島組の元構成員)
アベディーンモハメッド:ソパート
原田文明:真壁義雄(真壁興産社長)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
山崎栄:灰谷耕二(堂島組)
雨音めぐみ:カンボジア人との通訳
友部康志:真壁興産社員
堀田勝:真壁興産社員
鈴木コウヤ:イタリアンレストラン店長(元堂島組構成員)
森山将史:イタリアンレストラン従業員(元堂島組構成員?)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン10)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン10出演分です。 第1話「贖罪」 田野良樹・居酒屋の常連客(相棒2 第14話)・記者(相棒4 第21話)・議員会館の警備員(相棒7 第3話)・タクシー運転手(相棒10 第1話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました