相棒14 第15話 「警察嫌い」

放送日:2016年2月10日

ストーリー|相棒14|テレビ朝日
第15話「警察嫌い」2016年2月10日(水)よる9:00~9:54放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

殺人事件発生!!…しかし唯一の目撃者は捜査協力を完全拒否!?
3人の被疑者と警察嫌いの目撃者が捜査を翻弄する!

 マンションの一室で女子大生・色川真子(澄音)が絞殺される事件が発生。真子は、広域暴力団の組長・伊縫(上杉祥三)が愛人に産ませた娘で、伊縫は組対五課の角田(山西惇)から情報を引き出そうとするなど、不穏な動きを見せる。一方、事件に興味を持った亘(反町隆史)は、強引なやり方で右京(水谷豊)を捜査に引っ張り出す。亘と共に現場にやってきた右京は、向いのマンションから男性が現場を注視しているのに気づく。気になって事情を聞きに行くと、男性は青木(浅利陽介)という公務員で、犯行の一部始終を目撃したが、警察の捜査に協力する義務はないと、一切の証言を拒否してしまう。そんな中、捜査一課が3人の被疑者を拘束する。しかし、状況証拠を見るとそれぞれが極めて怪しく、犯人の特定は難航。改めて、“目撃者”である青木の存在が重要になってくるが…!?

警察嫌いの目撃者が証言を拒否し続ける本当の理由は?
3人の被疑者の中に真犯人はいるのか、それとも…!?
さらに今回の事件が、右京と亘の関係に大きな波紋をもたらす!

ゲスト:浅利陽介

ネタバレあり

  • マンションの一室で女子大生・色川真子が絞殺される事件が発生。真子は、広域暴力団の組長・伊縫が愛人に産ませた娘で、伊縫は角田から情報を引き出そうとするなど、不穏な動きを見せる。
  • 冠城と一緒に現場にやってきた右京は向かいのマンションから男(青木)が現場を見ていることに気付く。気になって事情を聞きに行くと、犯行の一部始終を目撃したが警察の捜査に協力する義務はないと一切の証言を拒否。
  • 捜査一課は被疑者を3人拘束する。谷(真子の同級生で第一発見者)は事件の夜、トイレを借りるために部屋に上がったがガウンに指紋と汗が残っていた。森下(真子の恋人)は「ぶち殺してやる」とメールを送っており、事件の夜部屋に行っている(私物を取りに行っただけ、真子は風呂に入っていて会っていないと証言)。石川(真子のバイト先に通っていた客)は「部屋で遺体を発見したが疑われるのが嫌で通報しなかった」と証言。
  • その後、3人とも犯行を認める。伊丹と芹沢は特命係に来て目撃者について聞き、4人で青木に会って面通しを依頼するが断られる。冠城が本当に目撃したのか、本当は証言しようにも自信がないのではと聞くと、青木は「目撃だけじゃなくビデオもある、ズームを駆使して撮ったから犯人の顔もバッチリ」と返して立ち去る。
  • 冠城が「捜査一課はどんな手段に出るか」と右京に聞くと、「犯罪を目撃した時とっさに撮影できたということは常に機材を準備し日常的に盗撮をしていた疑いがあるということで盗撮容疑か何かで令状を申請するのではないか」と答える。
  • 冠城が裁判官に直談判したため捜査一課が請求した令状は発行されず。冠城は「何の罪もない一般市民に別件容疑をかけて証拠を押収しようなどどう考えてもアウトだから悪いことしたとは思わない、だが令状が下りてあっさり証拠のビデオが押収されると右京さんの出る幕がなくなるから邪魔をしたというのも事実」と理由を語る。
  • 伊縫が青木に「1日も早く娘を殺した犯人に捕まってほしいと思っている」と話しているところに冠城が現れて伊縫が組長ということを明かす。伊縫は「犯人を目撃したと聞いた、証言してほしい」と頼むと冠城は「代紋をちらつかせて一般市民を脅したら一発で捕まる」といさめると伊縫は「そんなものいつちらつかせた?」と反発しつつ、「このままでは娘が浮かばれない」と言い残し立ち去る。冠城は青木に「証言した方が身のためじゃないか」と言うが、青木は断る。
  • 右京はそれを見て「マッチポンプ」と非難するが冠城は否定。しかし角田が来て「ヤクザに捜査協力頼んでどうする」と言うと、「ヤクザじゃなく被害者の父親、組の名前を出したのも僕だし脅したのも僕」と反論。右京はそれを聞いて「詭弁、屁理屈」と一刀両断。角田は怒り、右京にも「もったいぶってないでとっとと今回の件にけりをつけろ、連帯責任だ」と怒鳴る。
  • 日下部から冠城に電話があり、「羽を伸ばすのもいいが、伸ばしすぎるとあちこち当たって骨折するぞ」と釘を刺される。
  • 右京は青木を「わらにもすがる思い」と呼び出し、レストランで話をする。「被疑者は3人とも被害者と肉体的な関係を持っていた」と角田、大木、小松の写真を見せて、「あなたの目撃証言が決定打になる、ちらっとでも指してくれれば心置きなく送検できる、どうか助けて」と頼むが青木は「せいぜい頑張って」と立ち去る。青木がレストランを出る際、被疑者3人とすれ違うように仕向け、石川を見て反応したのをもって「面通し」をした。青木に見せた写真は「目撃した犯人がまだ警察に拘束されていない」と思わせるためのフェイクで、青木は「やり方が汚い、だから警察は嫌いだ」と反発。
  • 青木は動画を右京と冠城に見せて「そんなに欲しけりゃどうぞ」と渡すふりをしてSDカードを壊そうとするが、「それをすると証拠隠滅の罪(2年以下の懲役または20万以下の罰金)に問われる可能性がある」と指摘すると、「だから警察は嫌いだ」と叫ぶ。
  • 右京は冠城を「君にはいろいろと話しておきたいことがあります」と呼び止め、説教。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「日常的に盗撮を行っている可能性あり」ということで令状が取れて押収したとして、それを殺人事件の証拠として採用できるの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
浅利陽介:青木年男(目撃者、公務員)
上杉祥三:伊縫剛(伊縫組組長)
中山峻:石川圭三(芸能プロダクション社長、色川真子のバイト先に通っていた客)
下山葵:谷寿一郎(協和堂大学政経学部3年、色川真子の同級生で第一発見者)
大澤あけみ:森下澪(協和堂大学社会学部3年、色川真子の恋人)
藤原シンユウ:捜査一課刑事(森下澪を疑う)
児島功一:捜査一課刑事(石川圭三を疑う)
田中啓三:捜査一課刑事(森下澪を疑う)
千葉誠樹:捜査一課刑事(石川圭三を疑う)
金井節:青木の上司、出納係長?
澄音:色川真子(協和堂大学政経学部3年、伊縫剛の愛人の娘)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
太田了輔:「面通し」をした時に石川と一緒にいた捜査員
前川和也:
上野龍之介:「面通し」をした時に谷と一緒にいた捜査員
宇都宮一基:
山中良弘:「面通し」をした時に森下と一緒にいた捜査員
草野速仁
榎木孝明:日下部彌彦(法務省事務次官)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン14)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン14出演分です。 第1話「フランケンシュタインの告白」 藤岡大樹・右京の手術をした医師(相棒1 第11話)・山下(軍事系サークルのリーダー)(相棒8 第6話)・中嶋良行(刑務...

コメント

タイトルとURLをコピーしました