相棒13 第18話 「苦い水」

スポンサーリンク

放送日:2015年3月11日

相棒 season13|テレビ朝日
「相棒 season13」公式サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 都内の小さな公園で、饗庭丈弘(伊嵜充則)という左官工をしていた男性の遺体が見つかった。第一発見者は、特命係の追及をかわし続け、政治の裏側で暗躍してきた国会議員の片山雛子(木村佳乃)。彼女はいまや、初入閣が噂されるほどの確固たる地位を築いており、また、日本有数の資産家の御曹司・桐山友哉(藤重政孝)と結婚の約束をしているという噂があった。一方、鑑識の結果、饗庭の死因はアレルギー反応によるショック死であることが判明。彼が死の直前、桐山のことを調べていたことも分かる。右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、雛子から直接事情を聞こうと接触するが、取り合ってもらえない。さらに、彼女の圧力で事件は事故扱いとなり、捜査一課も手出しできない状況に。それでも右京たちは捜査を継続。饗庭の周囲を探ると、意外な事実が浮かび上がってくる。

被害者と資産家御曹司の意外な接点とは?
雛子は事件とどうかかわり、何を知っているのか?
右京と雛子の対決が、驚きの結末へと繋がる!

ゲスト:木村佳乃

ネタバレあり

  • 都内の小さな公園で、饗庭丈弘という左官工をしていた男性の遺体が見つかった。第一発見者は片山雛子(今や初入閣が噂されるほどの確固たる地位を築いており、日本有数の資産家の御曹司・桐山友哉と結婚の約束をしているといううわさも)。
  • 雛子、桐山、小久保愛子(雛子に桐山を紹介)が会食。

  • 饗庭の所持品に雛子のサイン本があり、饗庭のスマホの検索履歴に桐山の名前があったことから右京とカイトが雛子に話を聞くがはぐらかされる。
  • アナフィラキシーショックによる病死で事件性は低いと判断され捜査一課は手を引くと伝えつつ、伊丹と芹沢は特命係に饗庭の捜査資料を置いていく。
  • 右京とカイトが饗庭のメモ帳に書かれていた村上涼子に話を聞きに行くと逃亡したため確保。以前大麻を使用しておりそれで逃げたのだが、饗庭について話を聞くと、「仕事で相手する金持ちの男たちはやばい趣味のやつも多いから用心のためいつも録画していた、一つやばいのがあってそれを饗庭に見せた、それが桐山で一緒に大麻やらされた、動画は饗庭が自分のに保存して私のは消した」という。
  • 右京が雛子に「饗庭が最後に食べたチョコレートの箱を見なかったか」と聞くと、雛子は「確たる証拠を持ってこい、手ぶらで来た人間と取引するほど甘くない」と返す。
  • 桐山は逮捕され、取り調べで「北海道の私有地で大麻を栽培し仲間内で吸引していた」と認めるが、饗庭とは面識がなく、恐喝などもされていないという。また、雛子とは関係ないと繰り返す。
  • 小久保愛子が雛子のところに「桐山のことをなぜ警察に言ったのか」と抗議に来るが、雛子は「桐山の汚点を知りながら私と結婚させようとした、もし結婚していたら大スキャンダルとなって私は失脚していた、旦那さまは億単位で借金しているようだがその金はどこに流れているのか、あなたは女性議員として自分より出世しそうな私を妬んで策略を仕組んだのだろう、あなたを生かすも殺すも私次第」と返し、追い払う。
  • 角田によると、上層部に桐山に関する情報が届き、証拠も全部そろっていたという。
  • 右京は饗庭が通っていた高校で退学した理由(喫煙)やかつて働いていたチョコレート専門店へ行って話を聞く。
  • 右京とカイトは「今回は手ぶらではない」と雛子に会いに行く。右京が「高校時代の饗庭が一緒にたばこを吸っている女性の制服はあなたの母校のもの、政治家になってからは選挙で負け知らずのあなたも生徒会選挙では落選続きだった」と話をすると、雛子は「私は人付き合いも人前で話をするのも苦手だったが片山家に男子が生まれなかったため父の跡を継ぐことを決められていた、あの公園で饗庭に声を掛けられた、2人ともチョコレートが好きで話が合った、饗庭は私に眼鏡を外させて髪型や服装もおしゃれに変身させた、すると周囲の私を見る目が変わって自分の見た目が武器になることに初めて気付いた、生徒会長選挙のライバルは人気者だったが饗庭の高校に饗庭と一緒にたばこを吸う写真が匿名で送られてきて2人とも退学となった、私は父の秘書を使って彼女の素行を調べて饗庭とたばこを吸っている写真が出てきた、饗庭は二股どころか他に何人も付き合っていた、私はこの写真を使って裏切り者とライバルを消した、それ以来選挙に負けていない」と説明。また、「饗庭は高校中退後チョコレート専門店で修行を始めたがアーモンドのアレルギーが見つかってからはチョコレートを作ることも口にすることもあの夜まではなかった、饗庭は知り合った女性から桐山の大麻の情報を聞いてあなたに伝えようとした、あなたに伝えたいがかつて裏切った自分が会ってもらえるとは思えないため『チョコレートの約束』を口実に呼び出した」と推理をぶつけると、雛子は「饗庭は封筒とチョコレートを渡してきた、毒など入っていないことを証明するために一つ食べたらアナフィラキシーショックで死んだ、誰かが私を陥れた可能性もあると判断してチョコレートの箱は自分で持ったまま警察に通報した、封筒の中のSDカードには桐山が大麻を吸っている動画が入っていた」と説明。右京は「饗庭の死因はアーモンドのアレルギーによるアナフィラキシーショックだが饗庭と一緒にチョコレートを作った人はアーモンドは入れていないと言っている、誰かが故意に混入したと思われるがそれを調べるために箱が必要」と言い、雛子から箱を受け取る。
  • 饗庭と付き合っていた西崎早苗に箱を見せ、「アーモンドパウダーをふりかけたのはあなたですね」と聞くと、「女癖は治らないしとても子どもなんか育てられないと饗庭の子をおろした、チョコレートは嫌いだと言っていたのに『その女のだけは特別なんだ』と思ってパウダーをふりかけた」と認める。
  • 雛子は記者の質問に「桐山を結婚相手として紹介されたのは事実だが相手のことを調べてその過程で入手した情報を警察に提供した、この際だから『日本国国家と結婚する』と約束する」と答える。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
木村佳乃:片山雛子
伊嵜充則:饗庭丈弘(左官)
ハマカワフミエ:西崎早苗(饗庭と付き合ってた女)
藤重政孝:桐山友哉(桐山グループの御曹司)
富沢亜古:小久保愛子(議員)
桜木梨奈:村上涼子(饗庭が昔ナンパした女)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
松浦唯:濱倉千恵(饗庭が昔ナンパした女)
御友公喜:小久保愛子の夫?
安田愛里:片山雛子(高校時代)
植木紀世彦:小峠(左官? 饗庭の上司? 親方?)
川畑博稔:中田(饗庭が昔勤めていたチョコレート専門店のショコラティエ)
宮島岳史:記者
平原多香子:雛子の秘書
平林弘太朗:記者
野口雅弘:都立青葉高等学校(饗庭が通っていた高校)教師
吉田愛美:喫煙で退学になった生徒

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン13)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン13出演分です。 第1話「ファントム・アサシン」 大石継太・佐々木隆俊(新進気鋭の芸術家)(相棒2 第12話)・河上茂(ヨツバ電機の組合役員)(相棒4 第6話)・佐々木宏(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました