相棒13 第2話 「14歳」

スポンサーリンク

放送日:2014年10月22日

相棒 season13|テレビ朝日
「相棒 season13」公式サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 文科省の官僚・高宮(山崎銀之丞)が殺人容疑で逮捕された。しかし、取り調べをのらりくらりとかわし、容疑を認めようとしない。そんな中、警察に「高宮は被害者に強請られていた」という告発メールが届く。一連の出来事に引っ掛かりを覚えた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、独自の捜査を開始。現場を調べていると、そこに容疑者・高宮の息子を名乗る、優(濱田龍臣)という14歳の少年が現れる。父が殺人などするはずがないと考え、自分で調べているらしい。そして、聡明で如才ない優は、右京から「密告メールを送ったのは君ですね」と指摘されても動じず、逆に「お2人を僕のゲームのプレイヤーに認定します」と不敵な態度を示す。その後、右京たちは被害者と優に接点を見つける。小学校時代、優と同級生だった被害者の息子が、いじめを苦に自殺を図っていたのだ。被害者はその遺書をネタに高宮を強請っていたと思われた。

殺人容疑をかけられながらも挑戦的な態度を見せる
14歳の少年は、事件とどうかかわっているのか?
さらに、特命係の捜査から第二の殺人が発覚して…!?
事件はやがて、思ってもみなかった方向へと転がり始める!

ゲスト:濱田龍臣 山崎銀之丞

ネタバレあり

  • 文科省の官僚・高宮信一が殺人容疑で逮捕された。しかし、取り調べをのらりくらりとかわし、容疑を認めようとしない。被害者の身元もわからない中、警察に「タカミヤ・ノブカズはナカイ・フトシから強請られて殺害を決行した」という告発メールが届く。一連の出来事に引っ掛かりを覚えた右京はカイトと独自の捜査を開始。
  • 現場を調べていると、容疑者・高宮の息子を名乗る、優という14歳の少年が現れる。父が殺人などするはずがないと考え自分で調べているらしい。そして、聡明で如才ない優は、右京から「密告メールを送ったのは君ですね」と指摘されても動じず、逆に「あなた方2人を僕のゲームのプレイヤーに認定します」と不敵な態度を示す。
  • 緑川学園(優の学校)で優について話を聞いていると、伊丹と芹沢も登場。ナカイ・フトシと高宮との接点が見つかったのではないかと伊丹らと同行して緑川(理助長)と鶴田(校長)に話を聞く。中居の息子は3年前にいじめを苦に自殺を図ったが、中居の息子と優は当時同じクラスで、高宮が代表となり中居と示談にしたという。
  • 優に話を聞くと、優は「1週間前中居から電話があって父に取り次いだ、父は大森町のプラザビル地下街のテナント工事現場に呼び出された、全てを盗み聞きした僕がどうしたか」と言ってドアを閉める。
  • 角田からリストをもらい、毎年のように文部科学省から緑川学園に天下りしていることを確認。
  • カイトは中居の事件当日の足取りを洗い、靴の裏には金属の破片もあったことから廃工場を調べると遺体発見。被害者の近藤は3年前中居の息子と同じクラスの生徒の保護者と判明。また、現場には争った痕跡があるが、被害者と加害者の他にもう1人新しいゲソ痕があるという。
  • カイトから「新たな遺体を発見、被害者は優と同じクラスだった子の父親で3年前まで東山不動産の重役」と聞き、右京は法務局で何か調べる。
  • カイトが高宮に話を聞くと、「中居が強請ってきたのはいじめではない」と語る。
  • 右京は「近藤は3年前まで東山不動産の重役で中居は3年前は自営の不動産業者、そこで緑川学園の不動産取引について調べた、緑川学園は3年前東山不動産を通じて都心の一等地を購入、名目は新しい幼稚園の建設と運営、文科省に補助金を申請して1億円を入手、ところが学園はその土地を中居の経営する不動産屋を通じてこっそり売り払った、いわゆる土地転がし、本来なら監督官庁の文科省がチェックしなければならないが緑川学園には天下りの理事も多くノーチェック、この官民の癒着を子どものいじめ事件を通じて知り合った中居と近藤が共謀して強請った、相手は補助金審査の責任者高宮と緑川学園理事長の緑川、近藤を殺した犯人はあなたですね」と緑川に聞く。緑川が「証拠は?」と聞くと、右京は「廃工場に中居の足跡もありカメラの三脚の跡もあった、中居は撮影しており近藤が仕掛けて文科省との癒着を示唆するキーワードをしゃべらせてその映像をネタにして高宮を強請る計画だったが近藤は殺された、警察に届けるか強請り続けて金を得るかで後者を選んだ中居は命を奪われた」と言う。緑川は「確固たる証拠はない」と返すと、右京は「確固たる証拠ならもうじきここに」と言い、カイトから「中居から『癒着の証拠は当日持っていくから楽しみにしていろ』と言われて緑川に相談したら『心配いらない、こちらで対処する』と言われた、緑川がどう対処するか不安だったので現場に行ったら中居の遺体があった、証拠が何か気になって中居の体を調べたら血が付いてしまった、殺害現場から飛び出してきた人物は校長の鶴田」と高宮が供述したとの連絡が入る。右京と緑川が話している部屋に鶴田が入ってきて「金で話を着けると言っていたのに当日になって『俺はころした、おまえも殺せ』と言われた、私は人殺しなんてやりたくなかった」と叫ぶ。鶴田が中居から奪ったビデオカメラも発見され、緑川と鶴田が罵りあっていると、右京は「これで地位も名誉も人生も全てを失うことになる、覚悟しなさい」と一喝。
  • 優を花の里に呼び、右京は「君の目的は緑川学園の不正と文科省との癒着を暴くこと、父親が逮捕されたことを利用して密告のメールを警察に送り警察の目を緑川学園に向けさせて君の計画は成功したが目的はどうあれ手段は違法、君のしたことは偽計業務妨害という罪」と説教。また、「初めて会った時に『捜査二課か』と聞かれたことで文科省の不正に関する何かが事件の根底にあると思った」と説明。カイトは「3年前のいじめの時に高宮はクラスの全体責任にした方が保護者会の結束が図れるからと君をいじめた側に入れて数合わせをしたが『親なら優の誇りを守るべきだった』と後悔していた」と高宮の言葉を伝える。優が「偽計業務妨害で僕は少年院行きか」と尋ねると、右京は「初犯だしいろいろなことを考えた上で厳重注意」と答え、優は泣いて謝る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「密告者のメールにはノブカズと記してありました」って、すでに逮捕報道がされているなら、実名も公表されてるでしょ? 「キャリア官僚が人を殺したって世間が大騒ぎしてる」のに、肩書きだけ発表されて実名は発表されてないなんてことはないよね? だったら、身近な人じゃなくても読み方わかっておかしくないんじゃない?
  • 中居の移動手段、どうして徒歩に限定できるの? 「目撃情報がない」と「タクシーに乗らなかった」はイコールじゃないでしょ? あと、靴底に金属片が刺さってたら、すぐに気付いて取るんじゃないの? しかも、その後45分くらい歩いてるわけでしょ? 溝の間にはまってたのならともかく、完全に刺さってるし。
  • 先週のロシアに続いて、今週は文部科学省で不祥事。これまで、不祥事の時は国土建設省とか福祉衛生省とか架空の省を作ったのに。
  • カイト、住居侵入じゃないの?
  • 3年前のクラスのリスト、50音順と思われるけど、星野の次に星崎。
  • カイトは右京に電話で「(近藤秋夫は)3年前まで東山不動産の重役」って言うけど、どうやってそれを知ったの? 伊丹が持っていた紙に書いてあったのかもしれないけど、それを見せてもらった感じはなかったし、反対側を見ただけじゃどれが近藤秋夫の内容がわかるわけないよね?
  • 示談をした時、「保護者」が30人いるのはなぜ?
  • 「殺せ」と言われて、殺すかな……
  • 「教育者であるべきはず」っておかしくない? 「教育者であるべき」か「教育者であるはず」じゃない?
  • 右京は「地位も名誉も、そして人生も、全て失うことになります」って言うけど、裁判受けてないのにそんなこと言っていいの? まあ、地位と名誉は失うでしょ。でも、「人生を失う」ってことは、死刑になるか、死ぬまで刑務所に入っているぐらいの刑期か、出所できたとしても「人生終わってる」ということ。人殺しは社会復帰できないの? 現在の日本は前科持ちに厳しい社会だから、ということ? それを警察官が言っちゃいけないんじゃないの?
  • 右京は優に対して「君のしたことは偽計業務妨害という罪です」と言いつつ、「君は初犯です。さらに、いろいろなことを考えた上で、今回は厳重注意ということにしておきましょう」って、それでいいの? 「初犯だから」という理由で記録に残さず厳重注意で済ましてたら、次もまた初犯になるんじゃない?
  • 「保護者会の結束」のために、自分の子を加害者にするかね……官僚なら、「自分の子だけでも加害者じゃなくさせる」というのなら理解できるんだけど。
  • 右京「目的はどうであれ、手段は違法」。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
濱田龍臣:高宮優(緑川学園大学付属中等部2年生)
山崎銀之丞:高宮信一(文部科学省教育局課長補佐、優の父)
森宮隆:緑川文一郎(緑川学園大学理事長)
山崎大輔:鶴田栄治(緑川学園大学付属中等部校長)
小林健一:中居太(無職、元不動産屋)
岩渕敏司:近藤秋夫(無職、元東山不動産重役)
一双麻希:遠藤かおる(緑川学園大学付属中等部、高宮優の担任)
澤田育子:「RIO BRANCO 白い河」ママ
山崎海童:高宮信一を捕まえた3人のうちの1人(最初に高宮とぶつかった人)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
佐々木陽向:高宮優の同級生
古賀理紗子:中居太の元妻(中居とは子連れで再婚)
阿久津香:高宮優の同級生
重田恭佑:中居太の元妻の子

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン13)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン13出演分です。 第1話「ファントム・アサシン」 大石継太・佐々木隆俊(新進気鋭の芸術家)(相棒2 第12話)・河上茂(ヨツバ電機の組合役員)(相棒4 第6話)・佐々木宏(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました