相棒13 第1話 「ファントム・アサシン」

放送日:2014年10月15日

相棒 season13|テレビ朝日
「相棒 season13」公式サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 ある日、右京(水谷豊)のもとに、かつて事件を通じて特命係とかかわったホームレスの吉田一郎(松尾貴史)が訪ねてくる。ゴミ箱から拾ったバラバラのレジュメを繋ぎ合わせたところ、そこには歩道橋から転落死したと報じられた男性会社員の詳細な個人情報が書かれていたという。それが何らかの事件であることを察した右京と享(成宮寛貴)は、独自の捜査を開始する。

 そんな中、右京は歩道橋付近の防犯カメラに、先日絞殺された大学准教授が映っているのを発見。ふたつの事件の繋がりを疑う。そして、吉田から受け取ったレジュメから、社美彌子(仲間由紀恵)という女性の指紋が見つかる。彼女は、内閣情報調査室総務部門(通称・内調)に在籍する、情報機関のスペシャリストだった。さっそく、美彌子と面会した右京と享は、レジュメが内調の資料室から何者かによって持ち出されたものだと聞く。美彌子によると、レジュメには7名の日本人の詳細な情報が書かれていた。7名は先ごろアメリカに亡命したロシア人スパイが日本滞在中に情報を得ていた協力者だと証言した人物という。米CIAから内調に極秘裏に連絡があったのだ。

 その内、既に3名が死亡。転落死した男性会社員と、絞殺された大学准教授、さらに昨夜殺害された新聞記者の名前があった。何者かがリストアップされた7人を次々に殺している“連続暗殺事件”の可能性が浮上し、捜査一課は残る4人の警護を担当することに。ところが、その矢先、思わぬ事態が起こり、警護は大混乱に陥る。

7人を狙う“姿なき暗殺者”は一体誰なのか?
右京と享は、日本の情報戦略を根底から揺るがす
スパイ事件の闇を解き明かすことができるのか…!?
国家レベルの巨大事件から、特命係の新たな捜査が始まる!

ゲスト:仲間由紀恵 羽場裕一

ネタバレあり

  • ヤロポロク・アレンスキー(ロシアのスパイ)が米国大使館に逃げ込み亡命。
  • 歩道橋で小倉が転落死。犯人は小倉の情報が書かれた紙を近くのごみ箱に捨てて逃走。
  • 大学の准教授の日下の遺体が発見される。
  • ホームレスの一郎が警視庁前で右京を待ち伏せ。右京は一郎に夕飯をごちそうすることに。
  • 悦子は勝手に峯秋との約束を取り付けてカイトも含めて3人で会食の席を持つが、右京から「都合が悪ければ結構だが夕飯でもどうか」と電話があってカイトは抜け出す。
  • カイトが来たところで一郎に話を聞くと、「小倉が死んだ歩道橋の近くのごみ箱で見つけた紙がバラバラに破かれていたがつなぎ合わせたら小倉の情報(名前、顔写真、現住所、勤務先、1週間の行動パターンなど)が書かれており事故ではないんじゃないか」という。
  • 新聞記者の若島の刺殺体が発見される。
  • 右京とカイトが歩道橋近くの防犯カメラの映像を見ると直前に日下が歩道橋を上っていることに気付く。
  • 米沢に見せると「シークレットペーパー」(コピーできない紙)で、指紋を調べると社美彌子(内閣情報調査室の主幹)のものを検出。右京とカイトが美彌子に話を聞くと、亡命したヤロポロク・アレンスキーの協力者7人の情報をCIAからもらって作成したものがファイルごとなくなっており何者かが持ち出したと思われるがすでに小倉、日下、若島の3人は殺害されており、他に参議院議員の下山、精密電子機器メーカー技術者の伊勢、自衛官の矢部、東京都職員の佐々木がいるという。また、彼らには個別に警告をしたが誰も取り合わなかったという。室長の天野(美彌子の上司)は「スパイ防止法でも作って包括的に取り締まれるようにしなければいつまでも日本はスパイ天国」と嘆く。
  • 右京は若島が殺された現場へ行って推理。進んで入るような場所ではないため犯人に誘われたか犯人と待ち合わせをしたと考える。
  • 捜査一課は残り4人を張り込み。伊丹と芹沢は矢部を見張っていたが、矢部がコンビニで買い物をして部屋に戻ると大きな物音。伊丹らが矢部の部屋に行くと矢部は大けがをしていたがベランダの外にいた芹沢は逃げる人物の姿を見ることすらできなかった。矢部の証言によると外国人に襲われたという。
  • 角田らは「ロシアが送り込んだ刺客か?」と話すが、右京は「本当にロシアが絡んでいるならプロの刺客を寄越すはずだがそうであればいくら相手が自衛官だからって仕留め損ねるはずがない」と語る。
  • 捜査一課は4人の張り込みを続けるが全員に尾行をまかれる。
  • 右京とカイトは「4人全員が示し合わせたように捜査員をまいたのは美彌子か天野の指示」と考えて美彌子を尾行。美彌子に尾行を気付かれて話をすると、美彌子は「警察の監視が付いているが警護のためではない」と説明して避難させたことを認め、避難場所に案内する。
  • 避難場所の別荘に到着。下山が落ち着き払って「ロシアに命を狙われるなんて笑止千万」と言うと右京は「同感、一連の殺しの手口を見ても犯人は素人」と同意。カイトは「矢部を襲ったのはまるで幽霊で全く手掛かりがない、逃走を図ったとみられるベランダも捜査員がしっかり監視していたが犯人の姿を見ていない」と矢部に確認するが矢部は「外国人に襲われた」と断言。
  • 右京とカイトは別荘の周囲を確認しつつ「下山は落ち着きすぎている、少なくとも命を狙われているというおびえは感じないのが気になる」と話をする。
  • 天野に「ここが安全な避難場所とも思えない、避難するとは方便で本当は何をするつもりなのか」と聞くと、美彌子が代わりに「情報収集」と答える。すると下山が帰ろうと出てきたが、美彌子に止められて「間近で見ると結構な美人だ、ますます好きになった」と帰るのをやめる。
  • 下山は美彌子に「どこかで見た顔だと思っていたがようやく思い出した」と話し掛ける。
  • 夕食に下山が現れず、部屋に荷物はあるのにいないため別荘の周囲を探すと下山の遺体を発見。
  • 別荘に伊丹と芹沢も来たところで、右京は芹沢を「あなたがしっかりベランダを見ていればこんなことにならなかったかもしれない」と非難。すると芹沢は矢部に「本当に襲われたのか」と迫り、右京が「20針以上も縫うけがを負ってまで自作自演しなければらないほど切迫していた、ずばり今回の一連の殺人事件の実行犯はあなた、わざわざ殺害の手口を変えていたにもかかわらず1件目のヘマによって事件の背景が明るみに出た、自らの犯行の発覚を恐れたあなたは捜査を撹乱するために存在しない殺人者を仕立て上げることにした、自ら被害者になって警察の追及をかわすというのは切羽詰まった真犯人のよく使う手、誰の指示だったのか、あなたはあくまでも実行犯、ここまできてあなただけが罪を被るのはばからしい」と迫ると、矢部は天野からの指示と認めるが人殺しではなく襲われたふりをしろと言われたと弁明。右京とカイトは「それぞれが順番に天野の指示を受けて凶行に及んだ、最初の犠牲者の小倉を殺したのは日下、日下を殺したのは若島、犯行現場を考えると若島を殺したのは若島と面識のある下山」と説明、「今回下山が殺されたのは確かに順番通りだがなぜ下山だけを殺したのか、殺人事件が発生すれば警察が駆け付けるのでここでみんなをいっぺんに始末する計画を遂行できなくなる」と疑問をぶつけると、天野は「おまえたちのしたことは万死に値する、なのに法律が裁かないからこの私が」と動機を説明し、「3人の殺害を指示したのも下山を殺したのも僕」と認める。
  • 天野の供述通りの場所から凶器となった石も発見され下山殺害の犯人は天野で間違いないが、下山だけを殺した(イコール全員を殺すのは難しくなる)ことに右京は納得せず。
  • 右京が美彌子に「天野の計画に加担していたとも考えられるが」と聞くと、美彌子は「加担はしていないが疑いは持っていた、もし一連の事件に関与しているなら説得しようと思っていた」と答える。
  • 美彌子が天野と面会。計画が頓挫することを覚悟の上で下山を殺したことについて聞くと、天野は「君には感謝されると思う、あんな下衆野郎のために君のキャリア人生が終わってしまうのが忍びなくて」と答える(美彌子はヤロポロクと海外のホテルで会っていたのを下山に見られており、下山にそのことを指摘されたのを天野も聞いていた。実際に美彌子とヤロポロクは通じており、ヤロポロクは亡命前に美彌子に電話をしていた)。
  • カイトと悦子は結婚するつもりだったが悦子から「ちゃんと祝福してもらいたい、お父さんと仲直りして」と条件を付けられ、「じゃないと白紙」と言われる。
  • 美彌子は警視庁広報課長に異動となる。

感想/気になる点など

  • これまで、東国やエルドビアなど架空の国を作ってきたのに、ロシアはOKなの? スパイを送り込んだって内容なのに?
  • ヤロポロクのメールアドレスの@より前の部分、ロシア文字? キリル文字?っぽいけど、それでメール届くの?
  • 小倉のレジュメに日下の指紋はなかったの? 拾われて調べられることを想定していないのであればべったりついているはずだけど、米沢が照合しなかった? 照合したデータベースには入ってなかった? だとしても、右京なら「日下の指紋とも照合させる」ことを思いついたんじゃないの? かなり疑問。
  • 内村、「私は常にこの首をかけて仕事をしてますよ。言いかえれば、命がけなんだ」ってかっこいいけど……普段の言動とだいぶ違うじゃないか……
  • 下山がやけに落ち着いていた(少なくとも、自分が狙われているという怯えは感じなかった)のは下山が実行犯だから、というのは納得はできるが、それは全て下山の犯行だった場合。下山は1人しか殺しておらず、他にも殺人犯はいるのにどうして落ち着いていられたのか納得できない。
  • 矢部が自作自演をしたのは、矢部が「弱点」を突かれたから? 天野が自作自演させたのは捜査をかく乱するため、というのはいいけど、どうして矢部は応じたの? 矢部にとって、襲われたふりをする理由は特に思い当たらないんだけど……あと、そんな「指示」をどうして天野は身分を隠さずに出したの? そんなの、ばれたら怪しいに決まってるのに。どうせ後で殺すからばれないと思った?
  • 「弱点」を突かれたからって人を殺すものかな……理解できない。
  • 天野の動機も……過去に「スパイの協力者」を立件できなかったからって……「スパイの協力者」よりも、「スパイ」を「罰する」方がいいんじゃないの? 「スパイ」はなかなか正体をつかめない、今回はもう日本にいないから「協力者」を殺したの? これもまったく理解できない。
  • 右京も大概「思い上がった正義」だと思うけど。
  • 以下は、話の筋には関係ない疑問点。小道具さん頑張ってください、って感じのことが多い。いや、指示された通りに作ってるのなら指示出した方が悪いか。

  • レジュメに書かれている年齢が、
    日下栄介(昭和42年9月21日生まれ):47歳
    日下透(平成16年11月26日生まれ):10歳
    若島博文(昭和53年10月2日生まれ):36歳
    下山洋子(昭和43年10月3日生まれ):46歳
    佐々木宏(昭和39年10月8日生まれ):50歳
    佐々木千代子(昭和41年4月28日生まれ):47歳(48のはず)
    選手名鑑みたいに、「今年の誕生日を迎えた時点での満年齢」なの?
  • 日下の学歴、「慶明大学 理工学部学部 卒業」って何だよ。
  • 日下の住所、レジュメでは「上馬台3-11-2」、免許証は「3-8-1」。
  • 場面転換で警視庁空撮の後右京と一郎のシーンになるが、空撮では地面が濡れている感じはしないし晴れているが、右京たちのシーンではくもりで地面が濡れている。
  • 小倉が階段を転げ落ちたシーンと監視カメラの映像ではいろいろ違う(監視カメラの映像で小倉が歩道橋を上がる時にすれ違った人は転げ落ちたシーンではいない、小倉が転げ落ちたシーンで携帯を手にした男性が監視カメラの映像ではいない、など)。同じかどうかはともかく、監視カメラから見て階段の手前側の人は小倉が下まで落ちるまでほとんど反応がなく、奥の方からは下まで落ちる前から人が走ってきて、さらにどんどん人が湧いてくるのは非常に不自然。
  • 小倉、昭和49年6月9日生まれで平成8年に大学卒業。
    日下、昭和42年9月21日生まれで平成元年に大学卒業。
    若島、昭和53年10月2日生まれで平成12年に大学卒業。
    伊勢、昭和57年8月2日生まれで平成16年に大学卒業。
    佐々木、昭和39年10月8日生まれで昭和61年に大学卒業。
    みんな飛び級?
  • 捜査本部のドアの横に貼られている紙には「新宿曙歩道橋会社員転落死事件」と書いてあるけど、ホワイトボードに貼られた紙には「新宿本町歩道橋会社員転落死事件」とあり、発生日時も「6月5日」になっている。小倉の住所もレジュメと違う。若島刺殺事件の発生日時は9月10日午後10時頃とあるが、ドラマの中では一郎に話を聞いた後、米沢に指紋照合の依頼前に刺されるシーンがあるので9日では?(「指紋鑑定」の請求日が9月10日になっている) ヤロポロクも社に見せてもらったものでは最初の入国日が2007年5月9日となっているが、ホワイトボードに貼られた紙では平成20年(2008年)5月9日とある。矢部の住所もレジュメと違う。レジュメでは「4-10-1-3-301」となっているが、紙には「4-10-1-201」とある。実際には2階っぽい。

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
鈴木杏樹:月本幸子
真飛聖:笛吹悦子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
松尾貴史:吉田一郎(ホームレス)
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
仲間由紀恵:社美彌子
羽場裕一:天野是清(内閣官房内閣情報調査室室長)
高杉亘:矢部邦仁(防衛省陸上自衛隊中央駐屯地二等陸尉)
五代高之:下山秀和(参議院議員)
大石継太:佐々木宏(東京都 経営部振興課課長)
和田聰宏:伊勢光(日本半導体技研 電子系技術課技術社員)
ユーリー・B・ブラーフ:ヤロポロク・アレンスキー(ロシアンタイム誌東京支局長)
浅野雅博:日下栄介(慶明大学理工学部准教授)
志保:横田小百合(慶明大学学生)
松崎謙二:小倉健二(初芝交易物流企画営業部第一開発課主任)
鎌倉太郎:若島博文(帝都新聞政治部記者)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
河田裕史:富樫(千葉県警刑事)
坂口進也:島村亘(慶明大学経済学部教授)
横堀悦夫:公安部長?
旗本由紀子:ニュースキャスター
三谷侑未:社美彌子の母親
鮎河圭吾:警視庁映像分析室?映像技師
長谷川茂:捜査一課刑事
堀畑俊介:捜査一課刑事
宮下忠人:捜査一課刑事
新虎幸明:捜査一課刑事
駒走秀樹:捜査一課刑事
岡野友紀:捜査一課刑事
山下智亮:捜査一課刑事
加藤裕:捜査一課刑事
山中良弘:捜査一課刑事
小暮邦明:下村の秘書?
幸将司:捜査一課刑事
高柳和春:
木俣聖貴子:結婚式場?スタッフ
八巻博史:捜査一課刑事
アンジュ:
須貝政貴:
松田洋平:捜査一課刑事
豊田茂:捜査員(似顔絵)
石坂浩二:甲斐峯秋

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン13)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン13出演分です。 第1話「ファントム・アサシン」 大石継太・佐々木隆俊(新進気鋭の芸術家)(相棒2 第12話)・河上茂(ヨツバ電機の組合役員)(相棒4 第6話)・佐々木宏(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました