相棒13 第4話 「第三の女」

スポンサーリンク

放送日:2014年11月5日

相棒 season13|テレビ朝日
「相棒 season13」公式サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 捜査一課に浅木真彩(原田夏希)という、警察庁に出向していた女性が新加入することになった。伊丹(川原和久)・芹沢(山中崇史)と組むことになった彼女は、早速ビルから転落死した身元不明女性の捜査に加わる。既に捜査に乗り出していた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、死亡直前の女性の行動から、警備会社の関係者ではないかと推理。調べると、彼女は警察庁を退職後に警備会社に移籍した名取恵子(菅原あき)という女性であることが分かる。さらに捜査を進めると、恵子が勤めていた会社に、警察庁との官製談合の疑いが浮上。恵子は、それを告発しようとして消されたのではないか? 右京たちは、真彩が警察庁の出身者ということで、恵子について何か知らないか聞くが、真彩は面識がないと答える。ところが、その後、思わぬ事実が判明し…!?

真彩が否定した、恵子との意外な繋がりとは?
防犯カメラの“死角”で起きた事件の真相は?
事件は、大手警備会社と警察庁をめぐる巨大スキャンダルへと発展していく!

ゲスト:原田夏希

ネタバレあり

  • 捜査一課に浅木真彩という、警察庁に出向していた女性が新加入。伊丹・芹沢と組むことになった彼女はビルから転落死した身元不明女性の捜査に加わる。
  • 現場に行くと、捜査に乗り出していた右京とカイトもおり、右京は女性が歩いたルートが夜になると閉まってしまう防火扉を避けており、警備会社(シルバー警備保障)の関係者と推理。そこでシルバー警備保障へ行くと、女性は警察庁を退職後に警備会社に移籍した名取恵子と判明。
  • 名取の部屋にあった週刊誌の官製談合(防犯カメラの納入)の記事に付箋が付いており、シルバー警備保障のことではないかと推理。また、「内部の人間から話を聞かせてもらえることになった、詳細は次号」とあってそれが名取ではないかとも思ったが、次の号を見ると記事は取りやめに。
  • 浅木はカイトが持っていた雑誌に目を付け、伊丹、芹沢を引き連れて出版社に行くが「記者もネタ元も教えられない」と言われる。そこに右京とカイトも行って門前払いされるが、その記事を書いた記者(日向)は顔写真入りで単行本も出しており、日向が外に出たところで右京とカイトが話を聞くと「ネタ元は明かせない」と断られるが、「この談合に絡んで殺されたのかもしれない」と聞くと、名取がネタ元であることを認め、談合や裏金も全部知っていて、記事を取りやめにしたのはもう一度会う予定だったが連絡が取れなくてやめたという。
  • 鑑識に行くと、証拠品の鍵が5つあったのに4つになっていることに右京が気付く。米沢に指摘すると鍵の写真も4本で右京に「猿も木から落ちる」と言うが、右京はさらに画像データを調べさせ、ファイルの番号が飛んでいることを指摘。最後に触れたのは浅木ということで浅木の経歴を調べると、名取が教官を務めていた年に警察学校に行っていたことがわかる(浅木に名取について知らないか聞いた際には面識がないと答えていた)。警察学校で話を聞くと、名取が浅木の担任だったという。
  • 今回の浅木の転属は内村の采配とのことだが、中園に聞くと「警察庁の勅使河原課長から言われたらしい」とのことで、勅使河原に聞くと「日頃から現場に戻りたいと言っていたから口にしただけ」という。また、談合について聞くと、勅使河原は「事実なら調べなければいけない、何かわかったら教えたほしい」という。
  • 右京とカイトは浅木が談合をもみ消すために来たのではないかと疑ったが、浅木は和田(シルバー警備保障の社長)を取り調べる。
  • 米沢がカメラのデータを確認し、鍵はもともと5本あったことを認める。米沢が言うには「誰かが持ち去ったとしか考えられない」。
  • 内村は和田の取り調べをやめて釈放するよう命令。
  • 鑑識からなくなった鍵がロッカーの鍵だったことから、右京とカイトがシルバー警備保障に行って同じ番号のロッカーを開けてもらうと「部外秘」と書かれたDVDが出てきて、中を見ると防犯カメラの位置や向きを記録した地図データ。それを見ると、駅から現場まで防犯カメラに写らずに行けることを確認。
  • 右京とカイトが浅木に「ロッカーに入っていたDVDに入ったデータは機密データで個人のロッカーで保管するなどあり得ず不正にデータを持ち出そうとしたとしか考えられない、浅木が警察学校でいじめを見かねて同級生を殴って退学処分が検討されたがかばってくれた名取に恩義を感じて不正を隠したかったのでは」と聞くと、「名取の遺体が発見された夜に勅使河原から呼び出されて『カメラの配置や視界範囲を記録した地図が暴力団事務所から押収されているがそれは名取の部署で作成されたものでありデータの流出に関わっていた可能性がある、先手を打つ必要がある』と鍵を取ってくるよう指示された、鍵はもう勅使河原に渡した」と答える。
  • 暴力団事務所から押収した地図データを角田から見せてもらい、何かに気付く。
  • 日向を連れて、防犯カメラの情報を載せた地図を基に防犯カメラに写らないように名取が転落死したビルの屋上へ。そこで「この地図情報を流せるのは警備会社、警察庁、そして名取に取材したあなたぐらい、あなたと会った喫茶店のコースターの一部が地図情報に写っており喫茶店で聞いたら日向が飲み物を名取にこぼして名取が席を外した隙に写真を撮っていたのを目撃していた、正義感の強い名取はあなたが裏社会の人間に情報を流したことを知り厳しく追及したのだろう、それが殺害動機」と言うと、日向は「写真は資料として撮っただけ、殺した証拠があるのか」と反論。すると右京は向かいのビルの防犯カメラが自分たちの方を向いていることを教える。「設置した時はそうだったがオーナーの事情で向きを変えた」と犯行の一部始終が撮られていたと言うと、日向は「あの女が『暴力団に出回っていると警察庁から問い合わせがあった、こうなったのは自分の責任でもあるから一緒に警察に行こう』と言うからここに呼び出して飛び降りるふりをして止めようとしてきたのを突き落とした」と認める。
  • 浅木は勅使河原に「談合の件は捜査二課に引き継いだ、間もなくシルバー警備保障に強制捜査が入る」と報告。すると勅使河原はシルバー警備保障に行ってロッカーを開けるが中は空。そこに右京とカイトが現れ、「これはここで行われた会議で警察庁の課長級以上に渡されたもので六本木のキャバクラに置き忘れたのが届けられたもの、管理番号からあなたのもの、鍵を持ち出すよう命じたのはそれを隠すため」と指摘。勅使河原は「ほっといてくれたら自分で店に取りに行った、連絡があってすぐに行くと言ったが断られわざとだと思った、昔肩をたたいたのを恨みに思っていたのだろう」と認める。そこに浅木を呼び、「今聞いたのが真相」と言う。勅使河原が浅木に「警察庁に呼び戻したい」と言うが、浅木は「警察学校を出た後恩返しをするつもりで頑張ってきた、名取さんの代わりに女でも上を目指そうと、でも今回名取さんがしようとしていたことが明らかになってわかった気がする、警察学校で名取さんが私を引き留めてくれたのはそんなことのためじゃない、私も彼女と同じ道を歩こうと思う」と断る。
  • 浅木は「お二人のおかげで真相を解明できた、礼を伝えてほしい、ありがとうございました」と伊丹に伝言を託して警察を辞める。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「部外秘」のデータを持っていっていいの? 案内してくれた社員の許可は取ったんだろうけど、「機密データで、個人のロッカーで保管することなどあり得ない」ものを、簡単に警察に渡すの?
  • 名取が殴った浅木をかばって「手を出したことは間違っていますが、彼女がやろうとしたことは警察官として間違っていないと思います」って、警察官がそれでいいの? 手を出した時点でいけないんじゃないの?
  • 右京「だからといって、遺留品の隠蔽など、許されることではありませんよ」ってな……お前はいいんか、お前は。
  • 「オーナーの事情で(防犯カメラの)向きを変えた」とかいけしゃあしゃあとうそをついて。右京はついこの間「非常手段」と言っていたのに、またうそをついて自白させて。カイトも飲み込み早いね。
  • 勅使河原がかばんの中に頭を突っ込むシーン、面白いけど……。
  • 今回、やたらスローのシーンが多かったね。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
原田夏希:浅木真彩(捜査一課警部補)
樋口隆則(菊池隆則):勅使河原章(警察庁生活安全課課長)
津村知与支:日向貴文(記者)
菅原あき:名取恵子(シルバー警備保障機械警備部担当部長)
内田紳一郎:田村順(シルバー警備保障)
永田耕一:和田廣樹(シルバー警備保障社長)
氏家恵:葛西ひろみ(名取の警察学校時代の同僚)
蒲田哲:宮川洋(週刊フレッシュ現代編集長?)
宮沢大地:シルバー警備保障ロッカーを案内した社員
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン13)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン13出演分です。 第1話「ファントム・アサシン」 大石継太・佐々木隆俊(新進気鋭の芸術家)(相棒2 第12話)・河上茂(ヨツバ電機の組合役員)(相棒4 第6話)・佐々木宏(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました