相棒12 第11話 「デイドリーム」

放送日:2014年1月8日

相棒 season12
テレビ朝日「相棒 season12」番組サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 捜査一課で経理を担当する陣川(原田龍二)が、事件を未然に防ぐために力を貸してほしい、と特命係にやってきた。自分が見た悪夢を調べる為にネットの「夢診断」で知り合った大学の心理学部准教授・西牟田叶絵(雛形あきこ)から「自分が死ぬ不吉な夢をみて不安になった」と相談を持ちかけられたという。陣川が依頼を引き受ける相手は決まって美女だ。叶絵は予知夢をみる力があるらしく、陣川は叶絵の警護をすることに。享(成宮寛貴)は予知夢なんてと小馬鹿にした反応だったが、意外にも右京(水谷豊)は興味を示し、特命係も叶絵の警護に乗り出すことに…。
 さっそく研修会が行われる会場で叶絵と落ち合った3人。通用口で不自然な水たまりの上を歩こうとした叶絵を突然、享が押し出す。叶絵を押し出したことに驚いた陣川は、何をするんだとばかり享を突き飛ばしてしまい…享は階段から落ちて足を負傷。重症である。実はその水たまりには致死するほどの電流が流れていたのを咄嗟に享が察知して叶絵を押し出してしまったのだった。実際水たまりに落ちた携帯は高電圧の火花を散らしていた。やはり叶絵の予知夢は当たるのか…。
ゲスト:雛形あきこ

ネタバレあり

  • 陣川が特命係に来て、自分が見た悪夢を調べる為にネットの「夢診断」で知り合った大学の心理学部准教授・西牟田叶絵から「自分が死ぬ不吉な夢をみて不安になった」と相談を持ちかけられたという。叶絵は予知夢をみる力があるとのことで右京が興味を示し、特命係も叶絵の警護に。
  • 研修会の会場に警護に行って叶絵と落ち合い、歩いていると水たまりがあり、変電設備から漏電していることに気付いたカイトが叶絵を突き飛ばす。すると、陣川が怒ってカイトを突き飛ばして階段から転落して足を負傷、入院。
  • 右京と陣川が鑑識で事故について話を聞いていると、叶絵の写真を発見。前日起きた殺人事件の被害者(柄本麻耶、叶絵と同僚の准教授)が持っていたということで、そっちの事件にも興味を持つ。
  • 伊丹らが南雲(教授)に話を聞いているところに右京と陣川も合流して話を聞く。伊丹らが帰った後、叶絵も来て話をする。
  • 翌日、右京と陣川が警護のため叶絵に会いに行くと叶絵の母親が来ており、「こんな遺言みたいな手紙をよこして」と言っているのを耳にする。
  • 叶絵を警護して歩いていたらガス爆発発生(匂いに気付いて近づかなかったため被害なし)。右京は怪しい男を見掛けるが見失う。
  • 右京は叶絵の母親に「遺言みたいな手紙」を見せてもらって話を聞く(手紙は、自分が死んで保険金が下りたら麻耶を訴えようとしている人の訴訟費用に当てて、という内容)。
  • 右京は麻耶の部屋を調べ、叶絵の論文をチェックしたものや探偵の領収書を発見。
  • 探偵をカイトの病室に呼んで話を聞くと、麻耶はライバルの叶絵を教授選から辞退させるために何でもいいからスキャンダルをつかんでくれと探偵に依頼して調べていたとのこと。
  • 右京が叶絵に「麻耶から南雲との不倫をネタに脅されて教授選を辞退しろと言われてなかったか、教授になるのを諦めたが麻耶も道連れにするために自殺(自作自演の事故)で死んで保険金で麻耶への裁判を起こさせようとしたのではないか」と推理をぶつけると、陣川が「麻耶はすでに死んでいて叶絵が死ぬ必要はない、事故が自作自演なら自分で止められるはず」と反発。
  • 麻耶へ抗議していた人のリストを入手し、ガス爆発の現場にいた男(的場)を確認。また、右京が録音した叶絵の声と麻耶の事件の通報者が声紋鑑定で一致。
  • 叶絵が獄中でカウンセリングをしていたという柳との写真を角田が見て「こいつが高飛びした暴力団幹部」と告げる。右京は角田と一緒に銀英会(柳がいた暴力団)に行って話を聞く。
  • 叶絵が発表を行うシンポジウムの会場に行き、右京は「柳に事故に見せかけて自分を殺すことを頼み、麻耶が死んだためその必要はなくなったが柳が高飛びして連絡が取れなくなってしまったため計画も止められず、陣川に予知夢ということにして相談をしたのではないか」と詰め寄る。叶絵は否定して行こうとするが、そこをバイクでひかれそうになる(間一髪避けてナンバーを通報)。叶絵は観念して右京の推理を認めて真相告白。
  • カイトからバイクでひこうとした男(的場)を逮捕したと連絡。
  • 叶絵は「どうしても発表だけはしたい」と言うが、右京は止める。そして会場のキャットウォークで井波(叶絵の相談者)を確保。実は銀英会に行った際に「柳から威勢のいい若い奴を借りたいと言われたがそういう時はやばいことをやらせようとしているに違いないから断った」という話を聞き、最近相談に来るようになったという井波に目を付け、銀英会の傘下の組織に井波という人物がいないかカイトに探させて見つけており、柳が仕向けた男と判明していた。
  • 的場は麻耶を殺した男で、叶絵は気付いていなかったものの的場は現場で叶絵に顔を見られたと思って殺そうとしていたのだった。
  • 陣川はまたも失恋。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 1月3日に娘から「遺言のような手紙」を受け取ったのに、9日まで会いに行かないものなの?
  • 右京と陣川が鑑識に入ってきた時には鑑識のホワイトボードには「死亡推定時刻 1月6日午後9時から9時15分ころ」とあるが、別のシーンでは7日になってた。ちなみに、最初の「事故」の実況見分調書には「8日」とあり、そのすぐあとで米沢は殺人事件発生を「昨日」と言ってたので殺人事件は7日という設定だと思われるが……。
  • 角田「(柳が高飛びしたのは)1月6日の早朝」カイト「ってことは、柄本麻耶さんが殺された日ですよ」って、言い間違い? それとも、やっぱり6日だった? 結局事件はいつ起きたの?
  • 叶絵の説明では、柳に依頼した翌日に柄本死亡? ってことは、やっぱり角田とカイトの勘違い?
  • 柄本が殺されてから陣川に相談するという流れだけど、7日夜に殺されて8日午前8時半に陣川は特命に来てるから、陣川が相談されたのは8日朝ってことになるけど、叶絵の着ている服が最初の「事故」の時と回想シーンで違う。朝会ったとして、その後わざわざ着替えたの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
鈴木杏樹:月本幸子
真飛聖:笛吹悦子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
雛形あきこ:西牟田叶絵(新京大学臨床心理相談研究所准教授)
井上肇:南雲英嗣(新京大学臨床心理相談研究所所長、教授)
森谷ふみ:柄本麻耶(新京大学臨床心理相談研究所准教授)
浜近高徳:探偵
藤本浩二:的場太一
野口寛:銀英会
外川貴博:柳正吾
蓬莱照子:西牟田郁子(叶絵の母)
札内幸太:井波駿介(叶絵殺害未遂の実行犯)
石塚良博:右京を柄本准教授の部屋に案内した人?
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
原田龍二:陣川公平

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン12)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン12出演分です。 第1話「ビリーバー」 千葉誠樹・木村(三木を追っていた男)(相棒1 第1話)・刑事総務課(相棒4 第11話)・特殊捜査班(相棒6 第8話)・理事長の秘書(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました