相棒12 第8話 「最後の淑女」

放送日:2013年12月4日

相棒 season12
テレビ朝日「相棒 season12」番組サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 右京(水谷豊)は、峯秋(石坂浩二)から小百合(大谷英子)という若い女性を紹介される。母の遺品から20年前に自殺した文豪・夏河郷士(野崎海太郎)が書いたと思われるノートを発見したというのだ。その内容から20年前の夏河の死は自殺ではなく、小百合の父が殺したのではないかと疑問を抱きはじめたという。さっそく捜査にかかる右京。
 米沢(六角精児)の鑑定では、ノートは確かに夏河によって書かれたものだという。
 右京は享(成宮寛貴)を連れて夏河が住んでいた慈朝庵と呼ばれている大豪邸を訪ねる。夏河の死後、篤志家である江花須磨子(岩下志麻)という女性がその屋敷を買い取っていた。右京らは須磨子の協力を得て、夏河の死が本当に自殺だったのか、それとも他殺なのか、屋敷内を調べ始める…。
 ノートに残されていた「ホトトギスの罪」とは一体なんなのか!?

ゲスト:岩下志麻

ネタバレあり

  • 右京は峯秋から矢嶋小百合という若い女性を紹介される。母の遺品から20年前に自殺した文豪・夏河郷士が書いたと思われるノートを発見したというのだ。その内容から20年前の夏河の死は自殺ではなく、小百合の父が殺したのではないかと疑問を抱き始めたという。
  • 米沢の鑑定では、夏河の字が現存していないのでノートは夏河が書いたものか確認できないが、管理人への買い物のメモと同じ人物が書いたと思われるため夏河によって書かれたものではないかと言う。小説家の創作ノートなら何が書いてあっても不思議でないとカイトは言うが、夏河は「自分の体験したこと以外は書かない」という作風が知られており、ノートに書いてあるのは本当のことではないかと調べることに。
  • 右京はカイトを連れて夏河が住んでいた慈朝庵と呼ばれている大豪邸を訪ねる。夏河の死後、篤志家である江花須磨子という女性がその屋敷を買い取っていたが、右京らは須磨子の協力を得て夏河の死が本当に自殺だったのか、屋敷内を調べる。夏河の遺体は編集の担当者が発見したが、夏河の死と前後して管理人の矢嶋が失踪しており、他殺の根拠や死因、正確な死亡日時もわからなかったという。当時警察は自殺と判断したが、ノートには「私はあの男の罪を告発するつもりだ、そしてあの男は私の決意に気付いている、だとすれば私を殺しに来るに違いない、その思いが心に宿ってから私の肌は常にあの男の殺意を敏感に感じ取っている」と書いてあり、それが事実に基づいたものであれば他殺の状況証拠と考えられるが、編集者も締め出されたこの屋敷に自由に出入りできたのは矢嶋ぐらいしかいないと考えられるため、矢嶋が殺したのではないかと推理。また、「あの男」は「杜鵑(ホトトギス)の罪」を犯したと何度か出てくるという。
  • 矢嶋の前科を芹沢に調べてもらうと、管理人になる前に傷害致死の前科があるという。
  • 右京は夏河が首をつっていた部屋で「絵が大きすぎて違和感がある」と外し、そのフックを利用すると遺体を持ち上げられることを確認。もともと絵は別の場所にあったのを移動したと思われることから、「自殺ならばこんな手間をかける必要がある、夏河の首つりは偽装だった可能性が出てきた、推測だが夏河は矢嶋の前科を知りその苦悩や心情を小説にしようとしたが矢嶋がそれを拒絶したため彼の罪を明かすと脅して矢嶋が殺したかもしれない」と言うと、須磨子は「もう時効になっている、過去のことは小百合さんには関係ないはず」と言う。そこで右京は須磨子が小百合と知己があることに気付き、関係を聞くと「あの頃の小百合さんは天使だった、あの頃夫を亡くしたばかりで無垢な笑顔に癒やされた」と認め、過去のことを小百合には伝えないよう頼む。
  • 右京とカイトが小百合に話を聞くと、傷害致死の前科については小百合の母親はもちろん、夏河やサロンのメンバーにも包み隠さず話していたという。
  • 須磨子が事務で使っているという部屋に案内してもらい、「矢嶋が夏河を殺したという前提が崩れた、ノートには書き物をしていて2階から広間に下りるという記述があるが書斎は1階、『あの男なら毒を盛ることも私の体を突き落とすことも容易い』とあるが夏河は背が高く体格も立派だが矢嶋は体格で夏河に勝るとは考えにくい、そこから『夏河は私ではなくあの男』という仮説を思い付いた、そう考えると他の矛盾した記述にも納得できる、あなたは20年前ここを使っていたと言っていたがこれを書いた人もこの部屋で夏河の犯した罪を告発すべきかどうか葛藤していたのだろう、ノートの字とカレンダーに書かれた字が同じ」と右京は須磨子に認めるよう迫る。須磨子はテニスで夏河にけがをさせ、日常生活に不便していた夏河に代わり買い物のメモを須磨子がしていたのではと指摘。須磨子は「それを書いたのが私だとして何を告発しようとしていたのかわかるか」と聞くと、右京は「ホトトギスの習性で最もよく知られているのは托卵、鳥ならば習性で済むが人がこれを行えば非道であり紛れもない罪」と答える。須磨子は「あの男が犯したのは決して許されない罪、前科のある矢嶋を雇った見返りに奥さんに強引に関係を迫っていた、小百合の出生の秘密はあの男は自慢話でもするかのように自分から口にした、心の中に抱えておくことが耐えられなくてノートにその思いを書いた」と認める。右京は夏河と小百合の耳の形が似ていることから気付いたという。須磨子は「夏河を殺したのは私、夏河が『矢嶋の女房に最初に手を出したのはあんたの死んだ亭主、管理人の仕事を辞めさせられたくなければ言うことを聞けと言えばいいなりにできると教えてくれたのは江花幸彦、サロンの男どもは同じ穴の狢』と言って気が付いたら殺していた、自首しようとしたが矢嶋は小百合のことを知っていて『自首したら事実が小百合に知られてしまうがそれだけは避けたい』と矢嶋は偽装工作をして姿を消した、矢嶋からは一度だけ『自分を知る人のいない町で静かに暮らしている』と手紙が来た」と話す。そしてカイトに向かい、「あの頃の峯秋さんと同じ真っすぐな目、その目で見据えられたから本当のことを話さなければと思えたのかもしれない、このサロンは気取りすました俗物たちの集まりだったけどあなたのお父様だけは違った、私が唯一信頼できる殿方だった」と言う。また、小百合らへの援助は須磨子がしていたが、峯秋の名前を借りたという。亡くなった夫の遺産のほとんどを女性や子どものために使ったのも夫や腐ったサロンの男どもへの復讐だという。
  • 須磨子は伊丹と芹沢に連行される。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 犯歴をスマホに送っていいのか?
  • 遺体を引き上げることができたとして、どうやってそれを固定したのか?
  • 夏河はどうやって小百合が自分の子だと確信できたのか? わざわざDNA鑑定でもしたの?
  • そんなに耳の形が似てるか?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
野崎海太郎:夏河郷士(小説家)
高木稟:矢嶋房夫(慈朝庵管理人兼雑用係)
大谷英子:矢嶋小百合(千歳出版)
及川莉乃:矢嶋広江(房夫の妻)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
日下部千太郎:編集の担当者?
高嶋琴羽:矢嶋小百合(幼少時代)
岩下志麻:江花須磨子
石坂浩二:甲斐峯秋

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン12)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン12出演分です。 第1話「ビリーバー」 千葉誠樹・木村(三木を追っていた男)(相棒1 第1話)・刑事総務課(相棒4 第11話)・特殊捜査班(相棒6 第8話)・理事長の秘書(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました