相棒12 第19話 「プロテクト」

放送日:2014年3月19日

相棒 season12
テレビ朝日「相棒 season12」番組サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 闇社会の大物・御影康次郎(中村嘉葎雄)の死刑が確定した。有罪の決め手になったのは、彼の三男・智三(冨田佳輔)の証言だった。出所したばかりの長男・真一(阿部進之介)と弁護士の次男・悠二(篠田光亮)は、父親を裏切った弟・智三が許せないため探そうとするが、どうしても見つからない。
 どうやら、警察がアメリカの“証人保護プログラム”に似た個人情報の書き換えをおこなったからなのではないか。悠二はそれを主導したのが、今は亡き元官房長・小野田公顕(岸部一徳)ではないかと踏んでいた。
 ちょうどそのころ、亡き小野田官房長による一億円の使途不明金事件が明るみになった。まさに智三の行方がわからなくなった時期と同じころだ。事件が事実なら、小野田のことなので何か必要なことに使ったに違いないという右京(水谷豊)。
 真相を突き止めるため、康次郎は同じ拘置所内で拘留中の元衆議院議員・瀬戸内米蔵(津川雅彦)に接触する。瀬戸内が小野田と昵懇だったのは下調べ済みだ。
 看守らを巻き込み瀬戸内を巧みに強請る真一。瀬戸内は、右京に連絡を取り、智三の行方を探る事を依頼する。ただ、別人になっている智三をどうやって探せばいいのか。米沢(六角精児)らの協力を得て、右京と享(成宮寛貴)は雲をつかむような捜査に臨むのだが…。
 果たして右京と享は智三を見つけ出すことができるのか?!

ゲスト:中村嘉葎雄、津川雅彦、阿部進之介

ネタバレあり

  • 御影康次郎(既存のでかい組織に属することなく闇社会で成り上がり業界を席巻した、角田も銃器や麻薬の密売容疑で追ったがとにかく尻尾を出さず捕まえられなかったが10年前に三男・智三の証言もあり捕まる)の死刑が確定。
  • 長男・真一が出所。次男・悠二(弁護士)が迎えに行き、智三の行方をつかめていないと聞き激昂。悠二は「渡航記録はない、智三はまだ当局に保護されているかもしれない、通常はあり得ないが証人保護プログラム(お礼参りされないように証人に新しい名前や住む場所、生きていくのに必要な一切合切を当局が用意して別人として人生を送れるようにするプログラム)を適用されたのではないか、日本に証人保護プログラムはないが小野田公顕はあり得ないことをいくつも力業でやってのけた男で反社会的勢力掃討作戦の陣頭指揮を執っており智三は小野田に説得されて証拠となる資料を持ち出して法廷で証言したんだと思う、だがいくら説得されたからって少なくとも身の安全が確保されない限り証人になったりしない、通常の警察の警護で首を縦に振るわけがなく日本にはないから力業でやった、小野田に探りを入れようとしたが小野田の存在を知ってすぐに死んだため間に合わなかった、確証があるわけじゃないが智三が別人として暮らしていると思っている」と説明。
  • 警察庁で1億円の使途不明金が発覚。調べたところ小野田が関わっていた模様。
  • 康次郎は拘置所で瀬戸内に接触し「小野田は智三をどこかに隠した、瀬戸内はその辺の事情を知っているのではないか」と探りを入れる。面会に来た真一と悠二に「おまえの勘jは当たりかもしれないが瀬戸内はたとえ殺されようと口を割らない、だが自分の命のことは頓着しないが人の命はほっとけないから脅し方次第」と話す。
  • 真一は刑務官・久保寺の妻子を人質に取って瀬戸内に智三の居場所を話すよう脅すが、瀬戸内は「智三のことは何も知らないが久保寺の妻子を無事解放するのを条件に居場所探しに協力する」と提案。
  • 瀬戸内から依頼されて右京とカイトが動き出す。右京は「瀬戸内は10年前に小野田から『証人の身の安全を確実に確保したい』と相談されていた、日本で不自由なく暮らすためには戸籍は必要、別人になっていたとしても別人としての戸籍があるはず、合法的なやり方で戸籍を作るのは無理だが人間はミスを犯すものでそれが捏造や改ざんと同等のものになることはある」と糸口を示す。
  • 右京とカイトは峯秋に会い、「1億円の使途不明金に関しての情報を入手した、その情報を知らせる代わりに要望を聞いてほしい」として智三の件と人質籠城事件のことを話し、峯秋に「強権の発動」を求めると峯秋は承諾。瀬戸内の保釈(一時的なもの)が認められ、瀬戸内が久保寺の妻子の代わりに人質になって久保寺の妻子は解放される。
  • 峯秋は内村に突入の準備などを指示。
  • 伊丹と芹沢が現場を見に行くと、悠二が様子を見に来たため伊丹と芹沢は悠二を尾行。
  • 右京は「戸籍の捏造や改ざんはおいそれとはできないが入力ミスで同様の結果を招くことがある、年金の電算化の際に多くのミスが発生したように10年前に戸籍の電算化を進めていた自治体で智三の新しい戸籍を作ったのではないか」と考え、米沢らに探すよう指示していたが、角田から右京に「ヒットした、茨城県新浜町」と連絡(該当する自治体はいくつもあったが新浜町には小野田のいとこの雁屋がいたため)。新浜町に行って雁屋に話を聞くと、戸籍を作ったことは認めたものの名前は教えてもらえず。しかし人質を取られていることを話し、新しい名前(鈴木健太)、誕生日などを教えてもらう。
  • 該当する人物を探すと免許証のデータが見つかるが失効していることが判明。調べるとすでに死亡。墓のある寺の住職に智三の写真を見せると間違いないという。
  • 右京は「真一が求めているのは『納得する答え』、一生懸命探したけど見つからなかったでは当然納得しない、見つかったけどすでに死んでいたというのが事実であったとしても納得できないだろう、納得する答えは智三が見つかって元気で生きているしかない、本当のことを言ってもだまされたと思うならだますしかない」と考え、真一に「智三の居場所がわかったが顔を変えている」とカイトの写真を送り、「所在を教えるので自分で確認してはどうか」と言うと真一は外を見て包囲されていることを悟り、「(自分は行けないから)弟に確認に行かせるから住所を送れ」と要求。
  • 真一は悠二に確認させようとするが、伊丹と芹沢が悠二を「転び公妨」で現行犯逮捕。悠二が逮捕されたと聞き、真一は右京に「その男が智三と信じるから間違いないという証拠に智三を殺してこい、お父ちゃんを現場に連れていって智三の死体を見せてやってくれ」と要求、「お父ちゃんから見届けたと連絡があったら瀬戸内を解放して俺は出頭する、俺はもうお父ちゃんの言葉しか信じない」と告げる。
  • 右京とカイトは峯秋に要求に従うよう依頼。峯秋は康次郎を智三(鈴木健二)の墓へ案内。「真一には信じてもらえるとは思えず代役を立てて生きていると説明したがここに眠っている」と説明して死んだと納得させる。康次郎は真一が人質を取って立てこもっていることなども知らされ、真一に「しっかり見届けた、智三は死んだ、だからおまえも人質を解放してそこを出ろ」と連絡。しかし真一は「警察に説得されて電話してきたのか、あいつらが俺らの代わりに人殺しなんかできるわけないだろ」と康次郎の言葉も信じず、右京に「あんたが見つけた智三をここに連れてこい、俺が首実検してやる、もし連れてこなかったら瀬戸内を殺す」と告げる。
  • 右京はカイトを連れて真一のいる部屋へ。真一はカイトを智三と思って発砲。しかしカイトは防弾チョッキを着ていたため助かり、真一を取り押さえる。「智三はもうこの世にいない」と言われても、真一は「俺にはわかる、智三は生きてる、智三は俺が絶対ぶっ殺す」と語る。
  • 右京は「鈴木健太は万が一たどり着く者がいた場合の目くらましで同時に二つの戸籍を作って本当は別の名前で生きているのではないか」と聞くが雁屋や住職は認めず。(智三が妻子と過ごしている姿が映る)
  • 警察庁は「1億円の使途不明金は証人保護のために使われたのが濃厚」と発表。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「2010年に警視庁で起こった立てこもり事件で小野田は死んだ」って違うでしょ。立てこもり事件の後にいろいろあって、生活安全部長に殺されたんでしょ? そもそも小野田は立てこもり事件で人質になってないし。
  • 新聞では小野田の死亡年が2011年になってる。
  • 久保寺の表札に貼ってあるシール、「KNH」。芸が細かいけど、もっと細かく力を入れるべき部分があると思う。
  • 真一、10年ぶりに出所した割にはスマホの扱いに慣れてる。
  • 御影悠二の家族の中で、一番下の誕生日が「3日」になっているが、智三は7月1日生まれ。
  • 「となると、残るこの方が御影智三さんということですね」って、名前が書いてあるんだから、言うまでもないんじゃない? それで米沢の「人質って?」をごまかしたつもりなの?
  • 特命の部屋の時計が動いていない。
  • 本籍地が変わっていないなら戸籍は新浜町にあるわけで、死んでいるならすぐにわかったのでは? 死んでるかどうかもだけど、住民票の住所もわかるでしょ? どうして免許証のデータから探そうとするの? 令状がないと教えられない、とでも言われたの?
  • 墓を見に行った時は「死んでいると役所で知らされた」って言ってるけど、墓の所在地は誰に聞いたの? 役所に埋葬場所の記録って残るの?
  • 御影智三の整形後の写真としてカイトの画像を送った時、誰の携帯あてにメールを送ったの? 電話は久保寺妻の携帯っぽいけど、メールは真一の携帯? 右京はどうやってアドレスを知ったの? あとで真一の携帯に電話してるけど、番号はどうやって知ったの?
  • カイトは峯秋に対して「瀬戸内をイリーガルに保釈した」って言ってるけど、これは右京としてはOKなの? 康次郎を茨城まで連れ出すことは?
  • 本当に智三を連れて来たとして、防弾チョッキを着ていることぐらい想像できなかったの? 確実に殺すなら頭でしょ……。
  • 瀬戸内が「こういうからくりだったんですか」って、右京やカイトに対してのセリフとしておかしくない? 「こういうからくりだったのか」の方がしっくりくるけど。
  • 峯秋がカイトと話をする時に「俺」と言うのはわかる気がするけど、右京と話をする時にも「俺」と言った。これまで「私」って言ってなかったっけ?
  • 右京は小野田のしたことを「掟破りの手法」「ルールを完全に無視している」「仮にも権力者たる者が私情によって法律を蔑ろにするということに僕はいかなる事態であっても賛同することはできません。たとえそれが、どんなに美しく気高い私情だったとしてもです。」って言うけど、自分はどうなの? いつもルール無視、住居侵入はお手の物。今回だって、瀬戸内や康次郎を拘置所外に出したのは「法律を蔑ろ」にした行為じゃないの? 実際には峯秋がやった(やらせた)ことかもしれないけど、唆したのは右京。「右京は権力者じゃないから関係ない」みたいな擁護をする人もいるようだけど、警察官だって広義には権力者だと思うし、「権力者じゃない警察官は美しくて気高い私情があれば法律を蔑ろにすることに賛同できる」ってことなら、相棒9 第6話 「暴発」相棒10 第19話 「罪と罰」で真実を明らかにしようとしたのとは正反対の姿勢。この矛盾は1ミリも擁護の余地がないように思うんだけど。
  • 強気な米沢がかっこよかった。
  • 瀬戸内は智三の墓へ行く前に小野田の墓に行くのが先じゃないのか?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
鈴木杏樹:月本幸子
真飛聖:笛吹悦子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
中村嘉葎雄:御影康次郎
阿部進之介:御影真一
篠田光亮:御影悠二
冨田佳輔:御影智三
井上高志:雁屋耕大新(浜町役場、小野田のいとこ)
二瓶鮫一:鈴木健太の墓がある寺の住職
福井博章:久保寺昌樹(東京拘置所刑務官)
川田希:久保寺ゆきこ(晶樹の妻)
蒲生純一:東京拘置所刑務官
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
中山研:特殊班隊長
宮林大輔:
北見誠:御影真一の一審の検事?
中村瑞希
下村彰宏
青木鉄仁
小森郁子:アナウンサー
服部整治
山本直輝:警察庁職員(使途不明金は小野田が関わっていたと報告)?
松井工:記者
田村公典:
林田一高:記者
高松潤:記者
伊藤未希:智三の妻
安生悠璃菜:久保寺みな(晶樹の娘)
木川悠人:
津川雅彦:瀬戸内米蔵
石坂浩二:甲斐峯秋

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン12)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン12出演分です。 第1話「ビリーバー」 千葉誠樹・木村(三木を追っていた男)(相棒1 第1話)・刑事総務課(相棒4 第11話)・特殊捜査班(相棒6 第8話)・理事長の秘書(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました