国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で確定申告しました

スポンサーリンク

僕は青色申告をしているのですが、「令和2年分の所得税確定申告から65万円の青色申告特別控除の適用要件が変わる」ということで、試しにe-Tax(電子申告)で申告してみました。
ちなみに、その案内はこちら(PDF)
これは簡単に言うと、「e-Taxを利用して申告書及び青色申告決算書を提出すると控除が10万円増える」というものです。

スポンサーリンク

e-Taxを利用するための事前準備

以前は「マイナンバーカードとICカードリーダライタ」が必要だったんですが、「e-Tax用のID・パスワード」を発行すればできるようになっています(ただし、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応とのこと)。

【確定申告書等作成コーナー】-ご利用ガイド
  • 税務署で行う方法
    職員による本人確認を行った上で発行しますので、顔写真付きの本人確認ができる書類(運転免許証など)をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。
    なお、平成30年1月以降、確定申告会場などでID・パスワード方式の届出完了通知を受け取られた方は、既にID・パスワード方式のご利用が可能です。
  • ご自宅から行う方法
    作成コーナートップ画面の「ID・パスワード方式の届出」から届出を行うことができます。
    届出を行う場合のみ、マイナンバーカードとICカードリーダライタが必要となります。
    届出を行うと、作成コーナーからe-Taxを利用する際、マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要になります。

※マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。

上記の通り、税務署か自宅で発行できますが、自宅から発行するには届出を行う際にマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要になるのでご注意ください。

スポンサーリンク

入力

書類の準備

まず、入力に必要な書類を準備します。
人によって違うと思いますが、源泉徴収票、支払調書、社会保険料控除証明書、医療費の領収書など、入力に必要な書類をそろえます。

作成コーナーへアクセス

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

確定申告書等作成コーナーにアクセスします。
手順は下記ページにある通り進めていけばできると思いますが、(令和2年分以降で)青色申告特別控除が目当ての場合は「e-Taxで提出」を必ず選んでください。

【確定申告書等作成コーナー】-ご利用ガイド

データの入力

やってみるとわかると思いますが、入力しなければならないのに直接入力できない場所があります。
例えば、青色申告の1ページ目の「売上金額」は入力できませんが、2ページ目の月別売上を入力すると自動で計算されます。
このように、「入力すべき場所」というのがわかれば問題なく進められるのではないかと思います。
必要なデータが全て入ったら収めるべき税額(もしくは還付額)も自動で計算されます。

スポンサーリンク

提出

データの送信

申告書等はデータで送信できます。
予想以上にあっさり終わって、「これで本当に大丈夫なのかな?」と逆に不安になるぐらいです(僕は還付になるため、もう提出しました)。
その際、申告書や決算書はPDFで保存できるので忘れないようにしましょう。

書類の別途提出

これまで、確定申告する際はいろいろ貼り付けて提出しており、e-Taxでも「別途提出」が必要なケースもあります。
保存したファイルを開くと「申告書等送信票(兼送付書)」というのがありますので、そこで「別途提出」欄に○が付いているものがないか探します。
僕は社会保険料控除証明書や生命保険料の支払額などの証明書など、「電子送信」となっているものは以外全て「提出省略」に○が付いているので、提出の必要はないようです。

e-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合の「生命保険料控除の証明書」などの第三者作成書類の添付省略の制度について教えてください。| 【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。

 平成20年1月4日以後に、平成19年分以後の所得税の確定申告書の提出をe-Taxを利用して行う場合、次に掲げる第三者作成書類については、その記載内容を入力して送信することにより、これらの書類の税務署への提出又は提示を省略することができます。
 なお、入力内容を確認するため、必要があるときは、原則として法定申告期限から5年間、税務署等からこれらの書類の提示又は提出を求められることがあります。この求めに応じなかった場合は、これらの書類については、確定申告書に添付又は提示がなかったものとして取り扱われます。

というわけで、5年間は書類を残しておかなければいけませんが、わざわざ税務署に出向いたり書類を送付したりする必要がなくてありがたいですね。

スポンサーリンク

裏話

ここだけの話ですが、よく調べずに「よし、e-Taxとやらをやってみるか」と思い、検索して出てきた「e-Taxソフト」というのをインストールしていろいろ入力してみたもののよくわからず、「税額も計算してくれるって聞いてたのに話と違うじゃん!」と悪戦苦闘していました。
「e-Taxソフト」ではなく「確定申告書等作成コーナー」でやると簡単に提出までできるので、「マイナンバーカードとICカードリーダライタ」もしくは「e-Tax用のID・パスワード」が必要にはなりますが、青色申告じゃない人でもやって損はないと思います。
特に、寒い時期、あるいは花粉の飛び散る中、税務署の長蛇の列に並ぶというのも大変ですから。

スポンサーリンク

申告書提出から還付(振り込み)までの期間

「e-Taxだと還付まで早い」と書いてあるのも見掛けるので、過去数年と比較。e-Taxで申告したのは2020年のみ。

申告書提出日 入金日
2020 1/26 2/10
2019 2/12 3/28
2018 2/13 4/19
2017 2/13 2/23

紙で申告して10日で入金ということもありましたが、基本的にはe-Taxの方が早い、ということになるんですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました