相棒4 第11話 「汚れある悪戯」

放送日:2006年1月1日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 ある銀行の昼休み。総務部の城崎愛梨(葉月里緒奈)が、眼鏡を掛け換え出かけて行く。その姿を追う何者かの視線。程なく総務部長・平林(斎藤洋介)あてに、愛梨を誘拐したとの電話がかかってくる。犯人は“須佐之男(スサノオ)”と名乗り、身代金5億円を要求。人を食った態度で警察への通報を容認した後、電話は一方的に切られる。
 警視庁は“特殊班”の出動を要請。銀行と所轄署に指揮本部を設置し、犯人からの連絡を待つ。2度目の電話を逆探知した結果、犯人は愛梨の携帯電話を使用していると判明。居場所を絞れても、特定は難しい。警視庁は全署員を無期限待機とし、総動員で事件に当たる。ただし、特命係は対象外。亀山薫(寺脇康文)がふてくされて帰ろうとすると、犯人から3度目の連絡が入る。特命係には、犯人とのやり取りを傍受できる無線機が置かれているのだ。犯人は愛梨を電話口に出す。「助けてください!」。聞こえてくる愛梨の叫び声。人質の無事を伝えた犯人は、身代金を1億円ずつ、帯封を切って袋に詰めることと、ヘリコプターを準備することを要求。そして、警察に体制を整わせるため、明朝まで待つという。普通は一刻も早くと焦るのが誘拐犯の心理。にもかかわらず“須佐之男”は、のんびり夜が明けるのを待ち、明るくなってからの接触を設定してきた。「僕ならば、断然夜がいいですね」という杉下右京(水谷豊)は、犯人が身代金を受け取る気がないのではと推測する。

 その夜、薫は、インターネットの掲示板に“須佐之男”というハンドルネームを発見する。スレッド名は『誘拐事件発生だよ!』。書き込み今日だ。明日の午前10時に身代金をばらまくとし、場所も指定している。指揮本部に連絡する薫。しかし、特命係からの電話に耳を貸すものはなく…。
 翌朝。スタンバイしたヘリコプターは犯人の指示に従い離陸。からかうようにあちこち飛行させた後、犯人は掲示板に記した公園へとヘリを向かわせる。
 若者でにぎわう公園広場。その上空にさしかかるヘリ。先回りした右京と薫が見上げる中、身代金として用意された5億円がばらまかれる。金に殺到する人。その中で薫は、目隠しと猿ぐつわをされ、座り込む愛梨を発見する。

 愛梨は、会社を出た後、一人で歩いているところを後ろから襲われた。その後、目隠しとヘッドホン、後ろ手に手錠を掛けられた状態で監禁されていたため、犯人の顔は見ていないという。しかし、愛梨の手首には何の跡も残っていない。監禁された部屋には暖房が入っていたというし、愛梨の眼鏡がきちんとポケットに入れられていたことなどから、右京は愛梨の証言が事実ではないことを嗅ぎ取るのだった。
 その晩、帰宅した愛梨は変声機で声を変えた男からの電話を受ける。「第一幕は大成功だったな。今度は人質の写真を撮ってネットにアップするぞ」…。
 同じ夜、畑山財閥の御曹司・哲弥(甲本雅裕)が“須佐之男”に誘拐される。身代金は5億。通報を受けた警視庁は、畑山邸に指揮本部を設置。しかしその甲斐なく、哲也は変わり果てた姿で発見される…。

ネタバレあり

  • 青葉銀行の銀行員の城崎愛梨が誘拐され、スサノオと名乗る男から5億円を要求する電話が入り、警察に通報する一方で身代金を用意する。
  • 警視庁では「特別警戒態勢」が敷かれるが特命係の2人は除外される。
  • スサノオから連絡が入り、「翌朝ヘリコプターを用意しておけ、指示も飛行中に出す」と言われる。
  • 亀山は「須佐之男」という名前で誘拐事件について書き込まれている(自分が犯人、うそだと思うなら翌朝船橋海浜公園野球場に集まれ、身代金が木の葉のごとく舞い落ちるだろう)のを見つけ、右京に報告。内村にも報告しようとするが「忙しい」と受け付けてもらえず。
  • 身代金をヘリコプターに乗せて飛ぶ。晴海埠頭へ行くよう言われるが、その後船橋海浜公園へ変更。
  • 右京と亀山が船橋海浜公園に行くと人の山で、城崎を探すが見つからず、犯人からの指示でヘリコプターから金がまかれる。金を取ろうとする人で混乱する中、目隠しなどをされた城崎を発見、保護。
  • 右京は城崎から話を聞き、城崎が24時間近く拘束されていたのに手錠の痕もないこと(城崎は「タオルか何かの上に手錠をされていた」と説明)、布の上から拘束されたのに手錠と断言したこと、普段使っているのではなく予備の眼鏡を掛けていたこと、帰宅後にシャワーを浴びなかったことなどから狂言誘拐を疑う。
  • スサノオから城崎に電話が入り、スサノオは「第一幕は大成功」と言うが、城崎は「変な刑事に疑われている」と言って止める。しかしスサノオは「今度は人質の写真を撮ってネットにアップする」と笑う。
  • スサノオは畑山家(財閥)に「息子(哲弥)を誘拐した、5億用意しろ」と電話。
  • 「午前11時に身代金を受け取りに行くからそれまでに用意しておけ」と言われて用意するが、現れたのは宅配便。金を入れた段ボール箱を預けるが、届け先に着くとそこには哲弥の遺体。
  • 右京は、スサノオが被害者の携帯電話を使って脅迫の電話をかけていたのに哲弥が自分の携帯電話を所持していたことから、哲弥がスサノオだと推理。城崎に「あなたと哲弥による狂言誘拐、身代金を要求する電話は哲弥の担当でネットに書き込んだのはあなたが担当ではないか」と指摘。城崎は「想像ではないか」と答えるが、誘拐された夜にネットカフェにいたことが確認され、同行に応じる。
  • 哲弥の首には絞めた痕があったが死因は心不全と判明。
  • 城崎は誘拐が狂言だったことを認める。
  • 小野田と話をしていて、小野田が「(畑山哲弥が)私の息子だったら締め殺しているところ」と言ったことから、右京は「いたずらに付き合ってきた城崎もさすがに狂言誘拐となると躊躇したが断りきれない、その時に親に言いつけたのではないか」と思いつく。
  • 畑山純一郎(哲弥の父)に「城崎から連絡があったのではないか、脅迫の電話があったのは昨夜なのに警察に通報したのが今朝だったがそれまで何をしていたのか」と聞くと、純一郎は「城崎から電話があって事情を聞いた、居場所を聞いて駆け付けたら死んでいたが首を絞めた、警察には届けず誘拐事件として続けることにした、息子はスサノオに殺されたことにしようと思っていた、本当は生きているうちにこうしたいと思いながら首を絞めた」と犯行を認める。また、「胸ぐらをつかんだ時に服が濡れていなかったか」と聞くと、畑山は「ぐっしょり濡れていた」と答える。
  • 城崎に「彼のいたずらに振り回されたあなたが彼にちょっとした仕返しをした、過去に暗示で人を殺せるかという実験(目隠しをされた被験者に『人間は血液を3分の1失うと死ぬ』という話を聞かせ、足の親指に激痛を与えてメスを入れたと思わせ、足から滴り落ちる水滴の音で血が出続けていると思わせて『3分の1失われた』と言ったら被験者が死んだ)が行われたそうだが今回それをしたのではないか、首に引っかいたような傷が残っており服が濡れていたのは流れ出た血という暗示だったのではないか」と聞くと、城崎はその場面を思い出しながら、「これで死んでくれたらいいのにと殺意はあった、本当に死ぬとは思わなかったけど死んでくれて今はホッとしている」と認める。
  • 美和子が転勤でエジプトへ行くことになり、亀山は「プロポーズのつもり」で自分の名前を書いた婚姻届を渡す。
  • 城崎は「暗示で殺した」と上申書を書くが、検事に一蹴される。

感想/気になる点など

  • 「人質が自分の携帯を持っているはずがない」と言ってるけど、それは計画が順調に進んでいる時で、トラブル(人質の死)によって計画に狂いが生じて、人質の元に携帯を残して逃げたという可能性は十分にあるでしょ? 「人質の携帯を持っている人間が誘拐犯」ということになるんだから。
  • 米沢、警察無線の傍受。

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
岸部一徳:小野田公顕
葉月里緒奈:城崎愛梨(青葉銀行総務部職員)
甲本雅裕:畑山哲弥(畑山財閥御曹司、須佐之男)
永澤俊矢:森村十三(警視庁捜査一課特殊班捜査係係長)
山本道子:滝沢(畑山家の家政婦)
樋渡真司:千代田中央署刑事
松山鷹志:村松繁雄(東京地検検事)
宮下今日子:青葉銀行総務部職員
大隈いちろう:青葉銀行総務部職員
少路勇介:ロード急便(5億円を畑山家から運ぶ)
鈴木修平:
中脇樹人:特殊班捜査員
三上哲:
所博昭:特殊班捜査員
をはり万造:
飯尾英樹
石原誠
羽根田陽一
千葉誠樹:刑事総務課対策本部内村から「特別警戒態勢実施」を伝えられる
斎藤洋介:平林(青葉銀行総務部部長)
姿晴香:畑山富貴子
志水正義:大木長十郎警視庁組織犯罪対策五課
佐々木省三
伹川衛治:
久保田龍吉:小松真琴警視庁組織犯罪対策五課
浜幸一郎:畑山家に5億円を持ってきた銀行員
大木章
渡辺火山:
石塚良博
湯田宗登
田中功:
小磯龍哉
朝倉亜実:青葉銀行電話交換手
鈴木信明
サイ・ホージン:昔のオランダの実験の人?
道添愛美:
菊池隆志
佐々木優
桂由利香
竜雷太:畑山純一郎(畑山財閥)

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

ロケ地

船橋三番瀬海浜公園:船橋海浜公園
新宿農協会館:代々木第一ビル
第一ホテル東京シーフォート:畑山哲弥と城崎愛梨が食事をしたホテル
全国町村会館:青葉銀行本店(外観)
エクセル航空(株)(浦安ヘリポート):森村を乗せたヘリコプターが出発したヘリポート
マンガ喫茶 第6惑星:城崎が書き込みをした店
川崎マリエン(廊下、業務棟 入り口、研修室、業務棟 外観)[HP]:警視庁 廊下、千代田中央署、千代田中央署 指揮本部、岡本署(外観)
東映東京撮影所(Gスタジオ 会議室、本館 3階 No.6ステージ側の奥の部屋):千代田中央署(?) 記者会見を行った部屋、畑山哲弥が死んだ部屋
ホテル カデンツァ光が丘(オフィス棟、地下駐車場)[HP]:青葉銀行 前線本部、警視庁 地下駐車場
青山通りと外苑西通りの交差する場所:角田が城崎を探していた場所
南通り:犯人が西新宿にいると聞いてトカゲ(捜査員)がバイクを出した道
靖国通り(新宿大ガード東付近):伊丹と芹沢が車で探した場所
十二社通り:捜査本部を出た後に右京と亀山が車で通った道
中央通り:城崎のマンションを出た後に右京と亀山が歩いた道
議事堂通り:トカゲがロード急便の車を追った道
北通り(新宿):トカゲがロード急便の車を追った道、畑山哲弥の部屋を出た後に右京と亀山が車で通った道
東京都道414号四谷角筈線:トカゲがロード急便の車を抜いた道
葵通り:代々木第一ビル前の道
首都高速湾岸線(空港南トンネル):亀山が美和子を乗せて走った道
湾岸道路(左側に川崎マリエンが見える辺り):亀山が美和子を乗せて走った道

コメント

タイトルとURLをコピーしました