相棒4 第19話 「ついてない女」

放送日:2006年3月1日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 「さようなら、ついてない私…」。白いコートを着て銃を構える月本幸子(鈴木杏樹)。しかし、銃口は幸子自身にではなく、暴力団の大物、向島茂(正城慎太郎)に向けられていた。夫の死後、借金と病気に苦しんだ幸子は、茂の愛人となることで生きながらえてきた。だが実は、茂こそが夫を殺害した張本人。それを知った幸子は、茂の殺害計画を周到に準備。実行後は、手配済みの偽造パスポートを国外で入手し、別人となって新しい人生を始めるつもりだ。“幸子”とは名ばかりで、幸せとは縁遠かった女を自らの手で葬るため、幸子は引き金に力を込める…。

 空港へ向かう幸子。しかし、運転する外車が途中で故障。途方に暮れていると、通りすがった1台の車から降りてきた男性2人組が、空港まで送ってくれるという。「私、ついていますね」。しかしその車、実は警察車両。男性2人組は特命係の杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)だったのだ。いざとなったら、サイレン回してでも飛行機に間に合わせるという薫の言葉に、幸子は動揺する。その様子を見ていた右京は、「ユニークなコーディネイトですね」と、幸子の服装について何気なく質問をする。幸子は、前出の白いコートではなく、スポーツチームのベンチコートをおしゃれなブランド服の上から羽織っていた。一刻も早く2人から離れたい幸子は、「気に入っているし、暖かいから」と適当に答え、空港には新宿からリムジンバスで向かうと言って、車を降りていった。
 その足で新しいコートを買いに行く幸子。ベンチコートはバスターミナルに置き捨て、これで本当にさようならだ。が、閉まりかけたリムジンバスに、「忘れ物」だとベンチコートを持って右京が乗り込んでくる。驚く幸子。右京はすでに、幸子から犯罪のにおいを嗅ぎ取っていたのだ。そんな2人を乗せて、バスは空港へ向けて走り出す。

 そのころ薫は、幸子がどんな犯罪に絡んでいるのかを必死に調べていた。故障した外車のナンバーから幸子の身元を照合した薫は、幸子が家財道具もそのままにマンションの契約を解除していたことや、夫が暴力団絡みで捜査対象にあげられていたこと、そして不可解な自殺を遂げていたことを突き止める。また、ベンチコートのデザインからあるサッカーチームにたどり着いた薫は、いつもは反目し合っている捜査一課の力を借り、膨大なチーム登録者の中から、ついに向島の名前を見つけ出す。しかし、暴力団の大物の隠れ家など、簡単に分かるはずが無い。幸子のフライトの時間は、刻一刻と迫ってくる。幸子の逃亡が先か、それとも向島の発見が先か。最後に“ついている”のはどっちだ!?

ネタバレあり

  • 月本幸子が男を拳銃で撃つ(至近距離から撃ったため大量に返り血を浴びる)。
  • 幸子は高飛び(香港で偽造パスポートを受け取って別人としてフランスで暮らす)するため成田空港へ向かうが、車が途中で故障して立ち往生。そこに亀山と右京が現れて車に乗せるが、警察官と知って幸子は新宿で降ろしてもらう。
  • ベンチコートを着ていた幸子は、もともと気になっていたのか右京に言われたからか、コートを購入。ベンチコートはバス乗り場前のベンチに置いて成田空港行きのリムジンバスに乗るが、右京が「気に入っていると言ったので」とベンチコートを持ってバスに乗り込む。するとバスが動き出し、右京も成田まで行くことに。右京が名前を聞くと、幸子は「田中ようこ」と名乗る。
  • 亀山は幸子の乗っていた車を駐車違反車両として照会。所有者は月本幸子と判明。亀山から連絡をもらった右京が幸子に聞くと、「友人から譲り受けたが名義変更をしていなかったみたい」と答える。
  • 亀山が幸子の部屋へ行くと、管理人は「今日突然退出した」という。
  • 右京が「月本さん」と呼び掛けて幸子は答えてしまい、幸子は「うっとおしい、付きまとうのはやめて、私が何かしたか」と反発。すると右京は「正直に言うとある男性が心配、ベンチコートは着たくて着ていたのではなく出掛ける直前に何らかの理由で着られなくなった、最も可能性が高いのは何かの液体で汚したケースだがズボンの裾が少し赤く染まっていて血液に見える、自宅ならコートを汚しても別のコートに着替えればいいがベンチコートを着たのは男女兼用で着られるのがそれしかなかったから、つまりコートを汚したのは男性の家、仮に血液だとするとコートも血液で汚したがあなたはけがした様子はないのでその男性が心配」と説明。
  • ベンチコートの「レアルスギナミ」は草サッカーチームと判明。メンバーのリストを入手するが人数が多いため捜査一課に応援を頼もうとするが電話に出たのは伊丹で、「伊丹さん、お願いします」と言うよう強要されたため亀山は頼むのを諦めて一人で安否の確認を始める。
  • 米沢が何か知っているだろうと伊丹らが米沢に話を聞くと、芹沢は「月本」という名前を聞いて城代金融とつながっていた代書屋で1年前に捜査二課にマークされていたが死んだ司法書士(自殺かどうか疑わしかったが他殺の証拠も見つからなかった)のことを思い出す。
  • 角田が持っている城代金融の構成員リストと付き合わせ、向島茂(城代金融の大物)が一致。メンバー一覧に書いてある住所はダミーのものということで、亀山は右京に助言を求める。
  • 亀山は城代金融に乗り込み「向島の居場所を教えろ、今ごろ月本幸子に殺されているかもしれない」と言うが教えてもらえず退散。すぐに城代金融は向島に電話をするも出ないため構成員が向島の自宅に向かうと亀山は尾行。自宅に着くと反応がないため亀山は勝手に入り向島を探すが見つからず。
  • 幸子と右京は成田空港に到着。亀山が右京に電話をして指示を受けながら探すとキッチンの床下に撃たれた向島や拳銃、返り血を浴びたコートを発見。右京は幸子を逮捕。
  • 「幸子が香港で会う予定だった偽造屋は今朝逮捕されておりどっちみち捕まっていたが日本で捕まって幸いだった、向島は死んでおらず殺人未遂で済んでついている」と言われ、幸子は笑顔になる。

感想/気になる点など

  • 幸子を追いかけて右京もバスに乗るけど、右京は結局金払ってないよね?

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
鈴木杏樹:月本幸子
正城慎太郎:向島茂(城代金融の大物)
黒田眞澄:岡部(城代金融社長?)
児玉貴志:田村(城代金融)
田﨑敏路:城代金融の事務所で窓口にいた男?
田中護:仁藤康(自転車屋、レアルスギナミの代表)
湯沢勉:幸子の部屋の管理人
本田誠人:中原秀雄(レアルスギナミメンバー)

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

ロケ地

成田国際空港(株)[HP]:成田空港
CYCLE SPOT(大泉学園店):レアルスギナミの代表が働く店
都道14号線(上り方面 高井戸東二丁目の歩道橋付近):幸子の車にトラブルが発生した場所、幸子を乗せて通った道(幸子が「警察の方ですか」と言ったあたり)
都道14号線(下り方面 下高井戸五丁目の歩道橋付近):幸子の車が止まった場所
甲州街道(下り方面 高井戸3小前の歩道橋付近):幸子を乗せて通った道(亀山が「サイレン回してごぼう抜き」と言ったあたり)
下高井戸陸橋(甲州街道から都道14号線への道):幸子を乗せて通った道(幸子が新宿で降ろしてと言ったあたり)
新宿駅(西口):幸子を降ろした場所
都庁通り:リムジンバスに乗った場所
首都高速 新宿料金所:バスが首都高に乗った料金所
首都高速4号新宿線(永福料金所付近):バスが高速の本線に入った場所
首都高速都心環状線(芝公園料金所付近):バスが通った道(東京タワーが見える)
首都高速11号台場線(レインボーブリッジ):バスが通った道
首都高速4号線(千代田トンネル):渋滞し始めたあたり
東関東自動車道(宮野木ジャンクション付近):右京が「ある男性が心配」と説明したあたり
東関東自動車道(上り方面 新空港道への分岐の700m東京寄り):右京が「正直に話されてはいかがですか」と言った直後のバスの場所
東関東自動車道(下り方面 新空港道への分岐の3km東京寄り、新空港道への分岐の2km東京寄り):バスが通った道
東関東自動車道(上り方面 湾岸習志野インターチェンジ付近):幸子がついてないエピソードを話したあたり

コメント

タイトルとURLをコピーしました