相棒4 第10話 「殺人生中継」

放送日:2005年12月14日

相棒 Season IV

 朝の天気予報。新人キャスターの八木沼リカ(宮地真緒)が、テレビ局のテラスから中継している。リカの大ファンという薬物対策課長の角田六郎(山西惇)は、画面に釘付けの状態。その時、テレビから女性の悲鳴が! 角田と一緒に画面に見入る杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)。リカは撮影クルーとともに、声が聞こえてきた方へと向かって走る。そして仮眠室に入った一同は、リカの先輩アナウンサー・綾瀬圭子(東風平千香)の刺殺体を発見するのだった。
 生放送で殺害現場が中継されるという前代未聞の事態に、世間は騒然。警察は、全国の注視にさらされながら、慎重かつ迅速な捜査を求められることになる。

 テレビ局は事件発生直後に封鎖。現場に到着した右京と薫は、アナウンス部長の仁科真由美(竹井みどり)から、圭子はある時期、熱烈なファンによるストーカー行為に悩まされていたと聞かされる。毎日のように届く手紙は、内容が次第にエスカレート。自宅ポストに「殺してやる」との脅迫文を送られるに至り、局は送迎を手配した。そのせいか、ストーカーの正体は分からずじまいだが、最近は被害が収まっていたという。
 手柄目当ての捜査一課は、特命係をつまみ出しストーカー情報の収集を始める。一方、右京と薫はリカのもとへ。圭子はリカの教育係だった。特に、敬語の使い方を仕込まれたというリカは、圭子を尊敬し「大好きな先輩でした」と涙を流す。ストーカーについても「その話は伺っています。ご自宅にまで参ったことも…」と。「参ったではなく、行った」と、すかさず敬語の誤用を指摘する右京。圭子に注意された懐かしい記憶がよみがえったのか、リカの目から再び涙がこぼれ落ちる。お茶でも飲んで気分を落ち着けてもらおうと、自販機で飲み物を買う薫。と、その奥に怪しい男が…! 

 仮眠室の検証により、圭子は自分でドアの鍵を開けていたことが分かる。また、極度の近眼だった圭子が眼鏡を掛けずに応対していたことから、犯人はストーカーではなく、ごく親しい人間の可能性があると右京は推理する。さらに、通風用の窓が開いていることに何かを感じる右京…。
 身内犯行説はすぐに捜一に伝えられる。アナウンス部から一人ひとりのアリバイを聴取するトリオ・ザ・捜一。その結果連行されたのは、なんとアナウンス部長の真由美だった!

ネタバレあり

  • 角田が「リカちゃんの顔を見ないと一日が始まらない」とテレビをつけ、右京と亀山は一緒にお天気コーナーを見る。すると女性の悲鳴が聞こえ、アナウンサーの八木沼リカとスタッフが仮眠室の様子を見に行くとアナウンサー綾瀬圭子の遺体を発見。スタッフは近くを捜索するが犯人は見当たらず(その様子もそのまま放送される)。
  • 仁科(アナウンス部 部長)から「綾瀬にはストーカーがいた」という話を聞く。
  • 右京と亀山は八木沼を見掛け、話を聞いていると不審者を発見。捕まえたが事件と無関係と判明。
  • 仮眠室を見に行き、鍵は内側からしか開けられないことと眼鏡を置いたままだったことから右京は「犯人は綾瀬と顔見知り」と推理。
  • 捜査一課は仁科を任意同行(仁科の夫と綾瀬は一時期不倫をしており、本人たちは解決したと言うものの仁科は綾瀬を他の部署に異動させようとしていたことから疑い、アリバイがないことも確認したが本人は犯行を否定)。
  • 八木沼を送り、部屋に上がって話をする。
  • 右京は仮眠室の窓が開けっ放しになっていたことを思い出し、再度仮眠室へ。朝はこの冬一番の寒さだったのに窓を開けたまま寝ていたはずがなく、かといって犯人が入ってきた後に助けを呼ぶために本人が開けたとすると刺された場所や倒れ方が違うことから、「テラスにいるスタッフや全国の視聴者に聞こえるように窓を開けておいて録音した綾瀬の悲鳴を流した、それはその時間に犯人にはアリバイがあるため」と推理。
  • 八木沼の部屋へ行き、右京は「犯人はあなた」と面と向かって言う。「あなたは放送前に綾瀬を殺害するとあらかじめ用意しておいたCDをセットし外へ確実に聞こえるように窓を開けた、あとは放送で見た通りで取り乱したふりをして一人仮眠室に残ったあなたは難なくCDを回収した」と推理をぶつけるが八木沼は「私にも可能ということと私が犯人ということは別」と否定。右京は「これはCDを回収できるあなただけが可能」と食い下がるが八木沼は「悲鳴の入ったCDをどうやって手に入れるのか」と反論。右京は「CDは処分しただろうがオリジナルは残っているのではないか、放送されたものではなくプライベート映像の類」と言い、亀山は「疑いを晴らすために見せてもらえないか」と言うが八木沼は「令状がなければ1枚たりとも見せない」と断る。しかし右京は「1枚」という言葉からDVDではないかと指摘。八木沼は観念したのか「それで疑いが晴れるのならどうぞご自由に」と時計を見つつ笑う。外を見るとごみが回収されたところで慌てて右京と亀山は部屋を出て行く。そこで八木沼はDVDを焼こうとするが、右京と亀山は出て行っておらず八木沼の手からDVDを奪い、中を確認。綾瀬の悲鳴(事件と同じもの)が流れる。亀山はなぜ殺したのかと言うが、右京は「八木沼が綾瀬のストーカー、このDVDも貴重なコレクションの一つであり犯罪の証拠とわかっていながら処分できなかった、手に入らないのならいっそこの手でということ」と動機も指摘。八木沼は綾瀬に抱き付いたが拒絶されたことを思い出す。「自分の愛が受け入れられないのはおかしい、だから殺した、永遠に私のもの」と語るが、右京の「愛する者を手に入れるどころか永遠に失ったことにすでに気が付いている」の言葉に「そんなことあるわけない」と否定しつつ涙があふれる。
  • 八木沼が逮捕されたことで角田は魂が抜けた状態になる。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 特命係の部屋で生放送を見ている時は、死体発見時に左上の時刻表示が消えてたけど、米沢の「アナヲタ仲間」から手に入れた動画では時間表示がある。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
宮地真緒:八木沼リカ(セントラルテレビアナウンサー)
竹井みどり:仁科真由美(セントラルテレビアナウンス部部長)
東風平千香:綾瀬圭子(セントラルテレビアナウンサー)
亀井彰夫:堀田弘幸(ミキティのファン)
小杉幸彦:警備員(警備主任?)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
矢島俊作(矢嶋俊作):なる得ワイド キャスター(アナウンサー)
西ノ園達大:神埼(ディレクター)
栗山かほり
峰剛一:ニュースキャスター(八木沼リカ逮捕のニュースを読んでる人)
新虎幸明:カメラマン
長坂美香:なる得ワイド アシスタントMC?
比佐廉:レポーター
田村学
上久保英里:

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

ロケ地

ホテル カデンツァ光が丘(地下駐車場)[HP]:セントラルテレビ(地下駐車場)
テレコムセンタービル:セントラルテレビ
警視庁前の道:警視庁前の道
川崎マリエン[HP]:警視庁 刑事部長室
東映東京撮影所(Gスタジオ リハーサル室):掘田に話を聞いた部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました