相棒4 第3話 「黒衣の花嫁」

放送日:2005年10月26日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 教会。華やかなウェディングドレスを身にまとう津島瑞希(遠野凪子)。だが、対照的なほどにその表情は暗い。新郎・海老原元章(中原裕也)が現れないのだ。周囲にも不安な空気が漂い始めたころ、思いもよらない訃報が届く。2人が幸せをはぐくむはずだった新居で、海老原が他殺体で発見されたと…。
 家の中は荒らされ財布が見当たらないことから、海老原は前夜、帰宅したところを強盗に襲われたと推定された。その現場に、非番のはずの捜査一課・芹沢慶二(山中たかシ)が、顔色を変え飛び込んでくる。殺された海老原は、芹沢の大学時代のゼミ仲間だった。前夜は、ゼミの仲間が集まり、海老原の“独身さよならパーティー”を開いていたという。「あんなに幸せそうにしてたやつが…」と、絶句する芹沢。
 海老原は殺害される直前、新婦の瑞希にメールを打っていた。内容は『話はまた日を改めて。明日、式場で君のウエディングドレス姿を見るのを楽しみにしている』。いったい被害者は婚約者に何を話すつもりだったのか? 事件を知った杉下右京(水谷豊)の頭が、静かに回り始める…。

 芹沢は私情が入り込むのを懸念され、事件の捜査から外される。友人が殺されたのに何もできない…そんな悔しさに唇をかむ芹沢を、亀山薫(寺脇康文)が特命に誘う。一瞬ためらう芹沢。だが友の無念を晴らすため、芹沢は特命チームと行動を共にすることに。
 海老原の葬儀は、結婚式を挙げるはずだった同じ教会で行われた。運命の皮肉。純白のドレスを黒衣に着替えた瑞希は、感心するほど気丈に振る舞うが、そんな中、突然、海老原の元彼女・浅葉ハルミ(大塚由佑子)が棺にすがりつき騒ぎ始める。そして瑞希に近づくと、いきなり平手打ちを見舞い「あなたのせいよ!」と、食って掛かるのだった。
 ゼミの友人たちは口をそろえ、「海老原はハルミと結婚すると思っていた」という。学生時代から、ハルミは幾度となく海老原の苦しい時を支えてきていた。裏切られたハルミが海老原を…?

 右京は依然、海老原が瑞希に伝えようとしていたことが何なのか気になっていた。瑞希本人も、また友人たちにも思い当たることがないという。挙式直前に伝えたいこと。大事な話に違いない。それをメールでキャンセルした点も引っかかる。別人がメールを打った可能性はないか、右京は推理をめぐらす。そして、その人物特有の“書き癖”から捜査を進めると、ハルミとゼミ仲間の一人、田村厚(坂田聡)の2人に同じ癖があることが判明する。
 しかし、別行動で捜査を進めていた捜査一課は、瑞希に任意同行を求める。調べによれば、瑞希の父の死に、実は海老原が関わっていたというのだ!悲劇のヒロインから一転、容疑者となる瑞希。はたして真相は…。

ネタバレあり

  • 芹沢の友人(大学のゼミの同期)の海老原はその日結婚式を挙げる予定だったが姿を見せないので芹沢らが様子を見に行くと死んでいるのを発見。
  • 前日は芹沢ら友人とパーティーをしていたが帰宅後に襲われたものとみられ、死亡推定時刻は前日の10時半ごろと思われるが、10時42分に海老原から婚約者のみずきに送られたメールを見て疑問を抱く。
  • 右京と亀山は海老原の葬儀に参加。海老原のメールに「話はまた日を改めて」とあったことでみずきに話を聞くと、「パーティーの後に大事な話があるから遅くなっても私の部屋を訪ねると言っていた」という。
  • 浅葉ハルミ(海老原が大学時代から付き合っていた女、海老原がみずきと付き合うことになり別れた)が現れ、「あなたのせいで」とみずきの頬を張る。ハルミに話を聞くと、「大学時代からの付き合いで結婚の約束もしていた、なのにあの女に会って変わった、変に分別くさくなってまるで別人みたい」という。
  • 右京は「大切な人との大事な予定をキャンセルするのにメールで済ませるだろうか」と疑問を口にし、「メールは別人が打ったのだと思う、海老原の最後のメールでは『ウエディング』と『エ』が大文字となっていたが彼は普段『小文字のエ』を使っていた」と指摘。
  • みずきの父親は自殺しているが海老原の会社から取引を切られたことが原因だったことがわかり、伊丹らはみずきに動機ありと見て任意同行を求める。しかしみずきは「知っていたが彼は心から悔やんでいてそれだけで十分だった」と答える。右京は取り調べに割り込み、「これにウエディングと打ってみてください」と携帯電話に入力させると「ウェディング」と入力、「メールが犯人の偽装工作なら犯人はみずきではない」と判断。
  • 芹沢が持っていたお祝いの色紙に「祝 ウエディング」と書いてあり、誰が書いたか確認すると「おそらく幹事の信近だが、海老原が殺された時間に店でずっと一緒だったから無理」と芹沢は言う。
  • 信近に話を聞くと、「ウエディング」の字を書いたのは田村だが田村も一緒に店にいたという。また、海老原はみずきの父親のことで責任感もあって近づいたがみずきが許したことで夢中になったという。
  • ハルミが手掛けたケーキ屋のホームページを見ると「ウエディング」と書いていることを確認。ハルミと話をしていて、海老原が大学4年のゼミ合宿の後から人が変わったようにおかしくなって自殺未遂をしていたことを知る。芹沢は「ゼミ合宿では何もなかったと思うがあの時は熱を出して寝込んでいたから」とゼミ合宿で何があったか知らず。
  • 芹沢のゼミ仲間を集め、海老原が死んだ夜のことを確認すると「海老原は10時ごろに帰ったがそれ以外は全員午前2時ごろまでいた」とし、色紙に「ウエディング」と書いたのは田村だという。すると右京は「海老原を殺した犯人がわかった、あなた方全員が犯人、自宅にいた海老原は殺せないが海老原はこの近くにいたとしたら可能、海老原が帰る時に何らかの理由をつけて駐車場に連れて行って襲って気絶した海老原を隠した、そして海老原が自宅に着く時間を見計らい田村と信近が殺害し田村がみずきへのメールを打って送った、殺害後店で飲み続けて芹沢を証人にしてアリバイを作った、その後海老原の家へ運んで家を荒らしてそこが殺害現場と偽装した」と指摘。信近は「それは全て推測」と反論するが「最後のメールを出した時の携帯電話の基地局はこの店の近く」と亀山は言う。しかし信近は「俺たちには海老原を殺す動機がない」と返すが、亀山がある男性の写真を出し「あんたらは8年前の夏にこの人に何をした? 海老原がみずきにしようとしていた大事な話というのはこの人のことじゃないか、彼はあんたらに『式を挙げる前に全てを話したい』と相談したんじゃないか、それを聞いたあんたらは口封じのために殺害を計画した」と言うと田村が「俺は嫌だと言ったが信近が『計画は完璧で自分が手を下すから』と無理やり協力させられた」と認める。芹沢が「今なら自首扱いできる」と自白を促すと、「ゼミ合宿最後の夜に熱を出した芹沢を残してみんなで遊びに出たがそこで男とトラブルになり死なせてしまい川に流した、数日後川下で死体が上がりこのことは絶対に秘密にすると誓ったのに海老原がみずきに打ち明けようと思うと言い出して口を封じるしかないと思った」と動機を説明。次々に罪を認めるが、亀山は「あんたらに見てほしい人がいる」と別の場所へ移動。そこには8年前に殺したと思っていた男性・小渕がいた(調べたら当時小渕の捜索願が出ていたわかった、川下で発見された死体は別人、小渕は気を失っていて溺れかけたものの自力で川岸にたどり着いて一命をとりとめた、しかし記憶を失っていて捜査はされなかった)。それを知って信近は「海老原を殺したという確実な証拠はあるのか」と開き直るが、右京は「いいかげんに目を覚ましなさい、あなた方が小渕と海老原にしたことは一生かかっても償えるものではない、今向き合わなければいつ向き合うのか」と一喝。亀山は「証拠なんてこれからいくらでも見つけてやる」と宣言、右京は「逮捕か自首かは自分で決めなさい」と締める。
  • 芹沢はみずきに説明しに、伊丹と三浦はみずきを容疑者扱いしてひどいことを言ったのを謝りにみずきのところへ向かう。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
遠野凪子:津島瑞希(海老原と結婚する予定だった)
東根作寿英:信近哲也(市議会議員、芹沢のゼミ仲間)
坂田聡:田村厚(弁護士、芹沢のゼミ仲間)
大家由祐子:浅葉ハルミ(ウェブのデザイン、海老原の元彼女)
中原裕也(内田裕也):海老原元章(テクノ精機社長、芹沢のゼミ仲間)
嶋田豪:古井太一(芹沢のゼミ仲間)
浅野雅博:氏家肇(芹沢のゼミ仲間)
京極圭:坂之上浩二(芹沢のゼミ仲間)
佐藤滋:横山欧彦(芹沢のゼミ仲間)
角谷栄次:小渕(8年前の被害者)
津田景子:小渕の付添人?
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

ロケ地

Sharon Gospel Church Maebashi:海老原の結婚式をするはずだった教会
月川荘キャンプ場:ゼミ合宿で小渕とトラブルになった場所
川崎マリエン[HP]:警視庁(亀山が芹沢に話し掛けた場所、廊下)
東映東京撮影所(Gスタジオ リハーサル室、喫茶室):信近哲也の事務所、信近らが男性の水死体が上がったという新聞記事を見た場所
日比谷公園:最後に話をした場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました