相棒4 第8話 「監禁」

スポンサーリンク

放送日:2005年11月30日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 「無断欠勤とは、不届きですねぇ」。お昼過ぎ、亀山薫(寺脇康文)の出勤表を見つめながら、杉下右京(水谷豊)がつぶやく。薫は今朝から警視庁に姿を見せていない。携帯電話もつながらないままだ。そこへ、右京を訪ね女子中学生の2人組がやってくる。前日、あるジャーナル誌に載った『警視庁・特命係に“和製シャーロック・ホームズ”がいる』という投書を読んで、取材を申し込んできたのだ。2人は推理小説研究会のメンバーで、右京を題材に新しい小説を書くという。快く取材に応じる右京。中学時代、自分も推理小説を書いていたという右京と少女たちの間には、和やかな時間が流れていく。
取材を終えた右京は奥寺美和子に会う。彼女は夕べ、薫に約束をすっぽかされていた。家にも行ってみたが姿はないという。気になった右京はその足で捜査一課へと向かう。捜一の面々が協力的な姿勢を示すことは無かったが、偶然にも、右京は彼らから大きなヒントを得る。捜一は、捜査中の大学教授と歴史研究家が相次いで行方不明になっている “インテリ失踪事件”になぞらえ、薫に共通点がないことを百も承知で、第三の被害者に見立てるという不謹慎なことを言ってきたのだ。「杉下さんなら分かるんですけど」との捨て台詞まで付けて…。

特命係に戻った右京は、ジャーナル誌を手に前日の出来事を思い出してみる。前日の退勤時、右京は一人の女性に鞄を捕まれ、足留めをされていた。記事を読んでファンになった、相談に乗ってほしいと色っぽく迫る女性。右京はとっさに、それはもう一人の特命係、亀山刑事のことだと嘘をつき、面倒をやり過ごしていたのだった。
鞄を持って鑑識に向かう右京。予想通り、指紋から女の素性が割れる。前科があったのだ。進藤ミサエ(佐藤江梨子)、26歳。若さに似合わず、2度も実刑を受けている。罪状は横領、詐欺に強盗未遂…。金のためなら何でもするタイプと思われた。
右京は、ミサエが薫を和製シャーロック・ホームズと勘違いし、連れ去ったと確信。事件を“インテリ、かっこ、例外一名含む、かっこ閉じ、失踪事件”と改め、単独で捜査を開始する。
そのころ、行方知れずの薫は、どこかの地下室にロープで拘束され監禁されていた。古めかしい家具に大量の書物。壁には軍人らしき人物の写真が飾られている。そして重厚な埋め込み式の金庫。薫のそばには破壊された携帯電話と、一編の詩が書かれた紙が置かれていた。『やまとはくにのまほろば たたなづくあおがき やまごもれる やまとしうるはし』…。

「お勉強は進んだかな?」。そう言って階下に降りてきたのは、ブランド服に身を包んだミサエだ。金庫内には4億相当の金塊があり、この詩は金庫を開けるための暗号だと言う。薫と同じように拉致されてきた大学教授と歴史研究家は、暗号を解くことなく不慮の事故で命を落としたとも。もしも暗号が解けなければ、薫も同じ運命をたどるのは明白だ。現に、薫はすでに痛手を負っている。しかし、肉体派の薫に右京並みの推理が働くはずもなく…。
ミサエがしびれを切らすのが先か、それとも右京が居所を突き止めるのが先か、1秒を争う戦いの結末は…!?

ネタバレあり

  • 亀山無断欠勤。
  • 都民ジャーナルに掲載された「警視庁・特命係に和製シャーロック・ホームズがいる」という投書(相棒4 第2話「殺人講義」の遠山ちずが書いたもの)を見た推理小説研究会の女子中学生が右京を取材に来る。
  • 右京が捜査一課で亀山について聞いたところ、大学教授と歴史研究家が相次いで行方不明になっている「インテリ失踪事件」の話を聞く。
  • 右京は前日の退勤時に女性にかばんをつかまれ、「記事を読んだ、相談に乗ってほしい」と言われたがそれは亀山のことだとうそをついたことを思い出す。
  • 亀山はその頃どこかの地下室に監禁され、「金庫を開けたいが開け方がわからない、『やまとはくにのまほろば たたなづくあおがき やまごもれる やまとしうるはし』という暗号を解読しろ」と迫られる(傍らには大学教授と歴史研究家の死体)。亀山は右京と間違えられたことに気付くが、暗号を解けないことがわかると殺されると思い暗号解読に取り組む。
  • かばんに付いた指紋から女の身元(進藤ミサエ、横領、詐欺に強盗未遂の前科あり)が割れ、大学教授、歴史研究家、亀山はミサエに連れ去られたと確信。
  • 亀山がミサエと共犯の新田に暗号解読のヒントになるかもと詳しい話を聞くと、金庫の中には金塊が入っているが、それは「刃桜の会」(敗色濃厚となった大日本帝国陸軍の一部によって極秘裏に結成されたとされる秘密結社)が帝国復活の軍資金として残したもので、敗戦後も帝国復活を夢見て地下活動を続けた。会の中で最後に残ったのは新田の祖父で、暗号の歌は教えられたが「死ぬ前に暗号の解読法を教える」と言っていたが突然他界してしまったという。
  • 右京はミサエの大家や働いていた店の店長に話を聞き、ミサエと親しくしていた新田に目を付ける(新田は地下の金庫に何億もあると言っていたという)。
  • 新田が経営している不動産屋で空き物件のリストをもらい、ミサエの靴に泥が付いていたことから前日の天気、物件の周辺の土などを調べて監禁場所を突き止める。
  • ミサエが亀山は「和製シャーロック・ホームズ」ではないと気付き、確認するために「前勤めていたクラブに何十年も東大一筋というひげを伸ばした名誉教授が来たことがある、東大法学部を出てるなら知ってるだろ」と聞くと亀山は「その手には乗らない、東大にそんな教授はいない」と答えるがミサエは「いる」と亀山を殺そうとしたところに右京が登場し「野田菊夫、名誉教授、僕がいた頃は教授になったばかりだったが」と答える。また、前日ミサエの靴に赤土のような泥が付着し、コートから湿ったようなにおいがしたことから新田の管理している空き物件の中からにわか雨が降り近くに赤土のある物件を探してたどり着いたと説明。暗号の謎を解くよう言われた右京は「詩は日本書紀および古事記に書かれた歌で数字は隠されていない、新田は金庫を開けられるのに開けられないふりをしているのではないか、中には金塊がなく金塊がないとわかればミサエは去るから、『刃桜の会』は架空の存在」と断言。新田は反発するが、「刃桜の会」は右京が中学時代に書いた小説に書いたものだと言うと新田は金庫を開け(金塊はなく「新田のコレクション」の雑誌など)、ミサエは逆上して新田をなぐるが亀山が取り押さえて逮捕。新田は右京の小説が載った本を取り出して「ずっとファンでした」と右京と握手するが右京は振りほどいて新田も逮捕。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 右京が中学生の時に書いたという「亡霊たちの咆哮」という小説。右ページ下段に「そんなある日だった。一人の男が新聞社にやって来た。男は石田と名乗り殺人事件についての情報を提供したいとの事で記者との面会を希望したのだった。その日は丁度自分以外に話を聞ける人間がいなかったのと殺人事件のスクープで功名心をあげたかった事が重なり、自分が石田という男と話をしてみることとなった。」とあるけど、左ページ下段にも「の面会を希望したのだった。その日は丁度自分以外に話を聞ける人間がいなかったのと殺人事件のスクープで功名心をあげたかった事が重なり、自分が石田という男と話をしてみることとなった。」とある。その後もしばらく同じ。また、右ページ上段に「わたしは東北にある、~」とあるが左ページ下段にも同じと思われる文章。面倒だからある程度書いて後はコピペしたんだろうけど、もう少し作り込んでいただきたい。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
佐藤江梨子:進藤ミサエ
酒井敏也:新田信彦(新田南不動産社長)
中川謙二:新田公彦(新田信彦の祖父)
吉本菜穂子:座間繁子(新田南不動産社員)
加藤英真:ミサエが働いていたクラブのマネージャー?
碇由貴子:千恵(中学生、推理小説研究会)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
梅田宏:落合惣八(元帝政大学文学部教授)
石田哲也:進藤ミサエの部屋の大家
吉谷彩子:由佳(中学生、推理小説研究会)

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました