相棒4 第13話 「最後の着信」

放送日:2006年1月18日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 夜の公園。バス停にやってきた亀山薫(寺脇康文)がタバコを取り出す。しかし中身はカラ。舌打ちする薫の前に、タバコが紙ケースごと差し出される。「ちょうど止めよう思てたとこや」。酩酊状態の男は、薫にタバコをケースごと手渡すと、千鳥足でその場を立ち去って行った。
 男は脇幸太郎(桐谷健太)。数日後、公園内で死体となって発見される。所持品は白、赤、黒の携帯電話3台。そのうち白は、脇の手に握られた状態で見つかっていた。死亡推定時刻と着信履歴を照合すると、脇は死ぬ間際まで、白の携帯電話で話していたことになる。その相手を着信番号からたどるも、国際電話への転送システムを使用していたため特定には至らなかった。
 「以前、同じ手口を使った銃の売人がいましたねぇ」。杉下右京(水谷豊)の推理が動き出す。白の携帯電話には名前登録の無い番号が2件、黒には苗字や名前だけの個人名が50件ほど、そして赤には銀行や飲食店などプライベート用と思われる登録が30件ほど入っていた。白が仕入先、そして黒が顧客か? その数からいって、脇は麻薬の売人だったのかもしれない。

 右京の推測通り、脇の覚せい剤がらみの前科が判明。死因は転落による打撲だったが、前科を考慮し、事故と事件の両面から捜査が行われる。
 薬物対策課の角田六郎課長(山西惇)は、課の情報屋、通称“エス”を総動員して、犯人の検挙にあたる。あわよくば、捜査一課を出し抜いて、殺人での立件もしてしまおうという意気込みだ。
 3年前、脇は覚せい剤を入手したと自ら出頭。自首による逮捕だったため、執行猶予がつけられた。逮捕した菱沼貞夫刑事(中西良太)によれば、入手ルートは不明のまま。ゆきずりで買ったということだった。
 その後、角田のエス作戦は功を奏し、鷲頭という麻薬の仲買人が連行される。脇とのつながりはすぐに判明。角田は殺人での自白も迫るが…。
 脇は死んだ日の昼過ぎに、白坂由美(黒坂真美)という女性と会っていた。映画を見、食事をして別れた後、脇は自分の縄張りであった公園に向かっている。さらに行きつけのスナックに寄った後、再び公園に戻り命を落としたらしい。脇の足取りを順番にたどる右京と薫。するとその日、高校の同窓という由美との食事中、脇は携帯電話の使用をめぐって、店と揉め事を起こしていたことが分かる。店員の証言によれば、携帯電話の色は白。また、脇行きつけのスナックでは、相当酔いながらも上機嫌で、結婚して故郷に帰るかもしれないと漏らしていたという。相手は由美なのだろうか?

 その後の調べで、脇は警察の情報屋だったことが判明。3年前の逮捕以来、警察内につながっている人物がいるらしい。国際電話への転送システムを利用したのも、事情に詳しい警察官の知恵だとすると…。右京と薫は、すぐさま菱沼刑事の顔を思い浮かべる。だが、同業者をつついたところで、真相が判明するとは思えない。そこで2人は大河内春樹(神保悟志)監察官のもとに向かった。
 案の定、菱沼刑事は去年、脇がらみの事件を送検せず、監察官の取調べを受けていた。3年前の逮捕に関しても、調書が書き換えられた疑惑があるという。しかし、菱沼刑事は優秀な麻薬捜査のエキスパートとして、とがめを受けることは無かった。
 脇を使って手柄を上げ続け、監察官の調べをもくぐり抜ける菱沼刑事。もし、自分のやり方を知り尽くしている脇が、結婚を機に引退を考えていると、菱沼刑事が知ったとしたら…?

ネタバレあり

  • ある日、亀山にたばこを箱ごとあげた脇という男が公園で死体となって発見される。
  • 脇は携帯電話を3台所持しており、死亡推定時刻と着信履歴から、死ぬ直前に白の携帯電話で話していたと思われる。通話相手は国際電話への転送システムを使用していたため特定できなかったが、右京は「同じ手口を使った銃の売人がいた」ことを思い出し、白の携帯電話には名前登録のない番号が2件、黒には名字や名前だけの個人名が50件ほど、そして赤には銀行や飲食店などプライベート用と思われる登録が30件ほど入っていた。白が仕入先、黒が顧客で、その数から脇は麻薬の売人だったのかもしれないと推理。また、脇に覚醒剤絡みの前科が判明。亀山はここで脇の写真を見て、たばこをくれた相手と気付く。
  • 右京と亀山は3年前に脇を逮捕した所轄の菱沼に当時の話を聞くと、脇は覚醒剤を買ったが怖くなって自首してきたという。
  • 組対五課が情報屋から得た情報で鷲頭という薬物の仲買人を連行しようとしたところに、伊丹と芹沢が来て「白の携帯電話に登録してある番号が鷲頭のもの」として参考人として連行しようとするが、鷲頭が「脇に薬物を売った」と認めたため組対五課が連行。
  • 脇と事件当日の昼に会っていた白坂由美に話を聞くと、お好み焼き屋で店に文句を言っていたという。
  • お好み焼き屋で話を聞くと、脇に文句を言われたが、携帯電話で電話したのを注意したからだろうとのこと。また、携帯電話の色を確認すると、白だったという。
  • 脇が行ったバーで話を聞くと、「彼女に一緒に暮らしたいと言われた」と言っていたという。
  • 角田が鷲頭の取り調べをしていると、鷲頭は「あんなエス野郎と取引した俺がばかだった」と口走る。それを聞いた右京は取り調べに乱入し、「脇は警察の情報屋だった」ということを確認。菱沼が怪しいとにらみ大河内に確認すると、脇の物損事故を菱沼がもみ消したことがあり、3年前の脇の逮捕も職務質問で逮捕したのに自首したことになった疑惑があるが、麻薬捜査のエキスパートで優秀なため見逃されたという。
  • 菱沼に話を聞くと、「みんなやってること」と認める。右京は「脇が売人を辞めたいと言ってきたが菱沼の手口を知り尽くしている脇をそのまま抜けさせられないから鷲頭に脇がエスであることを教えたのではないか」と聞くが、菱沼は答えず。
  • 鷲頭は取り調べで「菱沼から脇の正体を聞いて殺してやろうと思ったが事件の夜脇は菱沼と電話して辞めたいと言っており『菱沼は脇が邪魔になって俺に殺させようとした』と気付いた、その後菱沼と会うようだった」と供述。
  • 右京は「鷲頭が必ず殺すという保証もなく、あれだけ実績のある刑事が自ら手を下すとは考えにくい」と犯人は菱沼ではないと考える。
  • 菱沼は監察官聴取で「脇は売人も情報屋も辞めると言ってきた、止めるつもりで会う約束をしたが約束の時間を過ぎても来なかった」と説明。
  • 右京と亀山がお好み焼き屋で由美に脇が使っていた携帯電話の色を聞くと、赤だったと答える。そこに店員が来て「白」と答える。しかし白の携帯電話は店では発信も着信もしておらず、右京は「別の場所で見たのではないか、それは脇の死亡した公園、君の住まいは脇の死体が見つかった公園への帰り道、その時間脇が白の携帯電話を使っていたのは確認されている、それを見たのではないか」と聞くと、店員は「勘違いで携帯電話は赤」と否定。しかし、脇の爪から犯人と見られる人物の皮膚が検出されており、DNAの照合で疑いを晴らさないかと聞くと、店員は「あいつが悪い、『お好み焼きの中がドロドロ』と言われて店の中だから我慢したが公園でたまたま会って話を蒸し返されて突き飛ばしたら死んだ」と殺したことを認める。
  • 内村は菱沼を「違法捜査の証拠はない」と不問に。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 公式のあらすじには「バス停にやってきた亀山薫(寺脇康文)がタバコを取り出す」とあるけど、バス停じゃなくて灰皿の前じゃない?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
神保悟志:大河内春樹
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
中西良太:菱沼貞夫(六本木署生活安全課巡査部長)
黒坂真美:白坂由美(会社員?、脇幸太郎と同じ高校)
桐谷健太:脇幸太郎(薬の売人)
渋川清彦:鷲頭一郎(薬の仲買人)
松山幸次:お好み焼屋店員
小西康久:バーのマスター
明日香まゆ美:脇の母親?

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました