相棒4 第5話 「悪魔の囁き」

スポンサーリンク

放送日:2005年11月9日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 前回に続いて…。

 捜査一課の勇み足により、村木重雄(小日向文世)は自殺。その直前、村木は10件すべての犯行を認めていた。だが、家宅捜索では、最初の事件から数えて7件分のピアスしか発見されなかった。焦る捜査一課は、共犯者を妻の順子(山下容莉枝)とにらみ、全件で村木を立件するため血眼の捜査を開始する。
 一方、杉下右京(水谷豊)は、まったく別の角度から残り3件の犯人を推理し始める。共犯者が順子ならば、同じ場所でピアスが発見されるのが自然だろう。事件一連の特徴を知り得る身近な人物で、順子以外に犯行が可能な人物がいるとしたら…?
 翌日、右京は亀山薫(寺脇康文)を伴い、荒川事件で殺害された日高鮎子(堤幸恵)の当日の足取りを洗い始める。この荒川事件で、犯人は2つのミスを犯していた。1つは、遺体が川の流れに乗り、過去に事件を起こしていた東京で発見されてしまったこと。もう1つは、東京在住の鮎子を標的にしてしまったこと。犯人は埼玉県内で事件を完結させたかったはず。それがこの犯罪の絶対条件だからだ。1つめのミスは想定外として、2つめは?

 右京たちは、犯人が鮎子を埼玉の人間と勘違した可能性を探る。すると案の定、鮎子が埼玉のデートクラブで働いていたことが判明。事件当夜は、客を取ったまま店に戻らなかったということも。犯人は鮎子を指名した男か…。だが店長によれば、女客からの指名もあるという。再び犯人像が薄れたことに、落胆を隠せない薫…。
 そのころ警視庁では、順子が捜査一課をさんざん愚ろうし、時間を浪費させた後、ようやく荒川事件当夜のアリバイを告白していた。順子はその時間、ホテルで男と会っていた。相手はなんと、村木を診ていた精神科医・内田美咲(奥貫薫)の助手・安斉直太郎(高橋一生)だ。美咲の代理として順子から相談を受けるうちに、関係を持ったという。
 その夜、右京は美咲から、村木が描いたという無気味な絵を渡される。美咲は、絵に認められる一連の事件を暗示する“ヒント”を見過ごした自分を責めた。と同時に、もし村木が連続殺人の詳細を自分に語っていたなら、どんなに興奮したか…とも。美咲は犯罪心理学の専門家でもあった。右京はそんな美咲の心情を理解しながらも、彼女の中に悪に惹かれる一面があることを見抜くのだった。

 右京はすでに美咲の過去の講演スケジュールを調べていた。ピアスが見つかっていない最後の3件は、すべて美咲の講演先で起きている。渡された村木の絵は、いわば美咲からの挑戦状なのか…。だが、薫の捜査の結果、鮎子が最後に取った客は男と断定される。美咲は事件とは無関係なのか? バラバラに散らばるピースを犯人像に結び付けるため、右京と薫の戦いが始まる!

ネタバレあり

  • 村木は自殺前、10件全ての犯行を認めていたがピアスは7件分しか発見されず、伊丹は妻の順子を共犯者とにらみ、全件で村木を立件するため血眼の捜査を開始。
  • 亀山は佐古にピアスを返そうとするが、「事件の全貌がはっきりするまで持っていて」と言われる。右京は残りの3件は別人がやったと考えるが、順子が犯人であれば一緒に見つかっているはずとも。
  • 右京が荒川の事件の遺留品を見て、「東京の人間を埼玉まで連れて行って殺したのではなく埼玉の人間と思って殺した」と気付く。右京は「犯人は全てを埼玉で完結させたかったはずだが遺体を荒川に流したため以前事件を起こしたことのある警視庁の管轄になったこと、埼玉在住の人間を狙うはずだが被害者を埼玉の人間と勘違いした」と犯人のミスを指摘。そこで浦和のデートクラブで話を聞くと、被害者に似た女性がコンパニオンにいるということで写真を見ると、本人と確認。事件当日、予約の電話に出た
  • 順子は取り調べを受けていたが、事件当日は安斉とホテルと一緒にいたと証言し、釈放される。
  • 右京は美咲と会って話をする。美咲は村木が描いた絵を「今思うとこの中に全てのヒントがあったが冤罪によるストレスと取り違えてしまった」と右京に渡す。
  • 順子は2000年以降の事件の場所には行っていないこともわかり、犯人ではないと確定。右京は「順子以外で村木に精神的に一番近いのは美咲しか考えられない、講演のスケジュールは事件の日時と一致」と考えるが、美咲は高所恐怖症であることに気付く。また、川を流されたせいで死亡推定時刻は幅があることが判明。
  • 亀山が、事件当日に被害者を指名した電話を受けた女に話を聞き、電話してきたのは男と確認。
  • 美咲は安斉の犯行を疑い、鍵を盗んで部屋に入ると祭壇の中にピアスを発見。そこに安斉が来て、美咲にピアスを持たせて屋上から突き落とそうとするが、右京と亀山が来る。右京が「最後の3件は君がやった、村木が10件やったと言ったのは村木の犯行を受け継いだ君を守るため、君は村木という悪魔に魅入られ魂まで取り込まれてしまった」と語り掛けると、安斉は「村木はまるで悪魔のように魅力的な人物、僕には素晴らしい出会いだった、つまらないこの世の抑圧から僕を解き放ってくれた、Vim Patior(ウィンパティオール)……」と返す。村木は犯行を饒舌に語り、動機を問われると「呼吸をするのにいちいち意味を考えるのか? それと同じ。ただそれが自分に必要だから行う」と言い、ピアスを外したのは相手を征服し、奥さんに与えたのは自分の支配下に治めるという意味があったという。そして、同じ県内で事件を起こさない、証拠を残さない、同じ手口を続けないなどの手法を教えられた。安斉は「ひとたび怪物が目覚めたら自分ではどうすることもできなかった、これは不治の病、救ってほしいのは僕」と言うが、右京は「君も村木も妄想をつなぎ合わせて自らの欲望のために勝手な理屈を作り上げただけ、その揚げ句人の命を奪った、それが病気とは何事か、どんなに御託を並べようと君は自分自身と戦いもせず欲望に身を任せただけのこと」と一喝。安斉は「僕は捕まらない」と飛び降りるが、亀山が「そんな簡単に死なれてたまるか」と腕をつかみ、引き上げる。
  • 亀山、佐古にピアスを返す。

第4話 「密やかな連続殺人」の続き。

スポンサーリンク

感想/気になる点など

荒川河川敷で遺体が見つかった事件、発生した日はいつなのか? 有力なのは「11月2日」だけど、だとしたら他のは何? 書類はいつものこととして、「金曜の深夜」ってセリフはどういうこと?

  • 亀山は「池袋のOLが金曜の深夜、なぜ1人で埼玉の浦和にいたのか」と言っているが、直近の金曜は11月4日
  • デートクラブでは「11月2日の夜」について聞いてる
  • 検死報告書?には「死亡推定時刻、11月1日午後8時から2日午前2時」
  • デートクラブから金を持ち逃げしたナナには「11月2日の夜」のことを聞く
  • 7日付の新聞では11月2日

あと、帝都新聞に載っていた過去の事件発生日、福岡は2001年11月18日となっているけど、内田美咲の福岡での講演は10月17日から19日。

スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
奥貫薫:内田美咲(精神科医、犯罪心理学教授)
山下容莉枝:村木順子(経営コンサルタント、重雄の妻)
高橋一生:安斉直太郎(内田美咲の助手)
山崎一:佐古秀樹(元警察官)
新納敏正:水橋(デートクラブ店長)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
かなやす慶行:右京と美咲が食事をしたレストランのウェイター
石井悠葉:ナナ(事件当日電話を受けた女)
堤幸恵:日高鮎子(池袋のOL)
大浦理美恵:福岡の被害者
岩脇彪志:
小日向文世:村木重雄(元予備校講師)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました