相棒4 第16話 「天才の系譜」

放送日:2006年2月8日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 特命係の亀山薫(寺脇康文)はある夜、モデル風の若い女性と腕を組んで、高級ホテルから出てくる杉下右京(水谷豊)を目撃。反射的に物陰に隠れた薫は、右京がその女性との別れ際、現金を渡しハグする瞬間を見てしまう。
 翌日、特命係のテレビは、朝方、海岸で発見された女性の腐乱死体に関する報道番組を映し出している。その中でデスクワークを続けている右京と薫。だが、実際のところ薫は、昨晩のことが気になって仕事が手に付かずにいる。「右京さん」「なんですか?」「…いや、なんでもないっす…」「そうですか」。朝から何度も繰り返されている会話に、結局、痺れを切らしたのは薫の方。思わず、「気にならないんですか」と、右京を責めてしまう。それでも平然としている右京。ついに白旗を上げた薫は、昨晩の目撃談を右京に告げる。その時、右京の携帯電話に渦中の女性から連絡が。今夜も会う約束をしていると知った薫は、警察官らしく、金銭の授受で関係を持つのは感心しないと右京をいさめる。だが右京は意に介さず、今晩、薫にその女性を紹介するという。

 夕方、花の里。右京、薫、そして女性がカウンターに座っている。女性の名は“杉下花”(原沙知絵)。ニューヨーク在住のフォトグラファーで、実は右京の姪。東京の下町を撮って話題になった写真集の第二弾を制作するため、数年ぶりに来日したのだという。ただのタクシー代を早とちりした薫の一人ドタバタ劇も、これにて一件落着。
 だが後日、この花がとんでもない推理を携えて特命係にやってくる。先日、海岸で発見された腐乱死体の身元と犯人が分かったというのだ。
 花は、取材で柳橋界隈を訪れた際、見事に手入れされているのに、ここ何日間か水があげられていない様子の花壇を目撃。訳を家主である二ノ宮純平(櫻庭博道)に尋ねると、妻・小夜子(奈良﨑まどか)が一週間前から実家に帰っているからとの答えが返ってくる。しかし、玄関の状差しには、小夜子の実家から小夜子宛に届いた数日前のはがきが。純平は花に嘘をついたのだ。右京並の観察力を誇る花は、続いて、前回の写真集で世話になった町内会長の金田昭一郎(不破万作)に、二ノ宮夫妻の情報を聞き込みに行く。すると、毎晩、近所中に聞こえるほど派手に行われていた二ノ宮家の夫婦げんかが、特にひどかった一週間前を最後にパッタリ聞かれなくなり、小夜子の姿も見かけなくなったと判明する。腐乱死体の死後経過は、ちょうど一週間。「明日にでも家宅捜索をするべきです」。断言する花。しかし右京は、花の推理など幼稚な妄想に過ぎないと切り捨てる。憤慨する花と譲歩しない右京…。

 翌日、花の推理に妙な説得力を感じている薫を伴い、右京は再び二ノ宮家を訪れる。理由はあくまでも、花の推理が根も葉もないと証明するため。さもないと花は、今以上に無謀な行動をとりかねないと、右京は心配しているのだ。だが、その心配も及ばず、二ノ宮家に到着した2人は、警察に連行される花を目撃することに!

ネタバレあり

  • ホテルの前で右京が若い女に金を渡して抱き合う姿を亀山が目撃。
  • 平塚海岸で女性の遺体が見つかり、警視庁と合同で捜査が行われることに。
  • 亀山が右京を諌めようとすると、右京はその女(杉下花)を亀山に紹介。実は右京の遠い親戚で、ホテルで食事をした後にお小遣いをあげただけだという。花は現在ニューヨーク在住のフォトグラファー。
  • 花は知人の金田に船に乗せてもらう。船を降りて歩いているとごみ出しを守らない住民(二ノ宮純平)を見掛け、花は二ノ宮の家の前に飾られている花に興味を持つ。
  • 花は「平塚海岸で見つかった遺体の身元と犯人がわかった」と特命係を訪ねる。花は右京と亀山を連れて二ノ宮の家へ行き、クリスマスローズの花が枯れていることから持ち主に何かあったと推理を披露。純平に話を聞くと体調を崩して実家に帰っているというが、2日前に実家からの手紙が届いておりうそをついていると主張。また、金田によると、毎晩大げんかしていたが1週間前の夜にひときわ大きいけんかをしたがそれ以降妻(加代子)の姿を見ていないという。
  • 右京は花に「あなたのは推理ではなく妄想、夫婦げんかの揚げ句妻は自らの意思で家を出た、夫は体裁のためにうそをついている、妻は実家ではなくホテルや友人宅にいると考えるのが現実」と説教するが花は納得せず。
  • 右京は「彼女の言っていることが妄想だと証明するために調べる、また彼女のことだから放っておくと無謀な行動を取りかねない」と念押しして二ノ宮家に行くと、花が部屋に入り込んだせいで警察に連行される場面に遭遇。取調室で話をすると、加代子の写真を手に入れたので被害者の写真と照合してほしいと言われる。
  • 米沢に遺体の写真を見せてもらう。被害者は何か重い物を結んであったが外れて流されたと思われるが、結び目を見ると植木職人の結び方ではないかと推測。
  • 遺体と加代子の歯の治療跡が一致したため伊丹らが純平の部屋へ行って話をすると、遺体を縛っていたのと似たロープが部屋にあり、任意同行を求める。部屋にあったロープと遺体を縛っていたロープが一致したことから伊丹らは犯人と見なして取り調べを行う。
  • 花は「杉下右京に勝利した祝杯」を挙げるが右京は「まだ事件は解決したわけではない」と反論。しかし花は「よろしければ私の写真を見て勉強してください」とプリントしたばかりの写真を渡し、金田の家へ。
  • 花は金田と話していて、金田が「鉄アレイだけ残して遺体が流れていった」という言葉を聞き金田が犯人と気付く。
  • 右京は花から渡された写真を見て、金田の写真に写ったロープの結び目は遺体と同じことに気付く。
  • 金田はごみ捨てを注意したら逆ギレされて町のことも侮辱されたため殺したことを認める。花が「そんなくだらない理由で?」と非難すると花のことも殺そうとするが、右京と亀山が来て間一髪助かる。
  • 花はニューヨークへ帰る。
  • 花が撮った写真を角田に酷評されると、右京は反論する。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
原沙知絵:杉下花(フォトグラファー、右京のめい)
不破万作:金田昭一郎(町内会長、元屋形船のお頭)
櫻庭博道:二ノ宮純平(植木屋)
奈良﨑まどか:二ノ宮加代子(純平の妻)
志水正義:大木長十郎
谷村実紀:警視庁の受付?
RUKA:
久保田龍吉:小松真琴
今泉朋子:アナウンサー
田代大悟:金田たけし(昭一郎の息子)

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...
スポンサーリンク

ロケ地

ホテルフロラシオン青山:花が泊まっていたホテル
平塚海岸(相模川河口付近):女性の遺体が見つかった場所
青山通り(表参道交差点):冒頭で亀山が歩いていた場所
東映東京撮影所(Gスタジオ 会議室):捜査本部
日比谷公園:右京が花を亀山に紹介した公園
隅田川(両国ジャンクション付近、蔵前橋付近、両国橋付近):花が屋形船に乗って通った場所
神田川(柳橋付近、井筒屋?):花が屋形船を降りた場所
宝来橋(呑川):船を降りた後に花が金田と歩いた橋
警視庁前の道:警視庁前の道
川崎マリエン[HP]:警視庁 ロビー
タムラ製作所[HP]:柳橋署 外観
東京湾(レインボーブリッジの下):金田の船が通った場所
都庁通り:花がリムジンバスに乗った場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました