相棒4 第1話 「閣下の城」

放送日:2005年10月12日

相棒 Season IV
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 “閣下”と呼ばれた男を覚えているだろうか。名前は北条晴臣(長門裕之)。かつて、右京(水谷豊)たちの捜査により殺人犯として逮捕されながら、超法規的取引で自由の身を手に入れた傲慢・狡猾・残忍な元外務省事務次官だ。その閣下から、右京と薫(寺脇康文)にパーティーの招待状が届く。「すべてを水に流そう」。招待状にはそう書き添えられていた。しかし、額面どおりに受け取れるはずもなく…。
 パーティーには北条の保釈取引に関わった、小野田公顕・警察庁官房長(岸部一徳)と瀬戸内米蔵・元法務大臣(津川雅彦)も招かれていた。誰もが疑いの目で北条を見つめる。だが北条は、まるでその視線を楽しむように、突如、若い女性秘書・郷内繭子(高橋かおり)との結婚を発表するのだった。
 その夜遅く、薫は、繭子と嵩人(高杉瑞穂)のキスを目撃する。嵩人は繭子の従兄妹で、この城の執事。繭子が秘書になると同時に、雇ってもらえるよう頼み込んだのだという。幼なじみだと言っていたが…。釈然としない思いで城を後にする右京たち。

 案の定、1日と日を置かず事件が発生。アイアンハート城で殺人が起きたのだ。殺されたのは嵩人。北条のコレクションの剣で胸を一突きされていた。城の住人は嵩人を入れて3人。当然、残った北条と繭子が疑われた。憔悴しきった繭子に寄り添う北条。が、突如態度を一変。「殺したのはこいつだ!」と言い捨て、部屋を出て行ってしまう。
 北条が婚約相手に対して冷徹な態度を取ったのには訳があった。北条は前の晩、繭子に恋人がいることを知ってしまったのだ。財産目当ての結婚。問い詰められた繭子はあっさり白状する。しかしそれでは、北条には嵩人殺しの動機があっても繭子にはないはず。それに、どちらがやったにせよ、今のところ証拠は何もない。

 いったん引き上げる右京たち。証拠はどこにあるのか、嵩人の解剖を見守りながら慎重に推理をめぐらす右京。そして、殺害手口のひとつとして、繭子の犯行説を成立させるのだが…。
 そのころ、北条と繭子の2人だけになったアイアンハート城では、右京たちが想像だにしない会話が、密やかに繰り広げられていた。「しかしおまえは役者だねぇ」。「閣下ほどじゃありませんよ」…。

ネタバレあり

  • 閣下(北条晴臣)から「全てを水に流そう」と誕生パーティーの招待状が届き、右京、亀山、美和子は城(閣下の別荘)へ。パーティーには北条の保釈取引に関わった小野田公顕と瀬戸内米蔵も招かれていた。
  • パーティーの最中、閣下は秘書・繭子との結婚を発表。
  • 閣下は美和子に回顧録出版の話を持ち掛け、契約書を明日持ってくるよう言ってきたため、美和子は一足先に帰る。
  • 亀山は繭子と嵩人(繭子のいとこで執事)がキスしているのを目撃。
  • その後パーティーはお開きとなり、右京らは帰る。
  • 翌日、美和子が城に行くと嵩人の遺体を発見。右京と亀山が城に行くと瀬戸内もいて、「閣下に繭子の男関係について忠告に来たがすでに知っていた、前日の上機嫌から打って変わって不機嫌だったので結婚発表後に知ったんじゃないか」と言う。
  • 繭子に話を聞くと、「美和子が来て一緒に遺体を発見した、朝から嵩人の姿が見えなかったが閣下に捜すなと言われたので捜さなかった」と言う。そこに閣下が来て「とっとと白状して楽になったらどうだ、こいつ(繭子)が殺した、この城には3人しか住んでおらずそのうちの1人が殺された、しかし犯人は俺じゃないからこの女が犯人」という言葉を残し、部屋に戻る。
  • 右京は「犯人は鎧を着けてじっと立っており、嵩人が目の前に来るのを待って刺した」という方法を思い付く。証拠品の鎧を持って閣下の城に行き、閣下と繭子にその話をし、「閣下は鎧を身に着けるのは不可能、よしんば身に着けることができたとしても息を潜めているのが関の山、突然鎧が動き出したら逃げるだろうし閣下が顔を見せても安心するとは思えない、しかし繭子であれば可能、鎧を着けることはもちろん嵩人を油断させて剣を突き刺すことも」と繭子を任意同行。
  • 閣下は宮添(閣下の顧問弁護士)に繭子の弁護を命じ、繭子への手紙も渡す。宮添が繭子に面会すると繭子は宮添に抱きつく。そして手紙を渡すとそこには「小生 昨今ぼけ症状が進みおまえと何やら約束した気がするがとんと思い出せぬ」と書いてあり「ちきしょう、だましやがったあいつ!」と叫ぶ。繭子は「私が捕まった後閣下が真犯人と名乗り出る約束だった、どうしてもあなたたちに恥をかかせたいと言うから協力した、あなたたちが得意そうに無実の人間を捕まえてその後真犯人が名乗り出ればあなたたちの面目は丸つぶれ、『杉下右京はあまのじゃくで何でも物事を裏から見たがる、でも裏にはその裏もある、裏の裏は表なんだから素直に表を見てればいいものを、ああいうタイプの陥りやすい落とし穴』と閣下は言っていた」と説明。右京は「本当に僕があなたを犯人と思っていると思うのか、あくまで可能性の1つを申し上げたまで、あの時『殺害の手口を1つ披露する』と言っておりわざわざ『1つ』と言っている以上他にもあると思わないのか、あの時2つ目を言わなかったのはあっさり任意同行に応じたから、証拠もないためもっと抵抗できるのにあっさり応じたことに違和感があったが真意がつかめず成り行きに任せた」と反論。もう1つの可能性としては「嵩人に鎧を着けさせた、あの鎧は隙間ができて本来は下に鎖かたびらを着るが嵩人は着ていない、遺体の刺し傷の位置は鎧の隙間と一致するのではないか、閣下のコレクションの鎧を繭子が嵩人に着けさせるのは容易ではないが閣下であれば命令すればいい」と閣下が犯人という説を披露。また、「閣下はあなたに嵩人以外の男がいたことを知っていたためご立腹で約束を反故にしたのではないか、その相手は宮添弁護士でしょうか、あなたは手はず通り芝居をしていたのだろうがあの時閣下は本気で捕まえさせるつもりだった」と言うと、宮添は「彼女がいきなり閣下と結婚すると聞いて面食らった、僕と付き合っていたのに」と反論、繭子は「あんたが付き合いたいって言うから付き合ったんじゃない」と突き放す。宮添は繭子に電話をかけて真意を聞いたら「冗談、みんなをびっくりさせるために閣下といたずらしただけ」と言っていたという。さらに「嵩人が邪魔だったのか」と聞くと、繭子は「うっとうしくてたまらなかった」と言う。
  • 嵩人の遺体の傷口が鎧の隙間と一致すると確認。また、嵩人殺害後に別の男の存在を知って翻意したのなら決定的な証拠があるはずと推理。小野田、瀬戸内を伴い閣下の城を訪ね、「自分が犯人じゃないと証明するのも容易ではないが犯人だと証明することも容易ではない、あなたが真犯人と名乗り出るつもりだったのなら必ず真犯人である証拠を用意していたはず」と閣下に指摘。そこに捜査一課が令状を携えて乗り込ると、閣下は部屋に逃げ、ビデオテープを口にくわえるが吐き出させて押収。その後閣下はトイレに行こうとするが、体を調べるとテープを隠し持っており、再生すると嵩人殺害の場面が映っていて閣下逮捕。
  • 瀬戸内は「屈辱に耐えきれなかったのに加え、繭子が嵩人を持て余しているのを見て何とかしてやりたくなったのではないか」と閣下の心情を推察。
  • 繭子が閣下の面会に行く。閣下が「君は何があっても無事だと言っただろ」と言うと、繭子は「途中ヒヤッとしたけど、閣下のおかげで幸せ」と笑う。繭子は閣下に嵩人を殺すよう頼み、閣下が「拘置所に入ったら会えなくなる」と渋ると「じゃあ頼まない、明日ここを出て行く、閣下がここにいても私には二度と会えない」と言ったことを思い出しながら、帰りに婚姻届を出すと伝える。
  • 右京と亀山が面会に行くが閣下から拒絶される。閣下が出すと約束した回顧録の話もなしに。
  • 亀山と美和子が復縁。

北条晴臣(長門裕之)は相棒1 第12話 「午後9時30分の復讐 特命係、最後の事件」で登場。

スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
岸部一徳:小野田公顕
高橋かおり:郷内繭子
田中実:宮添卓也(弁護士)
高杉瑞穂:郷内嵩人
唐沢民賢:安岡喜一郎(弁護士)
ハントケーシ:棟居均(弁護士)
志水正義:大木長十郎
堀越富三郎
葉山博喜:
久保田龍吉:小松真琴
恵有一
岡田直也:
津川雅彦:瀬戸内米蔵
長門裕之:北条晴臣

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン4)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました