相棒3 第16話 「人間爆弾」

放送日:2005年3月2日

第16話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

かつて薫が面倒をみた栄一が爆弾を身にまとい現金輸送車を襲撃!?
爆弾で男を操り、銀行を襲わせる新手の強盗事件が続発。
栄一の疑いを晴らすため、捜査に乗り出した右京と薫は・・・!?

右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が捜査一課の伊丹(川原和久)に呼び出された。爆弾を武器に現金輸送車を襲った犯人が2人を指名したらしい。というのも、犯人はかつて薫が面倒をみてやった栄一(マギー)。借金の取り立て屋という危ない仕事から足を洗い、彼女と結婚。北海道で幸せに暮らしているはずの彼がなぜ? そんな疑問を抱く薫に栄一は、何者かに爆弾を身体につけられ現金輸送車を襲わなければ爆発させる、と脅されたのだという。どうやら真犯人はそんな栄一をCCDカメラで見張っているらしく下手な動きをすると爆弾が爆発しかねない。

薫は爆弾処理班から「背後からなら接近できるかも」という意見を聞き、右京らの静止を振り切り処理班とともに栄一の背後へ。懸命に爆弾が入ったベストをカッターで切り裂き、なんとか栄一と現金を守り抜く。
解放された栄一は、東京で地元の名産を使ったイベントをやるために上京。同僚とデパートを回って契約をまとめた後、一旦別れて別行動になった途端、何者かにスタンガンで襲われたという。そして気が付いたら爆弾付きのベストを着せられていて・・・。
伊丹らは栄一の前科を持ち出し、自作自演ではないかと疑いを・・・。しかし、右京も薫も、そして駆けつけた栄一の同僚・塩塚(菅原大吉)も「馬鹿馬鹿しい」と笑い飛ばす。

なんとか解放された栄一は子供ができたと薫に報告。その子の名前を薫の字をとって薫子にしたとか。そう言われた薫もまんざらではない。幸せそうな栄一を見る限り、やはり彼が犯人とは思えないが・・・。
CCDカメラの電波は遠くへは飛ばせないことから、犯人が現場近くにいた可能性は高い。右京らは鑑識の米沢(六角精児)に現場写真を改めてチェックする。すると、栄一が以前取り立てをしたことがある女性を写真から見つけて・・・。
右京らはさっそくその女性・ミオ(三鴨絵里子)から話を聞くが、栄一のことは未だに恨んではいるものの、たまたま通り掛かっただけだという。

そんな折り、第二の爆弾強盗事件が発生した。今回、爆弾を付けられたのは長橋(山崎大輔)という広告代理店の部長。長橋は犯人の要求どおりに銀行から金を奪うと、とあるビルへ入り、やはり犯人の言うままに階段を使って屋上へ。そしてビルの裏にある駐車場へと金が入ったカバンを投げると、ヘルメットをかぶった男がカバンを奪ってバイクで逃走していき・・・。
栄一と長橋は見ず知らずの他人。やはり犯人は無差別に男を選んでいるように見えたが、右京は犯人が長橋をエレベーターではなく階段で屋上へ向わせ、なおかつあざ笑う言動をしていることに着目。犯人は長橋に対して恨みを、と考える。
そして、改めて長橋の周辺を洗い始めると・・・。

ネタバレあり

  • 栄一が爆弾を使って現金輸送車を襲うが警察に取り囲まれる。栄一は右京と亀山を呼ぶよう要求。右京と亀山が着くと「何者かに爆弾を取り付けられて現金輸送車を襲え、さもないと爆弾を爆破させると命令された」と説明。栄一はCCDカメラ付きのベストを着せられていたが、亀山が後ろに回りベストを切って脱がせて救出。
  • 栄一は「都内のデパートを回って同僚(塩塚)と別れたところで誰かに襲われて気付いたら爆弾付きのベストを着せられていて現金輸送車を襲うよう命令された」と説明。
  • CCDカメラの電波はそう遠くには飛ばせないため犯人は近くにいた可能性は高いと考え、現場で撮った写真を栄一に見せると栄一が過去に取り立てをした女(ミオ)を発見。右京と亀山が話を聞きに行くが、騒ぎになってるから見ていただけという。
  • みなとファイナンスに爆弾を取り付けられた男(長橋)が現れ、現金を奪う。現場に伊丹らも到着するが爆弾を着けているため手出しできず、長橋は電話で指示されるままビルの屋上へ行き、現金の入ったかばんをビルの下に投げる。下で待ち構えていた犯人がかばんを持ち去る。
  • 長橋に話を聞くが犯人に心当たりはなく栄一のことも知らないという。
  • 栄一に聞いても長橋のことは知らず、捜査一課では無差別に選んでいるのではと考えるが、長橋をあざ笑うような発言があったことから少なくとも長橋は意図的に選んだと右京は指摘。
  • 山路(長橋の部下)に話を聞くと、「大北海道展 北の博覧会」については話を濁されるが、美和子に調べてもらうと道外の客を呼び込めず失敗し自殺者も出たという。
  • 長橋に話を聞くが「成功するイベントもあれば失敗するイベントもある」と意に介さない。病院の外に出ると「北道開発」の車(栄一の現場近くにあった車)があり話を聞こうと近づくが逃げる。
  • 北道開発の会社に行って社長の徳本に話を聞くと「いきなり近づいてきたから爆弾魔かと思った」と逃げた理由を説明。また、栄一の事件の時は取引先に向かう途中だったという。
  • 調べると徳本は昔札幌で北道企画というイベント会社を経営していたが博覧会の後会社が倒産しており、亀山は「徳本には長橋を狙う動機がある」と推理。しかし右京が「なぜ栄一を第一の被害者に選んだのか」と疑問を提起。
  • 栄一の事件の時にミオが北道開発の車のすぐそばにいたため運転していた人物について聞くと徳本ではないという。また、車のナンバーからレンタカーとわかり、借主は栄一と判明。
  • 山路に話を聞くと「長橋と徳本はべったり、北道企画は計画倒産」と言われ、長橋の背任行為の証拠も渡される。
  • 栄一が借りたレンタカーを利用していたことから右京は塩塚の犯行で次の標的は徳本と推理。徳本の携帯電話の情報から荻窪公園へ向かう。
  • 徳本は爆弾を取り付けられており、「池に飛び込めば起爆装置が水にぬれて爆弾は使い物にならなくなる、心臓に持病があって凍りつくような池に飛び込んだら心臓麻痺で死ぬかもしれないが飛び込まないと爆弾を爆発させる」と池に飛び込むよう命令。そこへ右京らが現れ池に飛び込もうとする徳本を止める。塩塚は離れるよう言うが栄一が「俺も一緒に吹っ飛ばしてみろ、そんなことできる人じゃないだろ」と説得し、塩塚は起爆スイッチを捨てる。

若杉栄一(マギー)は相棒2 第7話 「消えた死体」相棒2 第15話 「雪原の殺意」相棒2 第16話 「白い罠」で登場。

スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
六角精児:米沢守
小野了:中園照生
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
片桐竜次:内村完爾
菅原大吉:塩塚玄(栄一の商工会議所の同僚)
マギー:若杉栄一
山崎大輔:長橋貴信(グレイス部長)
本城丸裕:徳本卓爾(北道開発)
藤崎卓也:山路(長橋の部下)
三鴨絵里子:臼井ミオ
大門賢二:刑事
志水正義:大木長十郎
矢嶋俊作(矢島俊作):爆弾処理班班長
田崎正太郎(田﨑正太郎):みなとファイナンスの支店長
久保田龍吉:小松真琴
長谷川紀子:レポーター
長尾奈奈:みなとファイナンスの受付

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...
スポンサーリンク

ロケ地

群馬県立図書館:栄一が爆弾騒ぎを起こした場所
FRESSAY クラシード若宮店:栄一が爆弾騒ぎを起こした場所の向かい
リヴィンオズ大泉店:南急
東映東京撮影所(GスタジオとNo.3ステージの間、本館 No.6ステージ側の奥の部屋、1階正門側の奥の部屋):栄一が目を覚ました時にいた場所、みなとファイナンスの部屋、北道開発
新宿農協会館:代々木通第一ビル(みなとファイナンスの入っている建物)
葵通り:長橋貴信が金を持って通った道(代々木通第一ビルを出てすぐ)
東京都道414号四谷角筈線:長橋貴信が金を持って通った道(道路を渡ったりした道)
新宿三信ビル:長橋貴信が上らされたビル
議事堂通り:爆弾強盗が起きたと連絡が来た時に右京と亀山が通っていた道、徳本の居場所の連絡を受けた時に右京と亀山が通っていた道
中央通り:栄一が塩塚に電話した時に塩塚が歩いていた道
川崎マリエン[HP]:警視庁 刑事部長室

コメント

タイトルとURLをコピーしました