相棒3 第8話 「誘拐協奏曲」

放送日:2004年12月15日

第8話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

7年前に失踪、法的に死亡した前社長が誘拐された!
偶然、現場に居合わせた右京と薫は、奇妙な人間関係に巻き込まれ…。

 通販会社のイメージキャラクターが無断で使用されているとの訴えを受け、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)はその通販会社へ。今井社長(尾藤イサオ)に問題のサイトを見せてもらうと、確かに著作権法違反の疑いがある。被害届など説明しようとすると、秘書の野呂(徳井優)がやってきて、先代の前田社長(渡辺哲)を誘拐した、という電話が入ったという。
 自分たちがいるのだから、と電話をスピーカーに切り替え、右京らも犯人の声を聞くことに。するとボイスチェンジャーで変えられた声が響いてきた。
「前田社長を誘拐した。ビルを見張っている、誰かがビルに入れば警察とみなし人質の命はない。要求は5億円…」。
 法外な身代金に愕然とする今井だが、前田は7年前に失踪。ついさっき法的に死亡が認められ、遺産を妻の房江(深浦加奈子)が相続したという。今日死んだ人間が誘拐された?今井ら幹部はイタズラかも、と疑うが、まだ社内にいた房江は「主人の命を第一に」と特殊班係への通報も拒否。右京もイタズラかどうか判明してからに、という。

 7年前、前田は今井と井勢谷常務(浅野和之)の3人で新しい配送センターの建設候補地へ下見に出かけた帰り、そのまま行方がわからなくなったという。失踪直前に行われた創業記念パーティーの写真を見ながら、右京らは事情を聞くが、今井によると会社も順調。創業者でもある前田はかなりワンマンだったらしく、失踪の原因が会社にあったとは思えないという。前田の失踪後、当時常務だった今井が社長に、当時経理課長の井勢谷が常務に大抜擢されたが、専務の本間(河西健司)は当時と変わらず今も専務だという。そして、秘書の野呂は前田の失踪後、リストラされたところを今井に拾われて入社したらしい。
 現時点で社長が失踪したことで得をしたのは、社長に就任した今井、課長から常務になった井勢谷、そして採用された野呂、ということになる。それにしても失踪といい、誘拐といい、謎だらけだ…。
 犯人から二度目の電話が入り、前田社長が声を聞かせた。これでイタズラでないことが判明。仕方なく5億円を用意することになるが、それだけの融資を受けるには株主の承認が必要になる。しかし、それでは犯人が指定した時間に間に合わない。すったもんだしているところに、タイミング良く犯人から電話が。今井が、銀行から融資を受けなければならないこと、そのために筆頭株主の許可を取らせてほしいこと、を犯人に告げると、意外にも犯人はあっさりOK。それにしてもなぜ犯人は3回目の電話をかけてきたのか。まるでこちらの様子がわかっているような…。そんな右京の言葉に今井らは騒然となる。

 筆頭株主の妙子(牛尾田恭代)がやってきた。妙子は最初「5億もの散財は困る」と渋るが、周囲の説得に渋々承諾。とりあえず自社の役員たちと相談するという。どうやら身代金は用意できそうだ。ホッと胸をなでおろす薫に今井は怒りを爆発させる。実は妙子は前田の愛人。スキャンダルになりかけたところを今井は必死で隠したらしい。それで房江と妙子の間に微妙な空気が流れていたのか…。
 妙子が自社の役員たちの許可をとりつけて戻ってきた。と、そこへ犯人から電話が。なんと犯人は現金5億円をすべて海に捨てろという。なぜ、そんなことを!?

ネタバレあり

  • 右京と亀山がネクストライフ(通販の会社)に行って著作権侵害(キャラクターを勝手に使われた)の相談を受けているところに「社長を誘拐した」という電話が入り、社長の今井が電話に出ると「前田社長を誘拐した、警察には連絡せず社屋にも誰も入れるな、身代金は5億円」と言われる。
  • 話を聞くと、「前田社長は先代の社長で創業者、7年前に失踪しており失踪宣告が今日公告されて法的には死んだ」という。
  • 前田の妻も来て7年前の失踪について話を聞く。また、前田の失踪後、常務の今井が社長に、経理課長の伊勢谷が常務になり、専務の本間は専務のままだという。
  • 犯人から電話が入り、「前田の声を聞かせろ」と言うと「しんちゃんか? 心配かけてすまない」などと言われる。また、犯人は「5億円は現金で深夜0時までにそろえろ、受け渡し方法は追って知らせる」と言って電話を切る。今井らは前田の声と認める。
  • 「現金はないため銀行から融資を受ける必要があるがそのためには警察に連絡する必要があるしそれだけの融資を受けるには株主の承諾も必要」ということになり、犯人からの次の電話で説明すると犯人は警察に通報することや筆頭株主の女性を入れることを認める。しかしこのやりとりで右京は「犯人は今の電話を何のためにしてきたのか、犯人側が警察が関与していることを知ったから更なる警察の介入を拒まなかったのでは」と疑問を抱く。
  • 筆頭株主の許可も取れ、銀行から融資も受けることで話がまとまる。また犯人から電話があり「晴海ふ頭の臨海公園へ行って朝5時になったら金を全て海に捨てろ、全部海に捨てたのを確認したら前田は解放する」と言われる。それを聞いて伊勢谷が倒れるが、パニック障害であることを右京は見抜いており、発作もすぐに治まるという。
  • 亀山が「あの奥さんの怒った声が母親に似ていた」という話をすると、右京は「謎が解けた、お手柄」と言う。
  • 「あずみの森」で白骨を掘り出した今井に「その頭蓋骨は先代の社長で、7年前に彼を殺したのはあなた」と右京は指摘。今井は金を捨てる前に前田が確かに死んだことを確認しようとしていたのだが、右京は今井が「あずみの森を守れ」という機関紙を定期購読していたのに「勝手に送られてくる」とうそをついていたことなどから「あずみの森に前田社長が眠っている」と見抜いてやって来たのだった。また、今回の件は前田の妻が「主人がいなくなって自分たちで作った会社が乗っ取られた、いっそのことなくなってしまえばいいと思っていた時に主人の声と同じ声の人を見つけて会社をなくす方法を思い付いた」ということで仕組んだものだった(奥さんが窓際に立つと犯人から電話がかかってきて、必要な変更点を奥さんが伝えていたことなどから奥さんが関与していると右京は見抜いた)。また、7年前に前田が殺される現場に居合わせていた伊勢谷はそれを目撃したことでパニック障害になっていたのだった。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
尾藤イサオ:今井進一(通販ワールドネクストライフ社長)
深浦加奈子:前田房江(勇一郎の妻)
河西健司:本間実男(通販ワールドネクストライフ専務)
浅野和之:井勢谷隆(通販ワールドネクストライフ常務)
徳井優:野呂啓介(通販ワールドネクストライフ)
牛尾田恭代:佐々原妙子(通販ワールドネクストライフ筆頭株主)
坂田雅彦:田嶋栄一郎(特殊班)
原田文明:前田社長と似た声のホームレス
麻生潤也:特殊班刑事
城戸光晴:特殊班刑事
神道寺こしお:亀山の母親(ビンタした人)?
御子柴聖蘭:
森山貴文
畑野真希:
佐保祐樹:
渡辺哲:前田勇一郎(通販ワールドネクストライフ前社長)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...
スポンサーリンク

ロケ地

代々木競技場 第一体育館の前:前田房江が前田勇一郎と似た声の男を見つけた場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました