相棒3 第11話 「ありふれた殺人」

スポンサーリンク

放送日:2005年1月19日

第11話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

20年前の殺人犯が何者かに殺された!
被害者の両親による復讐殺人か?
自らの汚名を返上するため、右京と薫は真犯人探しに乗り出すが…。

 路上で寝ている男を注意した薫(寺脇康文)は、その男から20年前に人を殺した、と突然告白される。小見山(信太昌之)というその男は、20年前、当時高校生だった坪井里子(小林千恵)を殺害。事件は5年前に時効が成立、民事の時効も1カ月前に成立していた。その小見山がなぜ今ごろ自首したのか。右京(水谷豊)や薫に問い詰められた小見山は、誰かに狙われている、というだけで…。

 伊丹(川原和久)ら捜査一課の取り調べに対しても「誰かが自分を殺そうとしている」と脅えるだけで取り付く島がない。が、その一方で遺族に謝罪する気はまったくないらしい。結局、「俺はもう罪人じゃない」とうそぶく小見山は、怒る薫をよそにさっさと署から出て行ってしまう。
 薫は右京に誘われるように20年前の里子殺害事件を改めて調べることに。当時担当だった港(清郷流号)によると、里子に目立ったトラブルがなかったことが逆に捜査を難航させたとか。その港にとっては刑事になるきっかけになった事件だという。

 里子の父・貞一(上田耕一)が特命係にやってきた。里子を殺した犯人を教えて欲しいという。どうやら小見山が自首したという報道を見たらしいが、当然復讐を防ぐため教えるわけにはいかない。里子を殺されたショックに貞一の妻・幸子(吉村実子)は手首を切り自殺未遂までしたという。そんな苦しい胸の内を語る貞一に、同情する薫は唇を噛む。
 小見山が何者かに殺害された。遺体の状況から手口が20年前の里子の殺し方と酷似していることがわかる。ということは、里子の両親が復讐殺人を?だとしたら、どうやって小見山が犯人だったということを知ったのか…。

 小見山が殺される直前、薫が貞一夫婦の自宅を訪ねていたことが判明した。が、さすがに自重した薫は家の前まで行ったものの、貞一らとは会わずに引き返したという。とはいうものの、時間的には薫から小見山の名前を聞いた貞一らが恨みを晴らすことは可能だ。さすがの薫も一言もない。
 小見山殺害が薫の責任ではないことを証明するには、貞一らが犯人でないことを証明するしかない。右京は落ち込む薫を元気付け、小見山を殺害した犯人を探すことに。

 小見山が殺された現場からは2つの他人の指紋が検出されていた。一つは犯人のものに違いないが、もう一つは…。右京らは小見山の隣室に住む鈴木(正名僕蔵)という男の証言で、事件直前小見山が中年の男と言い争っていたことをつかむ。その男が怪しいが…。

ネタバレあり

  • 亀山が警察署の前にたたずむ小見山に話し掛けると「20年前に人を殺した」と告白される。小見山は20年前、当時高校生だった坪井里子を殺害。事件は5年前に時効が成立、民事の時効も1カ月前に成立していた。右京や薫が「自首」した理由を聞くと小見山は「誰かに狙われている」と言う。伊丹らの取り調べでも「誰かに狙われている、誰かが俺を殺そうとしている」と言うばかりで、最後には「俺はもう罪人じゃない」と出て行く。
  • 右京は捜査資料を調べ、当時捜査に参加した港によると、里子に目立ったトラブルがなかったことが逆に捜査を難航させたという。
  • 里子の父・貞一が報道で犯人の自首を知り、「里子を殺した犯人を教えてほしい」と警察に行ったがたらい回しにされ、特命係へ。右京と亀山が話を聞くが、犯人の名前は教えず。
  • その夜、亀山は坪井家の前まで行くが、会わずに帰る。
  • 小見山が何者かに殺害され、遺体の状況から手口は20年前と同じ絞殺。
  • 亀山は大河内に呼び出され「家に入っていないし教えてもいない」と釈明するが、「会ったとか会わなかったとかでなく(教えたとしたら)時間的に殺害が可能なのが問題、処分は3日後、私にはそれが精いっぱい」と言われる。
  • 貞一らが犯人でないことを証明するため、右京と亀山は調べ始める。小見山の部屋からは小見山以外の2つの指紋が検出。また、隣室に住む鈴木が「おっさんと激しく言い争っていた(ただし、貞一の写真を見せると否定)、ひと月ほど前から夜中まで大音量でレコードをかけていて迷惑していた、来客はほとんどなかった」と証言。
  • かつて貞一の妻・幸子が自殺未遂したのを発見したのが港だったと知り、鈴木に港の写真を見せると、小見山が殺された夜に小見山の部屋から出てきた男と確認。
  • 小見山の部屋から出た指紋が港の指紋と確認され、監察官聴取。「小見山に遺族に謝罪させようとしたがあいつは応じなかった」。
  • 貞一が特命係に来るが、亀山は会わず右京だけで対応し、犯人のことは教えず。
  • 右京はもう1つの指紋がコンポのボリュームのつまみから出たことから「問題は誰が殺したかではなく、なぜ殺されたかだった」と犯人に気付く。鈴木は小見山の部屋に入ったことがないと言っていたが、「レコードをかけていた」と言ったことからうそと見抜き、鈴木に「疑いを晴らすために指紋の照合を」と求めると、「こっちは勉強してるのに大音量でずっと殺したいと思っていた、文句を言ってやろうと思ったら訳のわからないことを言われて」と小見山を殺したことを認める(鈴木は音を小さくするよう頼んだが、小見山は「20年そういう生活をしてきた」と激昂した)。
  • 当初は港が犯人と思って動機の説明のためにも小見山が20年前の事件の犯人ということを公表しようとしていたが、犯人は20年前の事件とは関係ないため「ありふれた殺人事件」として発表し、港も本来なら懲戒処分とするところを交番勤務に異動、亀山は1カ月の減俸と3日間の謹慎に。
  • 貞一夫婦がまた特命係へ来て、今度は亀山も同席し「犯人は教えられない」とはっきり断る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 最後に坪井夫妻が警視庁を訪ねて話をした時、右京はコートは持ってなかったけど、坪井夫妻が帰るのを見に警視庁の外に出た時はコートを着ていた。わざわざそのためでかえにコートを取りに戻ったの? そして、コートを取りに行ってもまだ警視庁前にいるくらい坪井夫妻は歩くのが遅いの? 体調悪いとはいえ。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
神保悟志:大河内春樹
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
上田耕一:坪井貞一
吉村実子:坪井幸子
信太昌之:小見山勇司(20年前の殺人犯)
正名僕蔵:鈴木隆(小見山の隣の部屋の住人)
阿南健治:大久保康雄(帝都新聞キャップ)
清郷流号:港功(捜査一課刑事)
熊谷祐子:梅月荘(小見山のアパート)の管理人
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
小林千恵:坪井里子(20年前の被害者)
飛田晃治:
遠藤哲司:記者
橋本マサキ:ニュースを読むアナウンサー
岸部一徳:小野田公顕

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...

コメント

タイトルとURLをコピーしました