相棒3 第15話 「殺しのピアノ」

放送日:2005年2月23日

第15話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

ピアニストを殺害した調律師。
右京らの巧みな捜査に追いつめられた彼は・・・。

 深夜のコンサートホール。調律師の幸田(吹越満)が、舞台の上で有名ピアニストの柴(京晋佑)をチューニングハンマーで殺害した。ピアノに散った血痕を拭き取り、守衛が居眠りする守衛室を避け、エントランスから外へ出ると遺体を柴の自宅近くへと運び・・・。
 翌朝、柴の遺体が自宅近くの崖下から発見された。別居中の妻・悦子(矢代朝子)の話によると、柴が深夜に散歩することはよくあること。事件当夜も深夜1時に柴の携帯から電話があったという。
 崖からの転落死かと思われたが、珍しい凶器による傷が発見されたことから他殺と断定。捜査会議では柴が携帯電話をかけたことが話題に出るが、その携帯電話が見つからないらしい。と、そこまで話が及ぶと、右京(水谷豊)は部屋を出て・・・。

 右京は事件現場へ行ったに違いない。薫(寺脇康文)がコンサートホールへ行くと、ちょうど柴の代役が決まったところ。その準備に追われ支配人の岩槻(大林丈史)から相手にしてもらえない。その岩槻が幸田にピアノの調律を改めて指示していたその時、ステージからピアノの音が。右京だった。
 新たな奏者のためにピアノ調律し直すという幸田に、見学したいという右京だが、須お越しの雑音でも気になるからと断られる。そんな右京に対して幸田は、事件当夜コンサートホールにいたが、朝の4時まで一人で柴用に調律していたという。明らかに幸田を疑っている右京に、薫はホールを出てから確かめると、なぜ朝の4時に調律が終わってから今まで帰らずにいたのか。まるで代役が決まり、調律し直すことがわかっていたかのように・・・、と疑問を口にする。

 岩槻によると、幸田に調律を任せたのは柴ではなく、岩槻だという。業界では腕がいいと有名な幸田を岩槻はホールの専属チューナーに招いていた。
 一人調律を始めている幸田の前に現れた右京は、興味深そうに幸田の仕事ぶりを見学すると、矢継ぎ早に質問を浴びせる。が、すべて調律に関するものばかり。そんな右京のノラリクラリとする質問に苛立ちを覚えた幸田は、次第に追いつめられていく。
 別れ際、どうしてもピアノが弾きたい、という右京は、幸田に事情を話しピアノを弾かせてもらうことに。が、幸田は右京の演奏を半ば強引にやめさせる。鍵盤側面の木目に血痕が残っていたのを見つけたためだ。幸田のあまりの剣幕に驚く薫と岩槻。右京は仕方なく薫とともにホールを出るが、実は血痕があることは知っていた。すべては幸田の動揺を誘うためで・・・。

 一人になった幸田は懸命に血痕を拭き取ると、いよいよ調律を始める。が、そこへ薫が現れると、何をするでもなく客席を歩き回り始めた。目的も聞いても答えない薫に苛立ちを募らせる幸田。ふと見ると、客席に携帯電話がある。きっとなくなったという柴の携帯電話だ。あれがここにあることがわかっては自分が犯人だとわかってしまう。幸田は薫に悟られないように携帯に近づくと、なんとか先に確保することに成功する。と、そこへ右京が現れると、なんと自分の携帯電話を探していたという。仕方なく隠していた携帯電話を差し出す幸田。試されていることを知り、唇をかむ。
 仕掛けた罠に幸田がかかったことに喜ぶ右京と薫。鑑識の米沢(六角精児)を呼び寄せるとルミノール反応を調べ、一気に自供へと追い込もうとするが・・・。

ネタバレあり

  • 調律師の幸田が舞台の上で有名ピアニストの柴をチューニングハンマーで殺害。ピアノの血痕を拭き取り、遺体を柴の自宅近くの崖下に捨てる。
  • 柴の遺体が見つかる。柴の妻に話を聞くと深夜1時ごろ(死亡推定時刻の直前)に携帯から電話があったという。
  • 傷口の生活反応から後頭部を殴られて死んだ後に崖下に捨てられたと判明。また、死ぬ直前に携帯を使ったのに所持品にはなく、電源が切られているという報告を聞き、右京は捜査本部を抜け出す。
  • 亀山が右京を探して高山ロイヤルホール(柴がリサイタルを行う予定だった会場)へ行くとピアノの音がして、見に行くと右京が勝手に弾いており支配人に怒られる。
  • 右京は「幸田が今朝4時まで調律をしたのに今まで帰らず残っていた」ことから調律し直さなければならないことを知っていたようだと幸田に目を付ける。
  • 右京は幸田に「柴と面識はないか」「柴は死ぬ直前に携帯電話を使っているが行方を知らないか」と聞くが幸田は知らないという。また、「この機会を逃すとこんなにいいピアノを弾く機会はないのではないか、調律前にもう一度弾かせてほしい」とピアノを弾かせてもらい、鍵盤の側面に血痕を見つけた幸田は焦って演奏をやめさせる(右京は血痕に気付いてその鍵盤を使う曲を弾いていた)。
  • 幸田が鍵盤の側面の血痕を消していると、客席に携帯電話を見つける。そこへ亀山が現れて客席で何かを探し始めると幸田は携帯電話を拾って隠す。そこに右京も来て、「やはり(携帯電話は)ここにはないのか」と言うと幸田は「先生の携帯電話がここにあるはずない」と怒る。しかし亀山は「探しているのは杉下の携帯」と言い、鳴らそうとすると幸田は「これじゃないか」と携帯電話を差し出す。
  • 米沢が会場に到着。調律中の幸田のところへ連れて行き、調べるとピアノの中から柴の携帯電話が見つかる。右京は幸田の持つチューニングハンマーで殴った拍子に柴は携帯電話を落としてしまったと指摘。また、「柴は殺される前に携帯電話の電源を切った可能性があったことから携帯電話を切らなければならないような所で殺された、そして初めてピアノを弾いた時音色に違和感を持ち二度目に弾いた時にソフトペダルの踏み込みが甘いことに気付いた」と幸田に疑いを持ったきっかけを語る。さらに、「殺害した動機は突発性難聴」と指摘。柴は幸田が調律する様子を見て突発性難聴に気付き「調律師はもう無理だ、僕のマネージャーにしてやろう」と言ってきたため幸田は殺したのだった(幸田も昔はピアニストになるのが夢だったがコンクールではいつも柴に敗れピアニストは諦めて調律師になったのにまた柴のせいでそれをつぶされそうになったため)。しかし右京は「調律師の仕事に誇りがあったのにその道具を血に染めた、もしかすると20年前も今も自分の夢に引導を渡したのはあなた自身だったのかもしれない」と語り掛ける。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
川原和久:伊丹憲一
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
小野了:中園照生
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
吹越満:幸田紀夫(調律師)
京晋佑:柴耕太郎(ピアニスト)
大林丈史:岩槻巧(高山ロイヤルホール支配人)
矢代朝子:柴悦子(耕太郎の妻、マネージャー)
田村三郎:高山ロイヤルホールの警備員
尾道凛:高山ロイヤルホールの職員
松橋朋潤:柴耕太郎(少年期)
谷井優貴:幸田紀夫(少年期)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...
スポンサーリンク

ロケ地

TAMURA[HP]:滝沢署(外観)
群馬県民会館[HP]:高山ロイヤルホール
川崎マリエン(研修室)[HP]:滝沢署(捜査本部)
東映東京撮影所(本館 廊下):滝沢署(廊下)

コメント

タイトルとURLをコピーしました