相棒3 第3話 「双頭の悪魔III~悪徳の連鎖」

放送日:2004年10月27日

第3話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

政界の壁を乗り越え、殺人犯逮捕に挑む右京と薫。
アリバイを崩すため、右京らがとった戦法とは?

 父の地盤を継いだ若手女性議員・雛子(木村佳乃)は、朱雀官房長官(本田博太郎)の愛人で、多額の機密費を手にしていた。そんなスキャンダルを追っていた鹿手袋(西村雅彦)を刺したのは、雛子の秘書・小松原(中村方隆)の息がかかった男だった。事件が公になるのを怖れた小松原は事情聴取の前に自殺。事件は闇へと葬られることになる。
 しかし、鹿手袋を刺した事件と沢村補佐官の事件に関連があるとにらんだ右京( 水谷豊)は、沢村が朱雀官房長官と雛子の関係を知ったがため、自殺を装い殺害されたのでは、と推理。右京の意見に同調した薫( 寺脇康文 )は動機から見て沢村殺しの犯人は朱雀 か雛子、と言うが朱雀 には確固としたアリバイがあり、雛子が一人で沢村を殺せるとは思えない。さらに沢村が無警戒のまま、むざむざと雛子に殺されるとも思えず…。
右京はあえて朱雀に自らの疑問をぶつける。なぜ 朱雀は沢村補佐官から自殺するという電話を受けたとき、すぐに沢村の自宅へ向ったのか。そして、もし沢村が自ら自宅にいると言ったのだとしたら、沢村に死ぬ意思はなく、朱雀に助けを求めただけのはず。なのになぜ密室だったのか…、と。答えに窮した朱雀は「だからなんだ!」と苛立ちを現すが、右京は「矛盾点に合理的な説明がつかない限り、事件は終わらない」と言い放つ。
右京 と薫は 朱雀からの連絡で沢村が死んだ現場へ駆けつけた加賀谷秘書官(佐戸井けん太)に改めて事件の夜のアリバイを確認する。が、説明は曖昧でかなり動揺している。右京は小野田(岸部一徳)にプレッシャーをかけさせ、ついに加賀谷を自供に追い込む。
 加賀谷によれば、直接手を下し沢村を殺したのは、加賀谷と朱雀。が、朱雀にはアリバイがある。右京らはあらためて朱雀の周辺を調べ、沢村殺しの犯人として逮捕しようとするが…。

ネタバレあり

  • 右京は「鹿手袋の事件と沢村の事件の根っこは同じかもしれない、鹿手袋が盗聴で得た情報(朱雀と雛子の愛人関係、機密費の流用疑惑)は当然沢村も持っていたと考えられる」と推理。
  • 事件当日の朱雀のアリバイを確認すると、会食相手は会っていたと言う。
  • 伊丹らが鹿手袋の事務所を調べていて美和子と鹿手袋の親密な写真を発見。伊丹は「嫌がらせ」で亀山にその写真を渡す。
  • 鹿手袋の事務所から小松原の毛髪が見つかる。鹿手袋に聞くと小松原が来たことはなく、住居侵入と確認。
  • 亀山は鹿手袋との写真を美和子に見せ、「そんなに楽しそうな顔は久しぶりに見た、そういや昔そんなふうに笑ってたなって昔を思い出した、長すぎたのかな」と話をする。
  • 右京と亀山が官邸に行くも面会は断られるが、ちょうど朱雀が通りかかったため「どうしてあの夜沢村が事務所にいるとわかったのか」と聞くと「沢村が自分で言った」と答える。すると「ならばやはり沢村は本気で死ぬ気はなかった、わざわざSOSを発信したのになぜ鍵を閉めたのか、矛盾点に合理的な説明がつかない限り事件は終わらない」と告げる。
  • 瀬戸内のところに小松原からの手紙(死ぬ理由を書いたもの)が届く。瀬戸内はそれを雛子に見せ、告発しようとするが、雛子が「先生が筋を通されたら小松原は無駄死にですね」と言うと、瀬戸内は手紙を胸に収める。
  • 右京と亀山が加賀谷に事件当日のアリバイを聞くと、最初は「家にいた」と言ったが「朱雀に呼ばれてすぐに現場に行ったはずだが家からだとかなり距離がある」と指摘すると、「香取秘書官と飲んでいた」と説明を変える。それで納得して去った直後、加賀谷が香取に証言の協力を頼んでいるところに戻ってきて加賀谷は「少女趣味、あの晩はいかがわしいことをしていた」と答える。
  • 小野田から加賀谷に「君が悪事を働くわけがない、朱雀にはアリバイがあるのに君にはないのが困った、結局のところ弱い者が一番損をする、万が一君が魔が差していたら自首を勧める、一晩じっくり考えて」と電話。加賀谷は沢村殺害時の状況(沢村の腕を足で押さえつつ延長コードで首を絞め、それを朱雀がハンカチで口をふさいで協力)を思い出しつつ涙する。
  • 加賀谷は沢村殺害と朱雀が共犯であることを認める。朱雀のアリバイを指摘すると「調べ方が甘い」と返す。人殺しに協力したのは「以前『少女趣味』で困ったことになった際に朱雀がうまく処理してくれたがそれ以来奴隷」と説明。
  • 朱雀に「加賀谷が自首をしてあなたと一緒に殺したと言っている、外部に知れると混乱を招く恐れのある人物と会う場合ダミーの面会相手を同じ場所に用意することがあるそうだがあなたは今回この手を使った」と告げると、朱雀は「いい線いってるが詰めが甘い、ダミーを使ったのは認めるが人を殺すためではなく密会のため」と答える。「密会相手」の雛子は「朱雀は8時すぎに来たがすぐに出て行った、朱雀がいなくなった後にマッサージを呼んだ(ので朱雀がいなかったことは証明できる)」と答え、朱雀には「いつまでも難破船にしがみつくほどばかじゃない」と耳打ち。右京は最後に「盗聴器が閣議室に仕掛けられていなかったのは犯人は閣議に出席できるので閣議室には仕掛ける必要がなかったから、恐らく沢村はその人物に命じられて盗聴器を仕掛けた、ところが沢村はその依頼人の部屋にも盗聴器を仕掛けたため怒りを買った、今回の殺意にはその怒りが含まれている気がする」と指摘すると、朱雀は「いい線いってる」と言葉を残し連行される。
  • 鹿手袋が退院。亀山は殴りに行くが、返り討ちに遭う。

第2話 「双頭の悪魔II~堕天使」の続き。

スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
木村佳乃:片山雛子
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
本田博太郎:朱雀武比古(内閣官房長官)
佐戸井けん太:加賀谷秀之(首相秘書官)
春田純一:沢村久重(首相補佐官)
清水昭博:大八木邦生(首相秘書官)
中村方隆:小松原(片山雛子の秘書)
渡辺杉枝
中山一也
井上浩:首相秘書官
岡崎宏:首相秘書官
津村和幸
岡村洋一
鳴海剛
西村雅彦:鹿手袋啓介
古橋ユキ:バイオリン演奏
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
岸部一徳:小野田公顕
津川雅彦:瀬戸内米蔵

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...
スポンサーリンク

ロケ地

昭和大学 横浜市北部病院[HP]:九段下病院(鹿手袋が入院した病院) 外観~エスカレーター
富士通 川崎工場:首相官邸(内部)
川崎マリエン[HP]:警視庁 刑事部長室
東映東京撮影所(本館):警視庁 霊安室
議事堂通り:右京と亀山が車で通った道
ザ・ハンバーガー・イン:小野田が加賀屋に電話した時にいた店
警視庁近くの道:加賀屋の自白を聞いた場所
明治神宮外苑 いちょう並木[当ブログの記事]:右京と片山雛子が車道を歩きながら話をした場所
国会前の道:右京と瀬戸内が歩きながら話をした場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました