相棒3 第1話 「双頭の悪魔」

放送日:2004年10月13日

第1話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 薫(寺脇康文)が麹町東署捜査一係へ転属となった。「めでたく現場復帰だ」と喜ぶ薫だが、同棲相手の美和子(鈴木砂羽)はなにやら深刻な話があるらしい。実は美和子は密かに別の男と付き合っていた。薫に言い出そうにもなかなか言葉が出てこない美和子。薫はそんな美和子の心の中を知る由もない。
その美和子の新たな恋人で院内紙記者・鹿手袋(西村雅彦)は、二世の若手議員・雛子(木村佳乃)をマークしていた。若手だけで自らの会派を立ち上げるなど、政界で話題を振りまく雛子に鹿手袋は機密費にまつわるスキャンダルがあるとにらんでいるらしい。
首相補佐官の沢村(春田純一)の遺体が、本人の事務所兼自宅から発見された。死の直前、朱雀官房長官(本田博太郎)の携帯に沢村から自殺を予告する電話が入り、現場へ駆けつけたが沢村は延長コードで首を締めた後だったという。
朱雀から現場に呼ばれた首相秘書官の加賀谷(佐戸井けん太)は、そんな説明に動機について思いをめぐらすが、朱雀は首相官邸に盗聴器が仕掛けられた事件に関係があるという。沢村は責任を感じて自ら命を断つに及んだらしい。が、以前、加賀谷らが問い詰めたときはふてぶてしい態度で否定していたが…。
同じ日、鹿手袋が何者かに刺され、重傷を負う事件が発生した。担当になった薫は鹿手袋が入院する病院へ。看護婦から携帯など鹿手袋の所持品を受け取った薫だが、突然携帯がなり、なんと発信者に美和子の名前が。
ここで初めて美和子が鹿手袋と付き合っていることを知らされた薫。ショックを通り越して、怒りを露にして…。
すっかりやる気を失った薫は、新たな上司・海音寺(竹中直人)と大喧嘩。「とっとと辞表を出せ!」と怒鳴る海音寺に「辞めりゃいいんでしょ」とタンカを切ってしまう。
大八木秘書官(清水昭博)も沢村の自殺に疑問を禁じえない。秘書官たちと対立しながらも自身満々な態度を崩さなかった沢村が、仮に盗聴器の事件を認めたにしても自殺などするはずがない。が、そんな大八木に加賀谷は「いいじゃありませんか。我々の願いがかなった」と密かにほくそ笑む。
沢村の一件が自殺で落ち着こうとしていた矢先、前法務大臣の瀬戸内(津川雅彦)が沢村を殺したと自首してきた。が、動機など取調べにも何一つ答えようとしない。そんな取調室に右京(水谷豊)が突然やってきた。
「どうにもあなたと殺人が結びつきません」。
はたして沢村は本当に自殺だったのか。そして自首してきた瀬戸内の真意とは?さまざまな思惑を秘めた事件に、右京と薫のコンビが動き始める。

ネタバレあり

  • 亀山が麹町東署刑事課へ異動となる。
  • 首相官邸で盗聴器が見つかる(首相執務室、首相秘書官室、官房長官執務室、官房長官秘書官室、官房副長官室、給湯室に仕掛けられていた)。首相秘書官の加賀谷(警察庁出向)、大八木(外務省出向)らは対立している首相補佐官の沢村を疑うが、沢村は「仮に私が盗聴器を仕掛けた下手人だったとしたらあなた方の秘密を握っている可能性があり報復は覚悟した方がいい、逆に私が無実だったとしたら証拠もなく私を犯人扱いしたあなた方は無傷でいられない、いずれにしても輝かしい未来がふいになる」と言って立ち去る。
  • 代議士の片山雛子に付きまとって機密費について調べていた鹿手袋(元帝都新聞政治部記者で現在は「特殊情報」飯の種にしている一種のタカリ)が関西弁の男に刺される。
  • 沢村が死亡。第一発見者の朱雀(官房長官)とSPによると、自殺をほのめかす電話がかかってきて事務所に向かったら死んでいたという。
  • 鹿手袋に会いに行った美和子が鹿手袋に電話をすると、事件を担当している亀山が美和子からの電話と気付いて代わりに出る。美和子は病院へ行き、鹿手袋と付き合っていることを亀山に話す。
  • 沢村は自殺と発表されたが、前法務大臣の瀬戸内が「自分が殺した」と自首。
  • 右京が瀬戸内に話を聞くと、瀬戸内は動機や殺害の手口については話さず、右京は「新聞報道以上のことは知らないが自殺ではないと思っているのだろう」と瀬戸内の思惑を推理。
  • 亀山が鹿手袋に話を聞くと、「以前関西にいた時に手を出した女にたちの悪い男がくっついていて脅迫もされていた」と説明。また、沢村が死んだと知って「官邸に盗聴器が仕掛けられていたと思う、だまされたと思って調べたらどうか」と情報提供。
  • 朱雀は機密費から金を出して沢村に辞めるよう言ったが、沢村が「金は要らない、それよりも加賀谷らを黙らせてくれ、私はあなたが私のために動いてくれるスイッチを握っている」などと言ったことを回想。
  • 亀山が特命係に行き、右京に「官邸に盗聴器が仕掛けられていた」と情報提供。
  • 小野田と雛子が瀬戸内に会い、瀬戸内は自首はうそと認めるが「友人が死んだ、自殺じゃないのに自殺にされた、小野田に頼んで捜査を依頼することはできたがそれだと非公式なものになる、俺が殺したと言えば公式な再捜査になってきちんと捜査される」と意図を説明。
  • 小野田と雛子が帰り際、右京と遭遇。右京にも瀬戸内の自首はうそと教える。
  • 伊丹らが沢村の事務所を調べているところに右京が合流。米沢によると喉にはかきむしった跡はなく「覚悟の自殺」の可能性もあるが、「単独での犯行は難しいが1人が体を押さえつけてもう1人が首を絞めた」という可能性もあるという。なのに自殺と断定されたのは朱雀に自殺をほのめかす電話がかかってきたことと、部屋が密室状態にあったことからだろう、とのこと。
  • 右京は小野田に頼んで朱雀とのアポを取って会う。右京は話をする前に盗聴器がないかのチェックを行う。右京は「自殺の予告電話をするのは通常SOSで本当は死にたくないことが多いのに鍵を閉めていたのは疑問」と指摘。
  • 朱雀から小野田に「お叱りの電話」が入り、瀬戸内の自首がうそということも朱雀は知っていたということを小野田は右京に連絡。右京が雛子に聞くと、雛子は「朱雀に恫喝されて教えてしまった」と認める。
  • 雛子は「簡単な引き算で情報源がバレる、もう少し配慮してください」と朱雀に怒る。
  • 自首はうそということで瀬戸内は釈放となり、捜査も終了。また、小野田も降格で教養課に異動となる。

第2話 「双頭の悪魔II~堕天使」に続く。

スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 亀山が特命係からいなくなって、角田が「足掛け7年~」って言ってたけど、初回の設定は1999年でしょ? どうして「足掛け7年」になっちゃうの?
  • 片山雛子初登場で、「片山擁一(雛子の父)は5年前に死んだ」ってことを誰かが言ってたけど、劇場版では設定変わっちゃったの? 劇場版では2003年に外務大臣やってるのに。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
木村佳乃:片山雛子
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
岸部一徳:小野田公顕
本田博太郎:朱雀武比古(内閣官房長官)
佐戸井けん太:加賀谷秀之(首相秘書官)
春田純一:沢村久重(首相補佐官)
清水昭博:大八木邦生(首相秘書官)
中村方隆:小松原(片山雛子の秘書)
石橋祐:照山(帝都新聞)
渡辺杉枝
山口剛:
井上浩:首相秘書官
岡村洋一
岡崎宏:首相秘書官
津村和幸:SP
西村雅彦:鹿手袋啓介
志水正義:大木長十郎
鳴海剛:SP
寺岡勝則
久保田龍吉:小松真琴
宮崎稲穂:官邸の盗聴器を調べた捜査員
研丘光男
岩田純
桝谷裕
木阪佳史
大湯みほ:
辻佑実子:
高橋槙子:
竹中直人:海音寺菊生(麹町東署刑事課課長)
津川雅彦:瀬戸内米蔵

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...

コメント

タイトルとURLをコピーしました