相棒3 第18話 「大統領の陰謀」

放送日:2005年3月16日

第18話
スポンサーリンク

あらすじ

公式

死んだはずの浅倉が殺人!?
平成の切り裂きジャックが再び・・・!
信じがたい事件に右京と薫が捜査に乗り出す!

 バスの中、前の席には死んだはずの浅倉(生瀬勝久)が座っている。
「俺は……殺していない。今度はちがう」。
 薫(寺脇康文)にそう告げる浅倉は、そのまま立ち上がって去っていき・・・。
 ある早朝、薫は不穏な夢で目を覚ました。殺人鬼と言われた浅倉が死んでもうすぐ1年。薫は美和子(鈴木砂羽)と墓参りへ行く約束をする。
 トランク詰めの女性の遺体が発見され、容疑者として浅倉が浮上した。検察庁の検事でありながら売春婦ばかりを狙う連続殺人鬼として“平成の切り裂きジャック”と怖れられた浅倉。逮捕後、死刑が確定していたが、拘置所から脱走。その後、記憶を失いホームレスとなっていたところを逮捕されるが、当時の次長検事の指示で拘置所内で殺害されていた。

 その浅倉が今回の被害者・静香(七森美江)を殺害したと思われるのは、最初の逮捕から脱走したあと。静香が行方不明になったころ、深夜キャスター付きのトランクを引いていく姿が複数の人間に目撃されている。
 所轄の調べでは静香はクラブを経営。それ以前には高級コールクラブに所属していたらしい。確かに状況証拠だけを見れば、娼婦連続殺人事件を起こしたことのある浅倉が犯人である可能性が高い。しかし、当時浅倉は記憶喪失だったはず。そのころの浅倉は自分の犯した罪を心から悔いていたはずだ。そんな浅倉を知る薫には、とても浅倉が犯人とは思えない。そう右京(水谷豊)に訴えた薫は、2人で事件を調べることに・・・。

 捜査一課の芹沢(山中たかシ)から資料を受け取った右京らは、ホームレスだった浅倉が暮らしていた河川敷へ。そこでは大統領と呼ばれる間島(きたろう)を中心に一種のコミュニティが形成されていた。ホームレス仲間で仕事をして蓄えた賃金を薬代や食費にあて、あとは自由に暮らす。浅倉もそんな彼らが言うところの“自由共和国の国民”だったのか、と思いきや、彼は仲間に入ろうとしなかったという。右京はふと目に入った「グラウンド建設断固反対」という看板について質問を。平本市長(新藤栄作)がホームレスの追い出しを目的の一つとして掲げた選挙公約だったらしいが、なぜか1年前から立ち退きの勧告が来なくなったという。
 目撃者の証言から浅倉は河川敷近くの豪華ホテルからトランクを引いていたらしい。右京らはホテルに静香が宿泊していたか確認するが、そんな記録はないという。ただ当時は平本市長主催のパーティーが行われていた。コック長の話では、その日も大統領こと間島も残飯を引き取りに来ていたはずだという。

 美和子の取材に付き添うという形で右京と薫は平本市長に接触。平本の妻・昌恵(藤吉久美子)の父は国会議員。養子に入った平本の目標は近く国会議員として出馬することだった。そんな平本への取材をしようとすると、なんと右京と薫は警察手帳を取り出して身分をばらしてしまう。怒った平本は3人を追い出すと、新聞社と警察に抗議する。
 殺された静香の生前の生活が派手だったことがわかった。どうやら愛人がいたという噂も。さらに浅倉の遺品からホテル名が印刷された便箋に書かれた地図を発見する。まるでトランクを運ぶための指示書のようだ。どうやら浅倉は何者かに頼まれてトランクを運んだ可能性が高い。

 そんな折り、大統領が土手の階段から転落して死亡した。警察は事故で片付けたらしいが、右京は彼が大切に首から下げていた大事にしているという袋がないことに気づく。他殺の疑いを強くした右京は、“国務長官”の藤(綾田俊樹)に浅倉は国民ではなかったのか、と改めて質問をすると、藤はそれを認めたうえ、意外な事実を明らかにする。

ネタバレあり

  • 亀山の夢に浅倉が現れ「俺は殺してない、今度は違う」と言う。
  • 造成地から死後1年ほど経過した女(桜木静香)の遺体が発見され、遺体の入っていたトランクから浅倉の指紋が検出される。静香が行方不明になった時期にトランクを運ぶ浅倉の姿も複数の人に目撃され、捜査本部は浅倉が殺したと考える。
  • 亀山は「記憶を失っていたあいつには人は殺せない」と言うが右京は「その女性を殺した後に記憶を失ったとしたらどうか、いずれにしても調べなければ」と捜査に着手。
  • 芹沢から捜査資料をもらい、浅倉が暮らしていた河川敷の「自由共和国」に行って話を聞くが、大統領は「誰も口を利いたことがない、私の印象は何を考えているかわからない男」と答える。また、大統領が首から下げているものについて聞くと「わが身を守りわが共和国を守るお守り」だという。
  • 浅倉の目撃証言を確認し、出発地点は田所グランドホテルと推理。確認すると、事件当日は市長のパーティーはあったが静香の宿泊は確認されず。厨房に行くと大統領には残飯を引き取ってもらっており市長のパーティーがあった日にも来ていたという。
  • 右京は市長が公約である河川敷の開発をやめたのが気になり、美和子に頼んで取材という名目で市長の平本と秘書で妻の昌恵に話を聞く。平本が「取りやめたのではなく延期しただけ、慎重に調査をする必要がある」と答えると、右京と亀山は大統領やホームレスについて聞きつつ身分を明かし、平本は激昂し取材は打ち切り。
  • 静香が出していた店で話を聞くと、静香には愛人がいたのではないかという。
  • 亀山が持っていた浅倉の遺品を調べると、田所グランドホテルの紙に書かれた地図(ホテルから死体遺棄現場までのもの)を発見し、浅倉は誰かに頼まれて運んだという思いを強くする。
  • 大統領に話を聞きに行くと、大統領は朝死んでいるのが見つかったという。しかし「お守り」がなくなっており右京は誰かに殺されて奪われたと推理。国務長官に「浅倉は本当に共和国の国民ではなかったのか、浅倉は中身が死体とは知らずにトランクを運ぶのを仕事として請け負ったのではないか」と聞くと、「彼はここでは法務大臣と呼ばれていた、浅倉がここに来た時には記憶を失っていた、ここには自分以外に浅倉のことを知っている人がおらず大統領にだけは本当のことを話して国民にするよう頼んだ、トランクを運んだのは仕事だが頼んだのは大統領」という。右京は「開発の中止を条件に仕事を請け負ったというのはどうだろう、大統領に頼んだのは開発を中止できる人間」と言い、亀山は市長の平本に疑いの目を向けるが前日は札幌に行っており大統領を殺すのは不可能と判明。
  • 右京は地図を書いた紙を見て何か気付く。
  • 平本と昌恵に会い、右京は「桜木静香を殺した犯人がわかった、その犯人は大統領も殺害した、それは奥さん」と指摘し、「桜木静香を殺害した」と書かれた昌恵の署名入りの念書を見せる。平本にもどういうことか問われ、昌恵は「あなたの女癖のせい」とパーティーの日に静香を呼び出して平本と別れるよう迫ったが「どうしても別れろと言うなら公表する」と断られて殺し、死体の処理に困っていたところで大統領に会ったため開発中止の約束をして念書を書き、大統領に頼んだと認める(その念書が大統領の「お守り」だったが、念書を書いた同じ便箋に地図を書いて浅倉に渡したため、メモに筆圧で念書が残っていた)。そして、静香の遺体が見つかったことで捜査の手が及び、昌恵は大統領を殺した。
  • 亀山と美和子は霊園に向かう途中で歩道橋に浅倉の姿を見つける。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山西惇:角田六郎
山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
藤吉久美子:平本昌恵
新藤栄作:平本修治(埼玉県田所市の市長)
綾田俊樹:藤巌雄元(元大蔵官僚、自由共和国の国務長官)
七森美江:桜木静香(白骨死体で発見)
小田豊:桜木静香の知り合い?
松本公成:埼玉県警の管理官
湯沢勉:タクシー運転手(浅倉を目撃した人)
竹之内啓喜:ホテルの料理人
中田敦夫:埼玉県警の刑事
志水正義:大木長十郎
緒口幸信:ホテルの支配人
松下哲:埼玉県警の刑事
久保田龍吉:小松真琴
千田敦子:
依田真一
菊地東陽:
川嵜美佳:ニュースを読むアナウンサー
小田崎諒平:
韓由美:
きたろう:間島謙作(大統領)
生瀬勝久:浅倉禄郎

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン3)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン3出演分です。 第1話、第2話、第3話「双頭の悪魔」 研丘光男・所轄の刑事(相棒1 第7話)・東京拘置所受付(相棒2 第21話)・?(相棒3 第1話)・ホテル...
スポンサーリンク

ロケ地

JEANS MATE 川口店:聞き込みをした店
立川グランドホテル:田所グランドホテル
藤沢市役所:田所市役所
光が丘駅近くの道:バスで通った道
東映東京撮影所(Gスタジオ 会議室、スタジオ21と技術館の間):捜査本部、大統領が浅倉にトランクを運ぶよう命じた場所
新荒川大橋:橋(「田所市」とキャプションの出たシーン)
川口駅:聞き込みをした駅
壽ビル(新宿):クラブ シレーヌの入っているビル
川崎マリエン[HP]:警視庁 刑事部長室

コメント

タイトルとURLをコピーしました