相棒20 第10話 「紅茶のおいしい喫茶店」

放送日:2021年12月22日

第10話「紅茶のおいしい喫茶店」2021年12月22日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2021年12月22日(水) よる9:00~9:54放送、第10話「紅茶のおいしい喫茶店」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

右京が亘と一緒にカフェをオープン!?
張り込み捜査が思わぬ事態を招く!

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、角田(山西惇)からの頼みで、張り込みを手伝うことに。捜査対象は、仮想通貨の儲け話を持ち掛けるロマンス詐欺のグループ。だまし取った金の保管場所とみられる家具店を見張ることになった右京と亘は、怪しまれずに張り込むため、目の前の喫茶店に目をつける。2人は、オーナーの真鍋(酒井敏也)に事情を話し、店番をする代わりに、捜査への協力を持ち掛ける。真鍋の承諾を得て、さっそく接客を担当することになった右京は、瑞枝(麻丘めぐみ)という紅茶好きの女性と知り合い意気投合。うんちくを傾け合うが、右京は瑞枝がふと寂しげな表情を見せたこと気づく。そんな中、問題の家具店に出入りしていた男女が、喫茶店にやってくる。亘は、店を出た2人の尾行を試みるが、タイミング悪くクレーム客に捕まり、見失ってしまう。その後、特命係に戻った右京に、思わぬ情報がもたらされる。亘が取り逃がしてしまった男が、転落死体で見つかったという。

詐欺グループのメンバーが謎の転落死
亘のミスが仲間割れ殺人の引き金に!?
二転三転する事件が、特命係を翻弄する!

ゲスト:麻丘めぐみ 酒井敏也

ネタバレあり

  • 右京と冠城は、角田からの頼みで詐欺のグループ(架空の仮想通貨の儲け話を持ち掛けるもの)の張り込みを手伝うことになり、怪しまれずに張り込むため、目の前の喫茶店のオーナーの真鍋に頼み、店員として働きつつ見張ることとなる。
  • 右京が喫茶店の常連の大杉瑞枝と仲良く話をしていると向かいの倉庫に男女が出入りし、喫茶店にもやってくる。男女が店を出る際にほぼ同時に瑞枝も店を出る。冠城は尾行をしようとするが他の客のクレームで足止めされて見失う。
  • 「顔認証」と指紋で男女の身元が判明(男は鷲尾、女は赤堀)。また、カップに残った鷲尾のDNAは以前の詐欺の犯人のものと一致。しかし鷲尾は転落死しているのが見つかる。防犯カメラの映像から現場となったビルのレストランを出る際に鷲尾は赤堀に支えられていたことが確認される。
  • (なぜか警察が倉庫に入って)倉庫に金がないことが判明。
  • 右京は過去の詐欺被害者に大杉隆也という名前を発見。また、冠城が現場近くの防犯カメラの映像から瑞枝が鷲尾らを尾行している姿を見つける。
  • 瑞枝は隆也(瑞枝の夫で詐欺被害を受け自殺)が自殺した場所で死のうとするが、右京と冠城が止める。話を聞くと、「詐欺の犯人(鷲尾)の顔は覚えていたが半年前偶然見掛け倉庫から車で走り去るのを見た、次は殺そうと喫茶店で見張っていたら来たので尾行した、レストランから出てきたところを襲おうと思っていたが女と非常階段へ行き女だけ戻ってきたので見に行ったら背を向けて座っていたので思い切り突き飛ばした」と認める。
  • 右京は「階段から転落して頭を強打した割には出血量が少なく生活反応がなかったのではないか」と考えていたが、鷲尾の遺体からテトロドトキシンが検出され、「鷲尾は瑞枝が突き飛ばす前にすでに死亡していた、毒を飲ませたのは赤堀」と推理。
  • 赤堀の遺体が見つかる。「鷲尾と分け前を巡ってもめて殺した、逃げ切れないので自殺する、金は東京湾に捨てた」という遺書も見つかったが、右京は「遺書の内容も張り込みしているところへ都合よく鷲尾と赤堀が現れたのも鷲尾がコーヒーを飲んだのも尾行をしようとした冠城が邪魔されたのも偶然その場にいた瑞枝が2人の尾行にあっさり成功して鷲尾を突き落としたのも瑞枝が犯人ではないとわかって赤堀が自殺したのも真犯人によって仕組まれていた」と指摘。
  • 真鍋と会い、真鍋が書いた同意書と32年前の詐欺の契約書の字で筆跡鑑定を行い同一人物と判明したことと右京がブレンドしたのと同じ茶葉が赤堀の胃の中から見つかったことを告げると真鍋は「30年以上人をだましてきたけど自分以上に頭が回る火とたちに初めて会った」と認める。
  • 瑞枝は執行猶予となり、右京と「お茶飲み友達」となる。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「唯一の手掛かりはストローから採取されたDNA」って、鷲尾から渡された紙やストローに指紋は残ってなかったの? 後で鷲尾の指紋は採取されてるけど、鷲尾は多田野と会った際は指紋は残さないように細心の注意を払ったけどDNAには無頓着だったってこと? でも、喫茶店の店員に探りを入れるよう言われたと思われるのにその時はDNAだけじゃなく指紋にも無頓着だったの?
  • 倉庫に来た鷲尾たちを尾行するのはいいけど、冠城は店で顔を見られている可能性が高いのに、エプロンに蝶ネクタイのまま尾行するつもりだったの? 1月の寒空にジャケットもコートもなしで? 本当に尾行する気なら会計を済ませる前に外で待機しとくべきだったと思うし、抗議した男が仕込みだったとして、それで尾行を防げるとは普通考えられないんだけど。倉庫に現れただけじゃなくしばらく店内にいたわけで応援を呼ぶ可能性もあったのに。で、鷲尾たちがもうタクシーに乗った段階で瑞枝は金を払ってるけど、そのタイミングで瑞枝は間に合ったの? どうやったら間に合うの?
  • 鷲尾たちは車で来たのに、どうしてタクシーに乗って去ったの? 車残したままで。そもそも、以前は運転手がいたのに、今回は鷲尾が運転していた? 交渉役なのに運転手も兼ねるようになったの?
  • 「倉庫から金が消えた」「倉庫の金が全て持ち去られているらしい」と言えるのは「もともとその倉庫に金が存在していた」場合なんだけど、今回は8カ所のうちどこに金があるか把握していなかったのにどうして「金が消えた(持ち去られた)」と言えるの? いつあの倉庫に金があると確認したの? その前に、なぜ警察が倉庫に入ってるの? 何か物音でもして捜査員が気付いたの? 近所の人が気付いて通報でもした? それでも所有者がいないのに勝手に入っていいものなの? それと、鍵はどうしたの?
  • 「この手で殺したい」というのはいいんだけど、若い男を殺すための準備ってしてあったの?
  • 右京は「あなたは32年前から詐欺を行っていた、鷲尾琢磨や赤堀絵里が生まれるずっと前から」って言ったけど、鷲尾は32歳でしょ? 「鷲尾が生まれるずっと前から」って言えるの? おそらく他の件でやっているんだろうけど、判明しているのは32年前のだけなのに「ずっと前から」って言っちゃっていいの? ※鷲尾は平成元年5月か6月生まれで大杉の契約書は平成2年11月。少なくとも大杉をだました時には鷲尾は生まれている。
  • 喫茶店で監視していても「何か事が起きる」のを止めるのは難しくて、「何か事が起きた場合にすぐ対処できるように」喫茶店から監視していたんじゃないの?
  • 鷲尾のDNAについて、なぜ警察が欲しがっていると真鍋が知っているという前提で話をしているの? 捜査情報だけど、張り込みを頼む際にそこまで説明しちゃったということ? そうでもなければ「鷲尾のDNA」なんて意味ないと思うんだけど。
  • 鷲尾が殺されたのが1月10日。それを瑞枝が死のうとしたのを止めた際に右京は「あの日」と言った。その翌日以降に赤堀の遺体が発見されて右京の茶葉が押収されたのが1月12日。ということは、右京は前日のことを「あの日」と言ったということ? それとも、事前に品田(?)ふ頭で見つかることや自分の紅茶が使われることも予期して証拠として提出していたということ?
  • 瑞枝は執行猶予ですか。ということはもう裁判も終わったわけで数カ月後という可能性もあるんだけど(コートは着ておらず冬は終わっていると思われる)、冠城はシーズン20で卒業するわけで、それとどちらが早いのか? 今回の事件発生は1月10日だから2カ月ぐらいで裁判終わらなきゃいけないけど、送検、起訴、それから複数回の裁判。2カ月で終わるの? あと、「まだ執行猶予中の身」って言ってるということは、判決直後でもなさそうだし。まあ、冠城がどういう形で卒業するかにもよるか。神戸みたいなパターンだったら特命係じゃなくなってても会うのは問題ないわけで。
  • 公式のあらすじに「だまし取った金の保管場所とみられる家具店を見張ることになった右京と亘」ってあるけど、あの倉庫って家具店だったの? 家具店の倉庫、ということ?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
田中隆三:益子桑栄
篠原ゆき子:出雲麗音
麻丘めぐみ:大杉瑞枝
酒井敏也:真鍋弘明(紅茶喫茶 Tea Tea Teaマスター、詐欺グループのリーダー)
松田航輝:鷲尾琢磨(詐欺グループの一味)
水田萌木:赤堀絵里(詐欺グループの一味)
相川裕滋:多田野(詐欺の被害者)
原田文明:大杉隆也(瑞枝の夫、詐欺の被害を受けて自殺)
高久慶太郎(刑事)
古賀清:喫茶店で髪の毛が入っていると抗議した客
榎本奈里子:さやか(多田野とマッチングアプリでやりとりしていた女)
河合寛之:

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...

ロケ地

coffee shop Simon(南鳩ヶ谷):紅茶喫茶 Tea Tea Tea(張り込みをした店)
株式会社 日東(南鳩ヶ谷):喫茶店の向かいの倉庫
日比谷松本楼:最後に瑞枝と紅茶を飲んだ店
純喫茶 珈琲西武 西新宿店:多田野が「さやかの夫」と会った店
ムサシノバル 大泉学園店:さやかがワインの写真を撮った店
東映東京撮影所(中倉庫前、No.3ステージ裏):角田が張り込みをしていた場所(中倉庫の影から南倉庫を見ている)、倉庫(真鍋が脚立に乗って侵入しようとしているところ)
リヴィンオズ大泉店:しおかぜビル(レストラン街)
オズスタジオシティ(非常階段):しおかぜビル(鷲尾が死んだ非常階段)
西新宿の路上(牛角西新宿店の前):鷲尾たちを尾行している瑞枝が映っていた場所
旧岩淵水門:瑞枝が自殺しようとした場所
大泉学園駅前:瑞枝が鷲尾を偶然見掛けた場所
辰巳の森海浜公園近く:赤堀絵里の遺体が見つかった場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました