相棒20 第20話 「冠城亘最後の事件―特命係との別離」

放送日:2022年3月23日

最終回スペシャル 第20話「冠城亘最後の事件―特命係との別離」2022年3月23日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2022年3月23日(水) よる9:00~10:04放送、最終回スペシャル 第20話「冠城亘最後の事件―特命係との別離」

第19話 「冠城亘最後の事件―仇敵」からの続き。

スポンサーリンク

あらすじ

公式

告発動画で事態はますますカオスに
暗殺計画の裏に隠された真実とは!?

京匡平(本宮泰風)が投稿した、虚実を混ぜ込んだ告発動画によって、王隠堂家を監視していた伊丹(川原和久)たち捜査一課の行動が問題に。さらに、片山雛子(木村佳乃)と議席争っている鑓鞍兵衛(柄本明)も打撃必至の状況となる。いっぽう、怪文書により“パパ活”の疑惑を掛けられた亘(反町隆史)は、何か事情があると踏んだ右京(水谷豊)の追及で観念し、騒動の収拾に動き出す。そんな中、京と王隠堂鷹春(勝野洋)が鑓鞍の襲撃を目論んでいる件について、一計を案じた右京は、捜査一課を巻き込み、意外な方法で美馬 (酒井美紀)たちが暮らす王隠堂家に接近する。ところが、その矢先、右京が危機的状況に見舞われ、事態はますます混沌。警視庁警備部の津崎真茅 (野波麻帆)は、鑓鞍の警護を厳重にせざるをえなくなる。同じ頃、一連の騒動の火の粉は、青木(浅利陽介)や美彌子(仲間由紀恵)にも降りかかっていた。

複雑に絡み合う関係者たちの思い
そして、試される相棒としての絆…
冠城亘最後の事件が、予想外の結末を迎える!

ゲスト:酒井美紀 柄本明 木村佳乃 野波麻帆 本宮泰風 勝野洋

ネタバレあり

  • 冠城とマリアは「卒業と入学のお祝いのお礼にマリアから電話した、美彌子の母親は『冠城は美彌子の部下だった人だし安心だから』と美彌子には黙っていた」と美彌子に説明。
  • 右京と冠城は「京を警護」という名目で王隠堂家に行って門の外で張り込み。
  • 稲羽(公安調査庁)は神長(記者)に接触してマリアの情報を渡す。
  • 王隠堂家から警視庁に抗議が行き伊丹らが「連れ戻す」という名目で張り込みに加勢。美馬は「警護」に理解を示し食事を差し入れる。
  • 右京はトイレを借りた際に勝手に家の中を調べる(京が動画を撮影した部屋を探すが京が使っている部屋でも鷹児の部屋でもない)。
  • 神長がマリアに接触。それを知った美彌子はマリアをホテルに避難させて相手が神長と確認。
  • 美馬がまた食事を差し入れる。食べようとしたところでマリアから冠城に「ママンが大噴火している」と連絡が入り、冠城は青木に「神長のことを内調が探っていないか探ってくれ」と依頼。電話を終えて冠城が車に戻ると、右京らは寝ており家に入ると美馬も眠っていた。冠城は鑓鞍に「眠らされている間に京と鷹春が姿を消した」と連絡。
  • 右京は美馬から動画を撮影した場所を聞くと鷹春の部屋とのことで、見に行くとカーペットの上にじゅうたんが敷かれていることに気付く。
  • 青木から「内調は神長のことを調べまくっている」と連絡を受け、冠城が美彌子の元へ行くと、美彌子は土師の協力でバックドアを仕込んで青木のパソコンを乗っ取っており、「パパ活疑惑」のチラシを作ったのは青木とわかったと伝える(もともとは青木がちょくちょく内調のシステムに侵入しているようなので懲らしめようと思ってやった)。冠城は「俺も内調をのぞいてくれと頼んだ、だからお詫び申し上げる、だから冷静に、(神長に関して)国家権力が一般市民をひねりつぶすまねしたら終わり、それこそ彼女に顔向けできなくなる」と説得。
  • 衣笠が青木を呼び出して「おかげで社美彌子に頭を下げる羽目になった、おまえの尻拭いはもううんざりだ」と言い放つと「だったらクビにしてください、でもその途端警察の不都合な真実が全世界に知れ渡るようになってる」と言い残して出ていく、
  • 右京と冠城が王隠堂家に行くと美馬もおらずもぬけの殻。そこへ伊丹から「ふるとみ総合会館(公開討論会の行われる場所)に京と鷹春が現れた」と連絡があり、「黒幕は美馬」と伝える。津崎にも「美馬が計画をコントロールしていて京と鷹春はおとりかも、美馬が現れたら要注意」と連絡したが津崎は鑓鞍には美馬のことは伝えず。
  • 美馬、鷹春、京は会場におり、それぞれ回想(美馬が「仇討ち」をする計画で、鷹春が美馬をたたいたのも演技)。
  • 津崎は美馬に拳銃を渡しつつ「あなたが黒幕とバレたみたい、でも鑓鞍には伝えてないから安心して」と鑓鞍の居場所も教え、美馬は「京は父と一緒にロビーの北側にいる」と教える。
  • 津崎は「京を諦めさせるまでは私の警護は終わらない」と直訴して鑓鞍のSPに戻ったことを思い出す。
  • 美馬が鑓鞍の控え室に行くと、鑓鞍はおらず代わりに冠城が待ち構えていた。
  • 津崎は刀を手に京を襲おうとするが右京が立ちはだかり、芹沢と出雲も現れ津崎を取り押さえる。右京は「バーター取引、美馬に鑓鞍を仕留めさせる代わりに彼女(津崎)があなた(京)を」と説明。
  • 鷹春はガラケーを愛用しているし京は8年間服役していたからあんな器用にネットを利用できるとも思えず単純な引き算で美馬の采配と考えた、「黒幕は美馬」と津崎が共有しているか片山雛子に頼んで確認してもらったら共有していなかったことから美馬と津崎がつながっているとわかったのだった。
  • 津崎は「仇討ち、私のおなかから生まれるはずだった子どもたちの敵、あいつが私の体を子どもの産めない体にした」と叫ぶが連行される。
  • 美馬は自殺しようとするも冠城ともみ合う際に1発撃ち、冠城の手が離れたので自分の頭を撃ち抜こうとするが弾は1発しか入っておらず自殺できず。
  • 右京が鷹春に「鷹児は自殺だったのではないか」と聞くと、鷹春は鷹児の遺書を燃やしたことを思い出しつつ「鷹児は鑓鞍に殺された」と返す。
  • 右京「推論だが鷹児は自殺」と伝えると鑓鞍は「ちょいとお灸を据えたつもりだった、1回落選して頭冷やして戻ってくるのがやつのためと。やっぱり自殺か」と涙を拭く。
  • 投開票が行われ、片山雛子当選。
  • 冠城が美彌子に「青木は性格ひねくれてるけど手元に置けば役に立つ」と推薦し、青木は内閣情報調査室にスカウトされる。青木がそれを「余計なおせっかいをするな」と言いつつ移ることになったと言うと、冠城は「じゃあおまえと俺はライバル関係」と警視庁を辞めて公安調査庁に移ると宣言(日下部から「公安調査庁の存在意義を真剣に問い直す必要がある、改革のための強烈なインパクトが欲しい」と誘われて)。
  • 右京は「僕はこれまで去る者は追わず来る者は拒まずでやってきたが君が特命係を去ることをできれば拒みたい」と言うが冠城は「最高のはなむけの言葉、長い間お世話になりました」と断る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 反町さん、長い間お疲れさまでした。犯罪者として捕まって終わりという展開じゃなくてよかったです(捕まってないだけでいろいろやらかしてはいるけど)。でも、番組スポンサーが読まれる時に「冠城が特命係を去ると決まった後の会話」っぽいシーンが流れ、美馬に銃を突き付けられても殉職はないんだろうなと思わせてしまったのが残念ですね。
  • 出演者、スタッフの皆さんも1年お疲れさまでした。
  • 「冠城亘、最後の事件は因縁キャラが勢ぞろい」とかいう記事を見た気がするのだけど、いやいや、出てない人がいるでしょ。記事の中には「亘とも深い因縁のあるキャラクターが登場」とはあるけど「勢ぞろい」とはないので、記事を書いたのとは別の人が勝手に見出しを書いたのでしょうか。誰が書いたにせよ、こんな見出し詐欺はやめていただきたい。
  • 自殺なら「鑓鞍に殺された」と考えてよさそうなものだけど、鷹春はそうじゃないの? 美馬と京は本当に鑓鞍が殺した(誰かに殺させた)と思っての行動なの? よくわからん。
  • 津崎の「仇討ち」も……。「子どもを産めない体」にされて相手を殺そうと思うくらいなら最初から警察官、それもSPになるべきではなかったのだろうな、としか。「そういう覚悟はしてたつもりだけどいざそうなったら違う感情が芽生えた」ということもあるだろうけど。
  • Wifiがあったのなら、「ネット回線がある部屋」以外でも使えるでしょ? 「京は8年刑務所にいたことを考えるとパソコンを使いこなせるとは考えづらい」というのもどうなの? 刑務所に入る前は使いこなせていたとしても8年間使っていなかったはずだから今は使いこなせないだろうということ? それこそ「予断」では? 「ガラケー」を愛用してたらパソコンに疎いことになるの? これはちょっと穴が大きすぎでは。 あと、京が服役していたのは7年じゃないの?
  • 相棒15 第11話 「アンタッチャブル」での衣笠の経歴によると1993年4月 警察庁交通局交通規制課理事官、1995年4月 国家公安委員会委員長秘書官なんだけど、平成7年(1995年)に衣笠は制服を着て青木の父親(と思しき人物)と一緒に写真を撮る機会があったの? 「警視庁」と入った制服を?
  • 呼び鈴を鳴らしても出ないからって入っていいの? 睡眠薬で眠らされたのは「安否の確認」と犯人はおのずと限られるわけで家に入るのはわかるんだけど、鍵が開いてるからって「おやおや」で入っていいのなら警察は苦労しないでしょ。
  • 「公開討論会」って平日の昼にやるものなの? そもそも選挙期間中に候補者を集めて「公開討論会」なるものをやっていいの?
  • 結局マリアの件は片付いてない気がするんだけど。「冠城が公安調査庁に移るならマリアのことはつつかない」という取引でもあったと考えた方がしっくり来る。
  • もしかして青木も「卒業」なの?
  • やっぱり寂しさが込み上げる。卒業などなくても最終回はいつもそうだけど。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男/青木綱一郎(青木年男の父親? 写真のみ)
神保悟志:大河内春樹
田中隆三:益子桑栄
篠原ゆき子:出雲麗音
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
酒井美紀:王隠堂美馬(鷹春の娘、鷹児の妹)
野波麻帆:津崎真茅(警視庁警備部警護課警護第二係 班長)
勝野洋:王隠堂鷹春(鷹児の父)
本宮泰風:京匡平(王隠堂家の書生だったが鷹児は鑓鞍のせいで死んだと思って8年前に鑓鞍を襲撃した)
平塚真介:神長敏(週刊自由画報 記者)
柿本光太郎:湯本律郎(警視庁警備部警護課警護第二係)
黒澤優介:林秀善(鶴ケ谷交番、警察官)
土方エミリ:社マリア(美彌子の娘)
青戸昭憲:王隠堂鷹児(鑓鞍に公認を外され無所属で選挙に出たが落選しその後転落死)
植木祥平:平賀弓雄(片山雛子の秘書?)
松嶋亮太:土師太(警視庁サイバーセキュリティ対策本部)
原江里菜:右京が目を覚ました時にいた医者
こくぼつよし:稲羽義一(法務省公安調査庁)
関ヒロユキ:芦田保(鶴ケ谷交番、警察官)
三谷侑未:社美彌子の母親
江端英久:鑓鞍の秘書
山崎理彩:選挙速報の司会者
助川嘉隆:鑓鞍の秘書?
木村佳乃:片山雛子
柄本明:鑓鞍兵衛(政治家、国家公安委員長)
榎木孝明:日下部彌彦(法務省事務次官)
杉本哲太:衣笠藤治
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

主な複数回出演者

ロケ地

川崎マリエン(会議室など)[HP]:警視庁(刑事部長室、会議室)、警察庁(峯秋の部屋)
ホテル椿山荘東京:美彌子が取ったホテル
葛飾区山本亭[HP]:王隠堂の家(門のみ?)
公益財団法人遠山記念館[HP]:鑓鞍の家の門
山野美容専門学校[HP]:鑓鞍の選挙事務所
社会福祉法人浴風会[HP]:マリアの学校
大森武蔵野苑:王隠堂の家(門以外?)
コピスみよし[HP]:ふるとみ総合会館(公開討論会の会場)
日比谷サロー[HP]:冠城と日下部が話をした店
TOKYU PLAZA KAMATA(かまたえん)[HP][当ブログの記事]:冠城、マリア、美彌子の3人で会った場所
東映通り:神長の写真(美彌子が持っていたもの)を撮った場所
都庁通り:冠城が車で通った道
南通り:ふるとみ総合会館に向かう途中で右京と冠城が通った道
北通り(新宿):ふるとみ総合会館に向かう途中で右京と冠城が通った道
東映東京撮影所(本館 会議室):右京と冠城が鷹春と話をした部屋
国会前の道:最後に右京と冠城が話をした場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました