相棒20 第12話 「お宝探し」

放送日:2022年1月19日

第12話「お宝探し」2022年1月19日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2022年1月19日(水) よる9:00~9:54放送、第12話「お宝探し」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

元刑事殺害の動機は20兆円の徳川埋蔵金!?
特命係が個人プレイで因縁解明に乗り出す

元刑事の安岡(小宮孝泰)が、自宅で撲殺されているのが発見された。捜査一課は、刑事時代に逆恨みされた可能性も視野に捜査を始める。しかし、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、安岡が埋蔵金探しの動画をサイトに投稿していたことに注目。事件との繋がりを疑う。手掛かりを求めて発掘現場の赤城山を訪れた右京は、安岡の宝探し仲間である新井(山本龍二)と接触。作業を手伝うという名目で周辺を探り始める。いっぽう、東京に残って背後関係を調べていた亘は、気になる情報を掴む。安岡と新井が発掘していた現場は、すでに不動産会社を営む東堂(目黒祐樹)という男が、大金をつぎ込んで探し回った場所だという。さらに、安岡が警備員として働いていたのは、東堂の会社だったことが判明。しかし、東堂に確かめると、「面識はなかった」と語る。不可解な繋がりに疑念を抱いた亘が、さらに調べると、東堂の長男の妻が3年前に行方不明になっていて、その直後に突然、東堂が発掘中止の指示を出していたことが分かる。

埋蔵金ハンターに加わった右京の狙いは?
単独行動の亘が掴んだ情報に謎を解く鍵が
興味本位のお宝探しが意外な事件をあぶり出す!

ゲスト:小宮孝泰 目黒祐樹

ネタバレあり

  • 元刑事の安岡が自宅で撲殺されているのが発見される。右京は安岡が埋蔵金探しの動画をサイトに投稿していたことに注目し、発掘現場の赤城山を訪れて「安岡の元同僚」として埋蔵金探しに加わる。
  • 冠城は東京に残っていた冠城は、青木から「動画の場所はすでに発掘された場所という指摘がある」と教えられ、その指摘をした大学教授に会って話を聞くと、その洞窟は東堂エステートという会社が発掘を行っていたが会長の意向で急に中止になった場所で、安岡も聞きに来たので知っていたという。
  • 冠城が東堂エステートへ行って会長の東堂元信に話を聞くと、発掘をやめたのは役員に会社の金を道楽に使うのはいいかげんやめてくれと言われたからだという。また、安岡は東堂エステートの警備員をしていたが面識はないが、安岡があの場所に目を付けたのは倉庫で発掘プロジェクトの書類を見たからかもしれないという。
  • 右京が赤城山の近くの旅館に泊まる。そこは昼は食事だけでも利用でき、安岡もよく来ていて調理場にも「ごちそうさま」などと言っていたという。
  • 冠城が東堂エステートについて調べると、3年前に元信の息子・憲一の妻の沙耶香が失踪し、安岡がいた世田谷西署に行方不明届が出されていたことが判明。
  • 冠城は「3年前に沙耶香が失踪してその直後に発掘プロジェクトを中止し、安岡が東堂エステートの発掘プロジェクトの書類を3カ月前に読んで今回の発掘を始めた」と右京に伝え、「安岡はただの失踪ではないとにらんでいたのではないか」と推理する。
  • 冠城は世田谷西署で沙耶香の失踪について聞くと、「行方不明者届が出された1週間後に元信が来て『本人から連絡があって男と駆け落ちしたようだから捜さないでほしい』と言われた、安岡は妙だと思って仕事の合間に調べていたようだ」という。また、熊沢(以前沙耶香と付き合っていた男)が同時期に行方不明になっていることも知る。それらを右京に伝え、「熊沢との関係を知って逆上した憲一が沙耶香を殺害して父親の協力を得て遺体を発掘現場に隠したと考えるとうなずける、だがたとえ遺体が出たとしても犯人を特定できる証拠まで見つかる可能性は少ないため安岡はここ掘れワンワンを利用した、埋蔵金探しと称して遺体を捜す動画を配信することで犯人を追い詰めて動かそうとしていたのだろう」と推理する。
  • 冠城が古地図を持ってきて右京と合流。一緒に洞窟に行くが、右京は「遺体どころか以前の発掘の痕跡すら見当たらない、安岡はこの古地図から発掘場所を特定したはずだが」と疑問を抱く。そこで東堂エステートが発掘をした際の写真を見て、地蔵のコケが少ないことから動かされたことに気付く。
  • 右京と冠城は「地蔵を基点に場所を特定したがその地蔵が何者かによって動かされていることが判明した、そこで古地図を調べ直してようやく埋蔵金が眠っている本当の洞窟を発見したが今日はここまでにして明日改めて発掘ライブをする」とライブ配信を行う。
  • 右京と冠城は夜中に洞窟を目指す人物を捕らえる。それは旅館で名前を変えて働いていた東堂沙耶香だった(右京は安岡がここ1カ月食堂に通っていたことが気になり、沙耶香の顔を見て確信していた)。その先の洞窟で熊沢の白骨遺体が見つかる。
  • 沙耶香は熊沢に金を渡して終わらせようとしたが迫られて殺して埋めたと自供。そして死体を埋めるのと名前を変えて赤城山の近くで働けと命じたのは元信と見抜いて右京と冠城は元信に「安岡は『沙耶香は殺されて発掘現場に埋められた』と考えたが殺されたと思っていた沙耶香を見掛けたことで全てを悟ったのだろう、真実を明らかにするよう迫られてあなたが殺した」と問い詰め、事件当夜元信が安岡の家の近くでタクシーを降りていたことを突き付けると元信は「家族が殺人犯になることがどういうことかわかるだろう、全ては家族のため」と殺害を認めつつ言い訳するが、右京は「あなたのような身勝手な人間に家族を語る資格などない、所詮は自分自身の保身のためのたわ言」と一喝。
  • 沙耶香の取り調べで「定年後間もなく奥さんを亡くした安岡は『会いたくても二度と会えないっていうのはつらいものだ』と言っていた、罪を償えばまたいつか家族に会える日も来る、安岡はあなたを家族の元に帰したかったのだと思う」などと語り掛けると、沙耶香は泣き崩れる。
  • ※追記

  • 凶器が相棒16 第17話 「騙し討ち」の花瓶と同じ。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 冒頭で見せた「ここ掘れワンワン」の動画、カメラを固定して3人映り、竹内が持ってたカメラを落とした際にも3人映るのはいいけど、3人が洞窟を眺めているシーンでカメラが切り替わったり角度が変わったりしてるのはどういうこと? その時は撮影でもう1人いたの? いたなら竹内が撮影する必要ないんだけど、どういうこと?
  • マスクをしていてあからさまに怪しかった。わかりやすかったというか。
  • YourLIVEはライブ配信なのに字幕というかテロップというか、話すのと同時に入れられるの? 話す内容や人によって色まで変えて?
  • 「発掘中止と沙耶香さん失踪の日付が一致」って、失踪は1月30日、中止は2月3日じゃないの? それは「一致している」と言えるの? さすがにそれは一致はしていないんじゃないの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
小野了:中園照生
篠原ゆき子:出雲麗音
小宮孝泰:安岡宏(元刑事、定年後は警備会社勤務、埋蔵金ハンター ここ掘れワンワン3号)
目黒祐樹:東堂元信(東堂エステート 会長)
朝見心:東堂沙耶香(憲一の妻、旅館では「高橋明子」として働く)
山本龍二:新井正二(金色庵店主、埋蔵金ハンター ここ掘れワンワン1号、安岡の同窓生)
ぎたろー:竹内秀雄(赤城宝山楼の跡取り息子、埋蔵金ハンター ここ掘れワンワン2号)
小谷真一:村上浩平(世田谷西署 生活安全課)
真山章志:磯部昭夫(日本史学 教授、東堂エステートの発掘を手伝う)
栗山かほり:石田貴代美(赤城宝山楼 従業員)
横山涼:熊沢和也(ホスト、沙耶香が昔付き合っていた男)
麻生絵里子:新井康子(正二の妻)
丸山裕征:東堂憲一(東堂エステート、元信の息子)
家城綾太郎:東堂祐希(憲一と沙耶香の子)
奥村美香:東堂エステート 会長秘書?
桑名悟史:

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...
スポンサーリンク

ロケ地

大谷資料館(大谷石地下採掘場跡):東堂エステートが発掘をしていた場所(熊沢を埋めた場所)
日本大学文理学部:磯部昭夫の大学?
山野美容専門学校(最上階):東堂エステート(会長室)
川崎マリエン(研修室):警視庁 捜査本部
深大寺 多聞:そば処 金色庵
七沢温泉 元湯玉川館:赤城宝山楼
東映東京撮影所(本館 会議室):世田谷西署(会議室)

コメント

タイトルとURLをコピーしました