相棒20 第13話 「死者の結婚」

放送日:2022年1月26日

第13話「死者の結婚」2022年1月26日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2022年1月26日(水) よる9:00~9:54放送、第13話「死者の結婚」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

伊丹の恩師が持ち込んだ不可解な事件
行方不明の少女が13年ぶりに帰宅!?

ある日、伊丹(川原和久)のもとに、所轄時代に世話になった黒瀬という先輩刑事が訪ねてくる。現役時代、似顔絵捜査官だった黒瀬は、現在ボランティアで『冥婚絵』を描いているという。冥婚とは、未婚のまま亡くなった人の遺族が、弔いのため仮想の結婚式をあげる風習のこと。黒瀬は数か月前、多岐川という夫婦からの依頼で、13年前に行方不明になったままの、未来という名の娘の冥婚絵を描いたのだが、最近になって、その絵とそっくりの若い女性が、多岐川家にいるのを見たという。しかし、行方不明だった少女が保護されたという報告はなく、伊丹は取り合わなかったが、興味を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は独自の捜査を開始する。そんな中、引きこもりの男性が刺殺される事件が発生。その現場から、なぜか問題の冥婚絵が見つかる。さらに、右京と亘が多岐川家を訪ねると、確かに絵と似た若い女性が、そこにいた。ただ、それは遥香(山本舞香)という親戚の娘で、未来の従姉妹だという。しかし、調べを進めると、思いも寄らない事実が判明して…!?

結びつく13年前の少女失踪と現代の殺人
解明の鍵は、元刑事が描いた冥婚絵!?
家族への思いが意外な真相をあぶり出す!

ゲスト:山本舞香

ネタバレあり

  • 黒瀬(元似顔絵捜査官、現在はボランティアで「冥婚絵(冥婚というのは亡くなった人を結婚させること、未婚のまま若くして亡くなった人に対して遺族が死後の世界での幸せを願い仮想の結婚を挙げる風習で、冥婚絵はその様子を描写したもの)」を描いている)が伊丹に多岐川未来を保護したという報告はないか聞きに来るが、伊丹はないと答える。そこに右京と冠城がやってきて話を聞くと、「13年前失踪した多岐川未来の事件は現在も未解決で現在も行方がわかっていないが、未来の冥婚絵そっくりの女性を多岐川家で見て気になった」という。
  • 西條雅弘の遺体が発見され、部屋から女の毛髪と未来の冥婚絵が見つかる。
  • 右京と冠城が多岐川家で話を聞くと、未来の冥婚絵そっくりの女性は未来のいとこの遥香で、遊びに来ているのだという。
  • 13年前の事件で多岐川愛子(未来の母親)の証言を基に黒瀬が似顔絵を描いていたことがわかり、黒瀬に話を聞きに行ったら伊丹も来て西條の部屋から冥婚絵(恐らく黒瀬のホームページからプリントアウトしたもの)が見つかったことで話を聞くが黒瀬は知らないという。
  • 未来と西條に「同じピアノ教室に通っていた」という接点が見つかり、松尾紗月(ピアノの先生)に話を聞くが個人レッスンのため2人が顔を合わせる機会はなかったと思うという答え。
  • 西條の部屋から子ども用の手袋が見つかり、愛子に見せると未来のもので、事件前に片方どこかに置き忘れたと言っていたという。また、似顔絵と西條が似ていないことから「似顔絵の男を本当に見たのか」と問い詰めると愛子は倒れる。夫の直樹からは「3カ月前に余命宣告を受けておりそっとしておいてほしい」と言われる。
  • 右京が黒瀬に「証言を基に描いたのではなく工藤の写真を見て描いたのではないか」と指摘すると黒瀬は「犯人の顔を何も覚えておらずとてもじゃないが似顔絵なんて描けなかった」と認める。右京は「あらぬ容疑で工藤を容疑者に仕立て上げた、警察官として心から恥じ入るべき」となじる。犯人が西條で間違いないと聞いた黒瀬は、10日ほど前に「冥婚絵を見て目が覚めた、僕が未来を殺して遺体は山の中に埋めた」と電話があったことを口にする。
  • 「黒瀬に電話してきたのは恐らく西條で自首する前に何者かに殺された。西條が山に埋めたとして当時高校生の西條に1人でできるとは思えないが心当たりの人物がいる」と松尾に話を聞きに行く。「13年前、未来は前日に忘れた手袋を取りにピアノ教室に来たがそこで松尾と西條の『人に知られたくない秘密』を見たから殺したのではないか」と推理をぶつけ、西條の遺体に付着していた毛髪が証拠になると指摘すると、「自首したいなんて言い出すから西條を殺した、13年前は西條としているところを見られて西條が追い掛けて未来は階段から転落死」と認める。
  • 未来の遺体が見つかる。
  • 遥香に会い、「いつまで続けるつもりか? (ガールズバーで青木からぼったくったことで青木が覚えており)君の本名は梶本彩奈」と指摘すると「(客引きをしていて直樹に声を掛けられたが直樹は)最初は私のことを本当に未来だと思ったみたい、金もたくさんくれると言うから引き受けた、長い間監禁されていてそこから逃げ出してきたという筋書きで疑念を持たれないように周囲にはいとこの遥香ということにした」と認める。だますことに胸が痛まないか聞かれると、彩奈は「いくら絵に似てたって私が本物じゃないことぐらい気付いてる、お母さんはお父さんの優しさをくんで気付かないふりをしている、でも本当に楽しそうでお父さんは私が来てからお母さんの加減が良くなったと言っていた」という。
  • こてまりに伊丹が来ており、右京と冠城が行くと「これは参ったな、まさか特命係の行きつけの店だったとは」ととぼける。さらに「独り言」で黒瀬が自分の過ちと向き合えるようになったことを伝える。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 手袋を被害者の部屋から勝手に持ち出し、他人に素手で触らせていいの?
  • 梶本彩奈は黒瀬の家にどうやって行ったの? 事前に場所知ってたの?
  • 思い込みで似顔絵をでっち上げるとかひどいけど、きちんとした容疑もないのに令状を取らせる人が言ってもね。この人は「警察官として心から恥じ入」ったのかね?
  • 本名が梶本彩奈なのに、ガールズバーであやなって名前で働いてたの? 普通は違う名前にするでしょ。
  • 「まさか特命係の行きつけの店だったとは」とか「独り言」で言いたいことを言うというのも懐かしい。相棒5 第7話 「剣聖」か。
  • 13年前の階段が山野美容専門学校なのかな?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
篠原ゆき子:出雲麗音
田中隆三:益子桑栄
山本舞香:梶本彩奈(冥婚絵の未来に似た女)
宮田早苗:多岐川愛子(未来の母親)
筒井巧:多岐川直樹(未来の父親)
勝部演之:黒瀬和成(元似顔絵捜査官)
街田しおん:松尾紗月(松尾紗月ピアノ教室)
横井翔二郎:西條雅弘(フリーター)
加川心菜:多岐川未来
伊藤風喜:工藤雄一郎(13年前の事件の容疑者)
荒川浩平
今井あずさ:西條知代(雅弘の母親)
黒川昌信

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...
スポンサーリンク

ロケ地

スタジオ・プリモーラ[HP]:松尾紗月ピアノ教室
喫茶 銀座:黒瀬に話を聞いた店
川崎マリエン[HP]:警視庁(伊丹と黒瀬が話をしていた場所)
若葉東公園[HP]:梶本彩奈が裸足で歩いた場所
東映東京撮影所(残材分別所 ごみ置き場):みらいのランドセルなどが見つかったごみ置き場
港南公園D面:梶本彩奈から真相を聞いた場所
ホテル リュクス 恵比寿(HOTEL LUXE EBISU)近くの道:梶本彩奈が客引きをしていた場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました