相棒20 第19話 「冠城亘最後の事件―仇敵」

放送日:2022年3月16日

最終回スペシャル前篇 第19話「冠城亘最後の事件―仇敵」2022年3月16日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2022年3月16日(水) よる9:00~10:04放送、最終回スペシャル前篇 第19話「冠城亘最後の事件―仇敵」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

出所した男が大物政治家に仇討ち!?
権謀術数が入り乱れるカオスが勃発

特命係の杉下右京(水谷豊)は最近、冠城亘(反町隆史)に“春”が来た――つまり恋人ができたのではないかと勘繰っていた。このところ、そそくさと帰ることが多くなったばかりか、“野暮用”という名目でサイバーセキュリティ対策本部・青木年男(浅利陽介)との約束を2度もすっぽかしていたのだ…。
同じ頃、8年前に鑓鞍兵衛(柄本明)を襲撃した京匡平(本宮泰風)という男が出所し、再び鑓鞍を狙っているという情報が浮上。日下部(榎木孝明)や美彌子(仲間由紀恵)が状況の把握に乗り出す。京の動機は、書生として世話になっている東京郊外の名家・王隠堂家の長男が、鑓鞍の差し金で選挙戦に敗北し、失意のうちに事故死した件を、逆恨みしてのことだった。いっぽう、鑓鞍は総選挙を控え、国会議員への返り咲きを狙う片山雛子(木村佳乃)に対し、自ら刺客となるべく選挙区の“国替え”準備を進めていた。一連の経緯に興味を持った右京と亘は、独自に動き始める。そんな中、王隠堂家の当主・鷹春(勝野洋)が、京と共謀して鑓鞍襲撃計画を練っていることを察知した鷹春の娘・美馬(酒井美紀)が、警察に相談。それを知った鷹春が、美馬を殴打する事件を起こし、逮捕される。この一件から、さらに鑓鞍襲撃計画が信憑性を増し、警察は警戒を強化。鑓鞍の警備も厳重になるが、鑓鞍はなぜか、8年前の事件で鑓鞍を守り、重傷を負った警視庁警備部の津崎真茅(野波麻帆)をSPに指名する。

鑓鞍襲撃計画を発端にそれぞれの思惑が交錯
出所した襲撃犯は再び鑓鞍を狙うのか!?
亘にとって“最後”の事件が幕を開ける!

ゲスト:酒井美紀 柄本明 木村佳乃 野波麻帆 本宮泰風 勝野洋

ネタバレあり

  • 8年前。王隠堂鷹児は鑓鞍から党の公認を外され、無所属で出馬したが落選。その後事故で命を落とす。王隠堂家で書生をしていた京(かなどめ)は鑓鞍のせいで死んだと思い、「仇討ち」として鑓鞍を襲撃するが阻止され、逮捕される。京は7年間服役して出所。
  • 京が刑務所で「鑓鞍をもう一度狙う」と言っていたという情報が出回る中、美馬が交番に「父(鷹春)と京が鑓鞍を襲う計画を立てている」と相談に行くと、鷹春は逆上して美馬を杖でたたき、傷害罪で逮捕される。
  • 京に話を聞くと、「計画を練ろうという話をしていたのは事実、美馬が警察に駆け込んだところで警察は僕らに手出しできないのに」と平然と答える。右京と冠城は「なぜ鷹春は京のようにとぼけなかったのか」と疑問に思うが、伊丹らは現時点で逮捕はできないが自分たちが顔を出すことによって抑止力になるだろうと毎日家を訪ねることに決める。
  • 右京と冠城が鑓鞍に会いに行くと雛子もおり、鑓鞍がお国替えをして雛子が立候補する選挙区に「刺客」として立候補するという話をする。雛子が帰った後、鑓鞍のSPの津崎と湯本も同席し、京が鑓鞍を狙っているが恐らく選挙期間中に実行するだろうと伝える。
  • 選挙戦が始まる。
  • 鷹春釈放される。
  • 京が「自分は鑓鞍を殺そうとしてしくじった前科者、先だって出てきたが身元引受人となっている恩人と共謀して襲撃計画を立ててると言い出す連中が現れた、警視庁捜査一課の伊丹・芹沢・出雲がずっと自分に付きまとっている、この間はとうとう恩人が逮捕された、鑓鞍は国家公安委員長で警察の大ボスだからその権力で配下使って自分ら一般市民をたたきつぶそうとしている」などと語る動画を公開。瞬く間に拡散される。
  • 警察庁、警視庁の各部門に「冠城にパパ活疑惑」という文書が届く(冠城は「事実無根、いとこの娘」と説明)。右京は「由梨に確認したら『娘を連れ出すほど親しくしているようないとこはいないはず』と言われた、相棒が不名誉なパパ活疑惑を掛けられているのだから放っておけない、この少女に思い当たる人物が……」と言うが冠城に「M」から電話がかかってきて、冠城は外出。
  • 冠城は渦中の女の子と待ち合わせ。その子は美彌子の娘のマリアで、「冠城にパパ活疑惑」という文書を見た美彌子に呼び出されて一緒に会いに行く。

第20話 「冠城亘最後の事件―特命係との別離」に続く。

スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「鶴田翁助の悪事が露見したのは半年前」って、鶴田の逮捕は4月で、今は3月ではないの? 鶴田がいろいろ自白したのは逮捕から少し時間がたってから、ということ?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
神保悟志:大河内春樹
篠原ゆき子:出雲麗音
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
酒井美紀:王隠堂美馬(鷹春の娘、鷹児の妹)
野波麻帆:津崎真茅(警視庁警備部警護課警護第二係 班長、8年前に鑓鞍を守ろうとして刺される)
勝野洋:王隠堂鷹春(鷹児の父)
本宮泰風:京匡平(8年前に鑓鞍を襲撃)
青戸昭憲:王隠堂鷹児(鑓鞍に公認を外され無所属で選挙に出たが落選しその後転落死)
柿本光太郎:湯本律郎(警視庁警備部警護課警護第二係)
土方エミリ:社マリア(美彌子の娘)
黒澤優介:林秀善(鶴ケ谷交番 警察官)
関ヒロユキ:芦田保(鶴ケ谷交番 警察官)
植木祥平:平賀弓雄(片山雛子の秘書?)
辰巳智秋:久角壱仁(公安調査庁)
渡部雄作:演説中の王隠堂鷹児に話し掛けた人
江端英久:鑓鞍の秘書
平塚真介:神長敏(週刊自由画報 記者)
山崎日菜:
助川嘉隆:鑓鞍の秘書?
黒川昌信
保科光志:8年前の鑓鞍のSP
木村佳乃:片山雛子
柄本明:鑓鞍兵衛(政治家、国家公安委員長)
榎木孝明:日下部彌彦(法務省事務次官)
杉本哲太:衣笠藤治
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

主な複数回出演者

ロケ地

川崎マリエン(会議室など)[HP]:警視庁(副総監室、会議室、刑事部長室)、警察庁(峯秋の部屋)
葛飾区山本亭[HP]:王隠堂の家(門のみ?)
日比谷サロー[HP]:冠城と日下部が話をした店
山野美容専門学校[HP]:片山雛子後援会事務所、鑓鞍の選挙事務所
公益財団法人遠山記念館[HP]:鑓鞍の家(門)
社会福祉法人浴風会[HP]:冠城がマリアを迎えに行った場所
大森武蔵野苑:王隠堂の家(門以外?)
品川シーズンテラス[HP]:美彌子と久角が話をした場所
小方組:鶴ケ谷交番
TOKYU PLAZA KAMATA(かまたえん)[HP][当ブログの記事]:冠城、マリア、美彌子の3人で会った場所
東映東京撮影所(プロダクションルームF棟、本館 廊下、外観):鷹児の選挙事務所、鷹春が拘留された警察署
東映通り:選挙ポスターの看板(東京7区)

コメント

タイトルとURLをコピーしました