相棒20 第6話 「マイルール」

放送日:2021年11月17日

第6話「マイルール」2021年11月17日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2021年11月17日(水) よる9:00~9:54放送、第6話「マイルール」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

話題の小説と過去の事件に奇妙な符合が
虚構と現実が結びついた先にあるものとは

福山光一郎(菅原大吉)というベストセラー作家が、一人暮らしの自宅で刺殺された。警察は、もろもろの状況から強盗殺人の線で捜査を開始。いっぽう右京(水谷豊)は、現場から新作の最終回の原稿が消えていることに疑問を抱く。その小説は、少女殺害事件の捜査にあたる老刑事が、正体不明の犯人を執念で追い詰めていくストーリーらしいのだが…。版元の編集者から話を聞いた右京と亘(反町隆史)は、新作の掲載を前に、福山が突然、出版社を乗り換えていたことを知る。さらに、福山は自著で、『小説が完結した時、失われた真実があぶりだされるだろう』という、謎めいた発言をしていた。捜査を進めると、22年前、福山は、ある重大事件に巻き込まれていたことが判明。右京は、その事件と問題の小説に、共通点が存在していることに気づく。

未完小説に仕掛けられた“ルール”とは
読み解く鍵は、22年前に起きた凶悪事件に!?
右京の推理が時を超え、驚きの真実を導き出す!

ゲスト:菅原大吉

ネタバレあり

  • 福山光一郞というミステリー作家が自宅で殺される。捜査一課は強盗殺人の線で捜査をするが、右京は連載中の小説「運命の来たる日」の最終回の原稿が消えていることに疑問を抱く。
  • 「運命の来たる日」は「14歳の少女が殺され、犯人を名乗る『アンノウン』から警察に挑戦状が届く。主人公の老刑事はアンノウンの潜むカルト集団を突き止め単身乗り込む。ある人物を指さし『アンノウンはおまえだ』と叫んだところで『最終回へ続く』」となっている小説。また、「事実をもとにした完全なフィクション この完全なフィクションが完結した時、失われた事実があぶり出されるだろう」というあおり文句も。
  • 編集者に話を聞くと、普通だったら名前のないような端役にも名前があり、川上という人物が2人出てくることを指摘したため福山を怒らせてしまい、連載する出版社まで換わったという。
  • 福山について調べると、22年前に娘が殺されており、犯人は当時17歳の少年ということがわかり、娘の名前と小説で最初に殺された少女の名前と年齢が同じで、犯人が「少年A」と「アンノウン」で氏名不詳という共通点が見つかる。また、福山は小説の登場人物の名前に作品ごとにルールが設けられており、「運命の来たる日」のルールの手掛かりは2人出てくる川上と推理。
  • 野間口健一(福山の娘を殺した犯人)が入った少年院の教官・三上に話を聞くが、「今は立派に社会復帰している、教えるわけにはいかない」と現在の居所などは教えてもらえなかったが、2年前に福山が訪ねてきたことは認める。
  • 野間口のことを伊丹に調べさせ、「結婚して名字は村上と変わり、今は料理人となっている」と判明。現住所に向かう途中、「川上」という表札を発見。隣の家の表札を見るとそこも「川上」。そこで小説の登場人物の名前と表札を照らし合わせると、駅から村上の自宅(兼店舗)まで小説に登場する順に表札が出ていることがわかる。そのことを指摘して村上健一を問い詰めると「福山を殺した」と認める。原稿はどうしたか聞くと、「どこかに捨てた」という答えだったので右京と冠城は疑問に思う。
  • 村上由梨(健一の妻)に話を聞くと、「福山が店に来たことがあり、『ペンで人を殺せると思う、次はいよいよ最終回』『先に殺したのはこいつ、22年前の謝罪の手紙に名前も住所も書かなかった』と言われて『私からも謝る、主人が犯した過ちは絶対に取り返しのつかない過ち、だからこの人の罪を私も一緒に一生背負う』と言ったが主人はその夜『健一は福山と由梨に申し訳ない、離婚して死ぬしかない』と漏らした」という。
  • 三上を呼び出し、「あなたも『運命の来たる日』の連載完結で破滅する危険におびえていた、20年以上も消えない被害者遺族の思いにほだされてあなたは服務規程に違反して村上健一の情報を福山に教えてしまった」と指摘すると三上は「名前も住所も教えちゃいない、結婚して奥さんの名字になって小さな料理店を開いているとだけ」と言うが、「捜し出すにはそれで十分」と指摘。三上は連載を読んで少年の個人情報を漏らしたことが明るみに出ることを恐れて福山に談判に行き、殺したことを認める(「村上を殺すことになる」と連載をやめるよう頼んだが福山に「あんたが心配しているのは彼のことじゃなくて自分のことかな」と言われて逆上してもみ合いになって刺してしまった)。原稿は処分したものと思われたが、「家に帰って読んだら燃やしちゃいけないと思った」と、殺人の証拠となるのに保管してあった。
  • 最終回。アンノウンはアンノウンのまま、全ての罪を認めてカルト集団の本部に火を放ちその火に飛び込み主人公の老刑事もアンノウンの犯した全ての罪と一緒に自らも燃え尽き死んでいくというラスト。右京は「ペンで人を殺すために書くうちにペンで人を殺してはならないという思いに至ったのかもしれない。長い葛藤と執筆の末小説は憎しみすら飲み込んでやがて別次元に昇華させた。だから福山は最後の最後に憎しみよりももっと強いもの、安寧の祈りを最終回に込めたのだと思う」と語る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • ミステリーの新連載に作家の写真を載せるというのも斬新な。普通は内容に関連した絵を入れると思うけど。で、その新連載の最初に「事実をもとにした完全なフィクション この完全なフィクションが完結した時、失われた事実があぶり出されるだろう」と書いてあるんだけど、「福山が最近寄稿したエッセー」にも似たようなことが書かれている。「次回作」の話として。1年にわたって連載しているのに、「最近」「運命の来たる日」を「次回作」とするエッセーを寄稿したの? それより、連載の最初に書かれているのとほぼ同じ内容なんだけど、右京はそれが目に入らなかったの?
  • 「(相手が騒がないように)慌てて口を塞いで窒息死させる」なんてあり得るの? 鼻詰まってたの? 絞殺しようとしてもそんなすぐには「窒息死」には至らないだろうに。
  • 22年前の遺体発見時の回想シーン、「夜」殺されたはずなのに日が出ている。朝になるまで見つからなかったの? 中学生が帰ってこなかったのに探さなかったの? 「自宅近くのコンビニの帰り道」で襲われたのに、見つけることはできなかったの?
  • 「登場人物が全て早元出版の社員名簿」って……
  • 作品ごとに「名付けのルール」が違うんだから「マイルール」とは呼ばないのでは? 「全ての作品で共通している」のなら「マイルール」だろうけど、作品ごとに違うルールは「その作品のルール」であって。
  • そういえば。ハロプロ方面は詳しくないのでよくわからないのですが、鞘師とか植村とか後浦とか譜久村とかはそういう「マイルール」だったということですかね。
  • 福山の死亡を報じる記事に「刃物などの凶器は見つかっていないという」とあるけど、腹部に刺さってなかった?
  • 野間口は「退院後料理店の皿洗いから始めてフレンチの料理人に」って、あの店はイタリアンじゃないの?と思ったらちゃんとフランス国旗が掲げてあった。
  • 自分の家の近所だからって「登場人物の名前の全てが近所の表札であること」「それが真っすぐに自分の家に近づいてくること」に気付くかね?
  • 撮影協力に「市ヶ谷フィッシングセンター」とあったけど「市ヶ谷フィッシュセンター」の間違い。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
篠原ゆき子:出雲麗音
菅原大吉:福山光一郞(ミステリー作家)
斉藤悠:村上健一(22年前に福山の娘を殺害)
佐久間麻由:村上由梨(健一の妻)
大川ヒロキ:三上彰(少年院 法務教官)
瀬尾智美:布田房江(川波出版、福山を怒らせたせいで干された編集者)
上原奈美:久本さつき(福山家の家政婦)
脇知弘:森川誠(早元出版 『ジャパン・ミステリー』編集部、福山担当の編集)
岡内美喜子:福山の妻(22年前)
林谷まいか:福山しおり(福山光一郞の娘)
武藤悠真:野間口健一(22年前)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...
スポンサーリンク

ロケ地

イタリアンレストラン ボラーレ:シェ・ムラカミ(村上の店)
文芸社:早元出版
市ヶ谷フィッシュセンター:布田房江が釣りをしていた場所
レイノルズハウス:福山光一郞の家
西永福駅前:西永福駅前
佃大橋近くの遊歩道:三上と話をした場所

スポンサーリンク

見逃し配信(無料)

第6話『マイルール』 | 相棒 season20|テレ朝動画
【毎週水曜 よる9時00分放送】 福山光一郎(菅原大吉)というベストセラー作家が、一人暮らしの自宅で刺殺された。警察は、もろもろの状況から強盗殺人の線で捜査を開始。いっぽう右京(水谷豊)は、現場から新作の最終回の原稿が消えていることに疑問を抱く。その小説は、少女殺害事件の捜査にあたる老刑事が、正体不明の犯人を執念...

視聴期限:2021年11月24日 20:00まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました