相棒20 第11話 「二人」

放送日:2022年1月1日

元日スペシャル第11話「二人」2022年1月1日(土・祝)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2022年1月1日(土・祝) よる9:00~11:15放送、元日スペシャル第11話「二人」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

年の瀬の夜、亘の姉から奇妙な依頼が
記憶喪失の男の意外過ぎる正体とは!?

年末、峯秋の誘いで高級レストランを訪れた右京(水谷豊)は、与党政調会長の袴田(片岡孝太郎)と経済界の重鎮が、会合を開いているところを見掛ける。個室のテーブルには、3人の席が用意されていたので、もう1人、参加者がいると思われた。同じ夜、落としたスマホを探していた少年が、大人同士が言い争う姿を目撃。それに気づいた男に、落としたスマホを持ち去られてしまう。

翌日、年末年始の当番勤務にあたっていた亘(反町隆史)は、ある女性から呼び出しを受ける。同じく当番だった右京に、「紹介したい人がいる」と言い、連れ出した先は教会。そこにいたのは、亘の姉・由梨(飯島直子)だった。ピアノ教師をしながら教会でボランティアをしているという由梨は、保護した記憶喪失の男性(イッセー尾形)の身元を調べてほしいと依頼する。しかし、本人が“湊健雄”と名乗っている以外、手掛かりはなし。唯一、大手鉄道会社の駅売店の名前が記憶に残っているらしいが…!?

そんな中、右京と亘は、湊を最初に見つけた2人の少年から話を聞く。利発な2人は、当時の状況を分かりやすく説明してくれたが、何かを隠している様子。どうやら、片方の少年が、雑木林でスマホをなくしたようで…!? 身元調査の糸口を求めて、駅売店の本社を訪れた右京と亘は、同社が非正規雇用の賃金問題で紛争を抱えていることを知るが、湊に関する情報は得られなかった。同じ頃、少年のスマホを手にした男が、身分を偽り、2人のすぐそばまで迫っていた。

2人の少年は何を目撃してしまったのか!?
亘の姉が保護した記憶喪失の男とも関係が?
人々の思いが交錯するとき、驚きの真実が明らかになる!

ゲスト:イッセー尾形 片岡孝太郎 飯島直子

ネタバレあり

  • 右京と冠城は峯秋に誘われ高級レストランへ。右京はそこで与党政調会長の袴田と経友連事務総長の藤原が会い、さらにもう1人分の皿が用意されているのを見る。
  • 公園で結城と老人がもみ合いになり、老人が倒れて頭を強打。
  • 新はスマホをなくしたことに気付いて聡と一緒にこがらし公園へ向かう。聡はそこで結城が男ともめているのを目撃し、スマホで動画を撮影。それに結城が気付き聡を追うが聡と新は隠れて見つからなかったが、新のスマホに着信があったため結城はそれを持って帰る。
  • 新はマメさん(遠藤)に動画に映った男を突き止めるよう頼む。遠藤は動画の音声を聞き、新の家の留守電に「スマホを取り返して新しいスケボーを買ってやる」とメッセージを残す。
  • 冠城の姉・由梨から連絡があり、冠城は右京を連れて教会へ行く。教会には記憶喪失の老人がおり、覚えているのは「みなとたけお」という名前だけで、福田が一緒に交番に行って調べてもらったら行方不明届けは出ていなかったという。何か覚えていることはないかと聞くとみなとは「デイリーハピネス」と答える、
  • みなとを最初に見つけた新と聡に話を聞くと、「家に帰ろうとしたら座り込んでいた、福田が通りかかったのでどうすればいいか聞いたら由梨と遠藤を呼んでくるよう言ったので呼んできた」という。
  • 右京は「高価な腕時計なども身に着けていたのではないか」と考えて角田に「コートや腕時計などをまとめて売りに来た者はいないか」と古買屋を当たるよう頼むその際角田「みなとたけおという名前はどこかで聞いたことがある、昔組関係のどこかで遭遇した気がする」と言うが思い出せず。
  • 公園にいた高田に話を聞くと、前日夜男の子2人が何かを探しているようだったという。右京は「2人が探していたのは新のスマホで今も見つかっていない」と推理。
  • みなとがデイリーハピネス(キャピタル鉄道の駅売店)の会社で働いていたかもと考えて話を聞くが教えてもらえず。会社を出ると「非正規差別NG、待遇を改善しろ」と訴える集団と出くわす。
  • 結城は学年主任と偽って君枝から新が聖マティス教会の人間と親しいと聞き出し、教会では「区の福祉課の者」と偽って新と遠藤の写真を確認。
  • 古買屋が買い取った品物の写真を見てジャケットがみなとのスラックスとそろいなのでみなとが身に着けていた物と確信。古売屋に聞いて売りに来たのは高田と判明。高田によると「ベンチとベンチの間に腕時計などがまとめて置いてあった、財布には現金だけでクレジットカードはなかった」という。
  • 益子にベンチを調べてもらい、血痕と毛髪を発見。みなとが頭を打った場所と推理。
  • 由梨から新は聡の母親に聡と遊ばないと約束させられているという話を聞く。
  • 男の遺体が見つかる。「伊丹曰く手首に数字の8の刺青がある」という話を聞き、遠藤かもしれないと思った冠城は由梨に遠藤の写真を送ってもらい、遺体は遠藤と判明。
  • 結城は遺体発見のニュースを見て遠藤から「公園のじいさんの死体を運んで始末したのは俺、(結城と袴田とのやりとりを聞かせる)、死んだじいさんの正体も知ってる、死体を始末した代金を払ってほしい」と電話があったことを回想。袴田は遠藤が工事現場に沈めたと言っていたことを確認し、「3度目で幕にしろ、その子どもさえいなくなれば全てなかったことにできる、そのスマホは処分しろ」と命じる。
  • 結城が新の団地で待っていると新がみなとと歩いていて驚く。由梨に声を掛けられて「みなとは記憶喪失」と言われ、何か知らないか聞かれるが「知らない」と言って立ち去る。
  • 新は由梨が冠城から写真を送るよう言われたと聞いて遠藤の部屋に走る。そこへ警察が到着し、新と聡には伝えないようにしたが何か悪いことがあったことは悟り、新は聡に動画を撮ったのは新のスマホと言うように約束させる。
  • 右京と冠城は新が狙われるかもしれないと考え、出雲に新を見晴らせるよう伊丹に頼む。
  • 由梨に遠藤と最後に会った時の話を聞くと、「みなとを迎えた後だったが遠藤が福田を叱っていた」という。
  • 角田が「みなとたけおは駆け出しの頃組のガサ入れで押収したやつ」と思い出して右京に写真を送る(湊健雄は福田が過去にCDデビューした時の芸名)。
  • 福田は「老人がベンチで寝ていて靴を取り替えコートなどを脱がせていた時に名刺入れを見つけて焦ってたら目を覚まして歩き出した、追い掛けたがどう声を掛けていいか考えているうちに新と聡が声を掛けてそこに通りかかったふりをした、子どもたちを教会に行かせて2人きりになった時に『みなとたけお』と思い込ませた、靴を取り替えたことを遠藤に気付かれて叱られて全て話した、いつか返そうと思って靴と名刺入れは隠しておいた」と説明。
  • 右京が電話で冠城に「みなとは最高裁判事の若槻」と伝えると、それを盗み聞きした芹沢は伊丹に報告。伊丹は出雲に若槻を保護するよう指示。
  • 結城が新の家を訪ね、若槻しかいなかったため若槻が対応。結城が「若槻先生」と言うと、若槻は記憶を取り戻す。
  • 遠藤が公衆電話から電話した先は袴田の事務所と判明。
  • 右京が新の家に行くと争った痕跡があるが誰もいない。ちょうどそこへ出雲もやってくる。
  • 結城は新もさらう。聡がそれを見ていてナンバーを伝え、結城の車と確認。
  • 冠城は由梨から「昼前に団地で結城を見掛けたが真っ青な顔をしていて記憶喪失と知ると逃げるように立ち去った」という話を聞き、右京に教える。また、土師によると「遠藤がパソコンで最後に行った作業は動画のクリーンアップだが動画は削除されて残っていない、現場で見つかったレコーダーは遠藤が電話してる際に持っていたのと同じ型」ということで、右京は遠藤が動画の音声を使って結城を脅したと推理。また、右京は事件の夜たまたま袴田を見掛けたが「袴田は事務総長と3人目の誰かを待っていたがそれが若槻だったとしたら」と言ったところで美彌子がリモートで話に加わり「藤原は近く勇退してキャピタル鉄道の会長就任が決まっている」と説明。若槻が「デイリーハピネス」を覚えていたことから「デイリーハピネス裁判の担当では」と聞くと「小法廷5人の裁判官のうちの1人、袴田は5人の判事のうち3人を懐柔すれば経営側に有利な判決を確約できると考えている、あの人がいると風通しが悪くなる、あとはよろしく」という言葉を残して消える。
  • 聡に公園でのことを聞くと、「男が言い争っているのを撮っていたが見つかって逃げている時に新のスマホが鳴って男がそれを持って行った」と答え、結城の写真を見せてその男が結城と確認。
  • 右京は「袴田を警視庁に呼んで結城が新のスマホに電源を入れた瞬間に袴田から電話をかけさせたい、『勝手に暴走した秘書を説得してもらいたい』と頼めば人命がかかっているから断れない、その通話の過程で袴田の関与を立証する」と進言して内村は承諾。
  • 袴田が警視庁を訪れる。右京は袴田に「結城には警視庁にいることは内密に」と頼み、袴田は「結城は尋常な精神状態ではないだろうから何を口走っても真に受けないように」と予防線を張る。また、右京は会話の録音を要求し袴田は承諾。
  • 結城が電源を入れて冠城、伊丹らは向かう。
  • 袴田が結城に電話し「早まったまねはよせ、子どもは解放しろ、お前が子どもを連れ去ったのは目撃されている」と言うと、結城は袴田が警察に協力していることを察知。電話を切ろうとするが右京が「そのスマホにあの夜の動画は入っていない、動画を撮ったのは新ではない、そこに袴田の関与を証明する音声は入っていないということ、今電話を切れば袴田は全てあなたに押し付けて事を終わらせる、おとといの夜何が起きたかわかっているはず、あなたの役割は若槻を店に連れていくことだったが目的を果たせずあの夜の動画を手に入れた遠藤に脅された、そして袴田に命じられてあなたは遠藤を殺した」と言うと結城は「その通り」と認める。袴田が「そもそも若槻と会う予定はなかった、藤原にも聞いてみろ、殺人犯と事務総長のどちらの言葉を世間は信じるか」と言うと右京は「そういうことなら若槻にも聞く必要がある、昨日僕が会った時はそばを食べていた」と返すが、袴田は「死んだ若槻がそばなど食えるわけがない」と明言。しかし若槻が死んだとは報じられておらず、実際死んでもいないが遠藤にだまされた結城とそれを伝え聞いた袴田だけが死んだと思っていたのであり、事件への関与を証明することとなる。
  • 結城は逮捕され、新と若槻は無事保護される。
  • 袴田は「この国の経済を動かすに低賃金で働く労働者が不可欠」と言うが、右京は「12歳の少年が何もかも受け入れて諦めて『この世は自己責任だ』と言う。困った時に助けを求めることすら恥ずかしいことだと思い込まされている。それが豊かな国と言えるか。公正な社会と言えるか。あなたのように自分たちの利益しか考えない愚かな権力者たちがこのような歪んだ社会をつくった」と断罪。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 遠藤はスマホや免許証なども置いていったのに、結城はどうやって遠藤の家を突き止めたの? 教会で「新と遠藤は近くに住んでいる」ということを教えてもらったけど、それだけで家を特定できるの? 新の団地では遠藤が新に出すつもりだった年賀状を持っていて、それで新の住所を知ったようだけど。
  • 「文江区」って子どもが書き損じたのかと思ったけど、正しい住所という設定なのか。他にも江南区(遠藤が殺された場所)、台京区(結城が新のスマホの電源を入れた場所、形は台東区)が架空の区として登場。
  • 冠城が持ってた古いはがきには40円切手が貼られてて、冠城は1975年生まれという設定だから小学校6年であれば消費税導入前だから40円でいいんだけど、どうして郵便番号は6桁書いているの? 6桁ということで現在の現実の日本とも違うわけだけど、その頃であれば5桁以下にすべきなのでは?
  • 遠藤、「人を殺した」と思っている相手を脅迫してるのに油断しすぎでしょ。金を受け取る前に音声の入ったものを捨てちゃってるし。
  • 右京、驚きすぎじゃない? いくら予想外だからってあんなに驚かないでしょ? 次回予告のためにあんな顔したの?
  • 「袴田茂昭事務所」のURL(?)が「shigeaki-hakamada.co.jp」なんだけど、会社だったの? 政治団体がco.jpドメイン取れないでしょ?
  • 福田と高田はおとがめなしなの? どちらも逮捕まではないか逮捕されてもすぐ釈放されたとしても、高田は巡回警備員としてどうなの? 遺失物横領でしょ?
  • 撮影協力で「東京諸聖徒教会」を「東京諸聖教会」と間違える。
  • 冠城のせりふに「それも聡くんの言ってた何か恐ろしい出来事が」ってあったけど、聡はそんなこと言った? 言った(撮影はした)けどカッとされた?
  • 右京は犯罪者(容疑者)のことは概ね呼び捨てだけど、今回はずっと「結城さんと言っていたのは違和感あり。
  • 何か足りない気がするんだけど……タケモトピアノのCMかな?
  • 「確かに彼らはあなた方のように何かあればすぐに病院の特別室に入れるわけではない」って唐突すぎる気が。「低賃金で働く人」ところか「普通の正社員」でも「すぐに病院の特別室に入れるわけではない」わけで、かみ合わないというか。
  • 聡の母親が「私が間違っていました」と言ったのも唐突というか、そのように思ったきっかけは? 新が助かったのを見て聡が泣いているのを見て? でも、「新と一緒にいて巻き込まれた」というのは間違っていないわけで、より遠ざけようとしそうなものだけど。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
篠原ゆき子:出雲麗音
田中隆三:益子桑栄
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
イッセー尾形:若槻正隆(最高裁判所 判事)
西山蓮都:早瀬新
弓削智久:結城宏(袴田の秘書)
千葉哲也:福田浩介
尾上寛之:遠藤佑人(マメさん、SE)
高林由紀子:早瀬君枝(新の祖母)
町田マリー:峰岸瑛子(聡の母)
津村知与支:高田久志(巡回警備員、「ボンバー高田」という名前でSNSをやっている)
川口和空:峰岸聡(新の友達)
林泰文:石川大輔(美彌子の部下)
松嶋亮太:土師太
氏家恵:浦野芳子(デイリーハピネス 店員)
加藤満:君枝の担当医
信川清順:デイリーハピネスに非正規労働者の待遇改善を訴えている女性
木川淳一
岸田研二:泥棒市場店員?
川崎勇人:デイリーハピネスに非正規労働者の待遇改善を訴えている男性(弁護士?)
高田衿奈:袴田茂昭事務所 事務員
井上貴美:遺体が発見されたことを伝えるリポーター
春園幸宏:藤原信宏(経友連事務総長)
市原匠悟:和也(冠城の小さい頃の友達)
榎本司:冠城亘(少年期)
深澤しほ:
いろさわえみ:
片岡孝太郎:袴田茂昭(与党の政調会長)
飯島直子:冠城由梨(亘の姉、ピアノ教師をしながら教会でボランティア)
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...

ロケ地

日本聖公会 東京諸聖徒教会:聖マティス教会
川崎マリエン(研修室):警視庁 聡が来た部屋
千葉県立柏の葉公園:こがらし公園
幕張国際研修センター:警視庁 捜査本部
山野美容専門学校:デイリーハピネス本社
RAIZIN SKY GARDEN by H.L.N.A:新がスケボーをしている人たちを眺めていた場所
アラスカ(日本プレスセンター店):峯秋と食事をして袴田を見掛けた店
monparte:袴田の事務所
泥棒市場:高田が若槻の物を売った店
加瀬倉庫(木更津木材港):遠藤が殺された場所
井塚 薬師あいロード店:こてまりが酒を買った店(予約の断りの電話をしていた場所)
猫又坂:新がスマホをなくしたことに気付いた場所、新がみなと(若槻)に「ちょっとした仕事」を持ち掛けた場所
府中競馬正門前駅:デイリーハピネスの店員に話を聞いた駅
東映東京撮影所(Gスタジオ 外階段の下):遠藤が袴田の事務所にかけた公衆電話のある場所

関連記事

相棒20 元日スペシャル 「二人」の脚本を書いた太田愛さんのブログを読んで
相棒20 元日スペシャル 「二人」の脚本を書いた太田愛さんのブログが話題になっているようです。 脚本が撮影現場でかわっていくことはよるあることで、今回も楽しいアドリブ満載でした。 武先生(相棒3 第17話 「書き直す女」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました