相棒20 第9話 「生まれ変わった男」

放送日:2021年12月15日

第9話「生まれ変わった男」2021年12月15日(水)|ストーリー|相棒 season20|テレビ朝日
『相棒 season20』ストーリー。2021年12月15日(水) よる9:00~9:54放送、第9話「生まれ変わった男」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

“殺された記憶”を右京が検証
超常現象に隠された真相とは!?

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、20年前に都内スーパーで起きた刺殺事件の押収品を返却するため、被害者の妻を訪ねる。犯人はまだ捕まっておらず、被害者の妻は最近までチラシを配って情報を集めていたというが、そのさなか、「自分は被害者の生まれ変わりだ」と主張する、見知らぬ若い男が現れたという。吉岡翼(今井悠貴)と名乗るその男は、被害者が搬送され、死亡したその日に同じ病院で生まれたといい、“殺されたときの記憶”も残っているというが…!? 興味を持った右京は、独自の検証を開始。吉岡を連れて現場を訪れ、当時の捜査資料と彼の証言を照らし合わせる。すると、犯人と被害者しか知らないはずの情報を、吉岡が記憶していることが判明。生まれ変わりという主張が、にわかに信憑性を帯びてくる。さらに、吉岡の脳裏に新たな記憶が蘇り…!?

“生まれ変わった男”の証言は、嘘か真実か
特命係を惑わせる前世の記憶の正体とは!?
未解決事件の真相が、時を超えて解き明かされる!

ゲスト:今井悠貴

ネタバレあり

  • 20年前にスーパーの駐車場で起きた刺殺事件(未解決)の遺族から遺留品の返却依頼があり、右京と冠城が届けに行くと、被害者の妻・園子は「事件の日に生まれた、殺された時の記憶がよみがえった、自分は被害者の生まれ変わりかもしれない、自分の記憶が正しいか確かめたい」と吉岡翼という若い男から言われたという話をする。
  • 興味を持った右京は翼を連れて現場に行き、証言と捜査資料を照らし合わせると犯人か被害者しか知らないはずの情報を記憶していることが判明。さらにスーパーの店長で第一発見者の八神淳一が「男の叫び声が聞こえた」という話をすると、翼は「タイヨウ」と叫んでいたということを思い出す。
  • 冠城は園子に「翼が生まれ変わりかどうかは何とも言えないが記憶は20年前のもの」と説明、「タイヨウ」という名前の人物についてきくが心当たりはないという。
  • 右京は吉岡博幸(翼の父親)が事件当時参考人聴取を受けていたことを捜査資料から見つける(従業員の証言によると事件の直前に博幸はスーパーを走り回っていた)。博幸と直美(翼の母親)に話を聞くと、博幸は「病院に向かう途中でスーパーに寄っただけ、予定日より3週間も早く陣痛が始まって慌てていた、犯行そのものは見ていない、タイヨウに心当たりなし」と答えるが翼が割って入って「あれは父さんの声」と言う。しかし博幸は否定して翼は家を飛び出す。冠城が追い掛けて話を聞くと「タイヨウと叫んでいたのは父、子どもの頃から両親ともに親戚付き合いがなく引っ越しも多かったし自分が5歳くらいまでの家族写真も残っていない」という。
  • 翼が何者かに刺され入院。伊丹らが犯人について聞いても「見ていない」の一点張りだが、右京が「凶器は電気工事の際によく使われる電工ナイフで先日返却した関田昌平の遺品にもまったく同じタイプのものがあった、刺したのは園子では」と指摘すると翼は「あの人を追い詰めてしまった僕が悪い」と園子が刺したことを認める。
  • 園子は取り調べで「けんかをしたまま電話を切ってそのすぐ後に殺されたから『主人に会いたい、あの日のことを謝りたい』と翼を呼び出したが翼は殺された時の記憶しか思い出せず気持ちを踏みにじられたようで許せなかった」と刺した動機を供述。
  • 右京が「事件当日に博幸が買ったおむつがLサイズだったのが気になる」と話をしていると、益子から「(20年前の現場に落ちていた)トレーディングカードから幼児期の翼の指紋が検出された」と連絡が入る。
  • 博幸と直美に会い、博幸に「タイヨウというのは子どもの名前で吉岡太陽というのが翼の本当の名前ではないか、つまり翼はあの現場に居合わせていた、あなたが店内を走り回っていたのは太陽が迷子になったから、それを警察に黙っていたのは戸籍がなかったから、直美が別の男と結婚していてDVの相談記録があったことから前の夫の戸籍に載せるのを防ぐために太陽の戸籍を作らなかったのではないか」と指摘すると、直美が「DVされてシェルターに逃げた後主人と出会った、離婚する前に太陽を妊娠したがどうにか離婚して相手の戸籍に入らないように戸籍も作らなかった、第二子の翼は生後4カ月で死んで太陽を翼として育てることにした」と認める。また、博幸は関田の体にはナイフが刺さったままだったと話す。
  • 八神淳一と友彦(淳一の子)を呼び出し、淳一に「凶器は犯人が持ち去ったと考えられていたが持ち去ったのはあなた、第一発見者のあなたは凶器のナイフに見覚えがあったはず、そしてトレーディングカードに友彦の指紋が残されていた」と指摘すると、友彦が「あの日店に来たら迷子の男の子がいてトレーディングカードをあげたりナイフを見せたりしていたら関田が来て通報されそうになって無我夢中で刺した」と認める。淳一は「息子を守りたかった」と言うが右京は「それが親の愛情だと思ったら大間違い、あなたは罪を償う機会を奪った」と返す。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「生まれ変わりなんてどうやって着地させるのか」と思ったら、事件の記憶がある理由など筋は通っているか。前回岡田を見せられたから、もっとオカルトな方向へ行くのかと思ったけど。
  • 「正月にケーキを食べていた」って、本人には本当の誕生日を教えずに食べさせていたわけで、それは自己満足がひどいのでは……子どもとしては理由はわからなくてもケーキを食べられたらうれしいかもしれないけど。
  • 「通報されそうになって無我夢中で刺す」というのもよくわからないけど、「一撃では致命傷にならなかったからとどめを刺す」というのはもっとわからない。一度刺して相手は倒れたわけで、そこで「無我夢中」はひとまず解除されないの? で、中学生が朝9時すぎに店に来て何をするつもりだったのか。11月3日は文化の日だから学校は休みだと思うけど、なぜ制服を着ていたのか。
  • いつも思うけど、右京は他人の「罪」に対して苛烈だよね。シーズン20だけ見ても、刑法犯じゃなくても「罪がないとは言えない」と責め立て、時効になっても「許されることではない」と非難する。一方、右京はというと、証拠品の鍵を「レスキュー」と称してすり替え、その鍵を使って建造物侵入(渋る青木を「正体をこっそりのぞき見るだけならそれほど罪は重くない」とそそのかして犯罪に加担させ)。本当にご立派でございますね。あ、時効で思い出したけど、神戸の偽証罪(相棒10 第1話 「贖罪」)は「もうとっくに時効」で済ませたけど、死体遺棄(最高で懲役3年)は「れっきとした犯罪」で時効でも「許されることではない」と責めるのに、偽証罪(最高で懲役10年)は時効になっちゃえば責めないの? あと、今回と同じ死体遺棄では、相棒3 第19話 「異形の寺」で「僕は真相が知りたいだけ」「捕まえる気ならとっくに捕まえている」と言っていたけど、「れっきとした犯罪」で「許されることではない」死体遺棄をした人に対して言っていることがだいぶ違うように思うし、そもそも時効前に自白しているのに捕まえないってどういうことだよ。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
田中隆三:益子桑栄
篠原ゆき子:出雲麗音
今井悠貴:吉岡翼(聖洋大学)
中込佐知子:関田園子(昌平の妻)
画大(山崎画大):吉岡博幸(翼の父親)
ともさと衣:吉岡直美(翼の母親)
岸博之:八神淳一(スーパーヤガミ店長、20年前の事件の第一発見者)
松嶋亮太:土師太(サイバーセキュリティ対策本部)
栗原卓也:八神友彦(スーパーヤガミ副店長、淳一の子)
ふるごおり雅浩(古郡雅浩):萩原哲也(府中北署 刑事)
渡辺翔:関田昌平(20年前にスーパーヤガミの駐車場で殺される)
高橋琉晟:八神友彦(20年前)
加藤叶和:吉岡太陽(20年前)
高橋悠太:直美の前の夫
間手野桜:

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン20)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン20出演分です。 第1話、第2話、第3話 「復活」 陰山泰・木佐貫功(警察庁主席監察官)(相棒3 第4話、第5話)・布川(東京アカデミー音楽学院理事長)(相棒...

ロケ地

川村学園女子大学 我孫子キャンパス:聖洋大学
小山八幡神社:翼が刺された場所
喫茶店 バンフ:園子が翼から話を聞いた店
リヴィンオズ大泉店:スーパーヤガミ
大泉学園駅前:園子がビラを配っていて翼から声を掛けられた場所
囲桃園跨線橋:翼が「タイヨウ」という声について考えていた場所、家を飛び出した翼に冠城が追い付いて話をした場所
東映東京撮影所(No.6ステージ 屋上):翼が入院している病院の屋上

コメント

タイトルとURLをコピーしました