相棒15 第1話 「守護神」

放送日:2016年10月12日

第1話「守護神」2016年10月12日(水)|相棒season15
テレビ朝日「相棒15」番組サイト。第1話「守護神」2016年10月12日(水)よる8:00~10:09放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

『相棒』シーズン15がいよいよ始動!
特命係の右京が広報課に配属された亘と共に
“呪いによる殺人”という不可解な事件に挑む!

人を呪い殺したという女性が、自分を罰してほしいと捜査一課を訪ねてきた。しかし、伊丹(川原和久)たちは取り合わず、女性をそのまま追い返してしまう。その一部始終を見ていた青木(浅利陽介)は、それを右京(水谷豊)に報告する。青木は以前、向かいのマンションで女性が殺害された事件を目撃しながら、警察への極度の嫌悪から証言を拒み、特命係と深い因縁を持った人物。しかし、この春、サイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官として採用され、特命係にも出入りするようになっていた。青木から話を聞いた右京は、「人を呪い殺した」という話に興味を持ち、問題の女性・来栖初恵(小野ゆり子)を訪ねる。聞けば、彼女はここ十数年の間に、3人の人間を呪い殺したという。

翌日、特命係の部屋に亘(反町隆史)がやってくる。亘は、警察学校での研修を終えると、希望した捜査部門ではなく、美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属されていた。それでも、警察学校の同期である青木から呪いの一件を聞き、興味を引かれて右京を訪ねてきたのだった。改めて2人が初恵を調べると、確かに周辺で3人の人物が不審な死を遂げていた。彼女は、それを自分が呪ったせいだと恐れているのだが、その背景には祖母・トヨ(山本陽子)の存在があった。青森で暮らしているトヨには不思議な力が宿っていて、初恵は自分にもその力が受け継がれているのではないかと考えているらしい。右京と亘は、“呪いによる連続殺人”という不可解な事件を前に、自分たちが何を調べ、どこに向かっているのか掴み切れないまま調査を進める。一方、美彌子のもとには、警察のみならず、国さえ敵に回しかねない危険な人物から、思いがけない連絡が届いていた。

事件か事故か、それとも呪いによる殺人か…!?
不可解な死の真相を追って動き出した右京と亘が
呪いの背後に隠された驚きの真相を解き明かす!

ゲスト:山本陽子 小野ゆり子 / 仲間由紀恵 榎木孝明 大杉漣

ネタバレあり

  • 冠城は広報課に配属となる(非捜査部門の総務部か警務部で引き取らなければならずコイントスで総務部となり、総務部長が広報課に決めた)。冠城は峯秋宛てに「自分を捜査活動に使わないのは重大な損失」などと直訴するが状況は変わらず。
  • 来栖初恵が「人を殺した」と警視庁に出頭。伊丹と芹沢が話を聞くと「宮田を呪い殺した」と言うが、「現行法上どうすることもできない」と追い返す。その場面を青木(で登場したが警察官となり警察学校では冠城の同期となる)が目撃。
  • 梶原(初恵の幼なじみ)は初恵に「宮田は事故死、どうしても得体の知れない力のせいにしたいなら天罰」と言い聞かせる。
  • 青木は「人を呪い殺すって可能だろうか」と初恵の話を右京にして、右京は初恵に会って話を聞く。
  • 青木は表面上は右京や冠城と仲良くしているが、自宅では「楽しみに待ってろ」と言いながら2人の写真に画びょうを刺す。
  • 青木から「呪い」の話を聞いた冠城は特命係に行って右京と話をする(初恵はこれまで呪った相手が死んだことがあり宮田で3人目、1人目は13年前青森で、2人目は4年前三崎で、いずれも事故扱い)。
  • 右京は梶原に呼び出されて「魂胆があるのでは」と聞かれるが、幼なじみということで逆に話を聞くと、「13年前も呪い殺したと気に病んだ、トヨ(初恵の祖母)がいたから信じた」という。
  • 冠城は2人目の事故の捜査資料を取り寄せ、美彌子の目に留まり「事故死に見えて呪い殺された可能性がある、他に2件ある」と説明。すると「結果が出たら教えて」と言われる。
  • 右京と冠城は青森(初恵らの実家)へ行く。道中、右京は「1件目は陰湿な嫌がらせへの報復、2件目は金儲けのために無理な繁殖を続けていたブリーダーで一種の敵討ち、3件目は来栖が通っていたジムのインストラクターで性的暴行を受けたが相手が雇った弁護士から相当なプレッシャーを受けて警察にも言えず呪った」と冠城に説明。
  • 美彌子宛のロシア語講座のDMの中に「僕はいつも君のそばにいる」などと書かれたメッセージが入って届く(署名代わりにY.A.と書かれていたが美彌子はヤロポロクと考える)。青木に調べさせると、「ポスト投函されたもので個別の宛名はない、一度開封して封をし直した痕跡がある」とのこと。
  • トヨに話を聞くと、「私の孫だから呪い殺す力がある、自分は数え切れないくらい呪い殺した、初恵と梶原はきょうだいのように育った、初恵にとって梶原は守り神のようなものかもしれない」などという。
  • 13年前の現場を見に行く。当時の担当者に話を聞くと「崖から落ちて打ち所が悪くて気を失ったまま川に顔が浸かって溺死」だという(他の2件も溺死)。
  • 冠城は右京と一緒に青森に行っていたことで内村に呼び出される。冠城は「課長命令」と答え、美彌子からも「ごく私的なことだが命じたのは確か」と言われて「公私混同の極み」と言われるが、美彌子から「だったら刑事部で引き取ってくれ」と言い返される。
  • 右京と冠城が三崎の現場に行くと伊丹、芹沢も登場し、「来栖初恵の言う通り3件で人が死んでいていずれも事故として処理されているが改めて検証中、以前の2件を調べるのは困難だが3件目は6日前だから再検証も十分間に合う」と説明。
  • 3件目の現場を調べ、「意識を失って水に浸かって溺死」という点が1件目と似ていると判明。右京は靴ひもが緩んでいることに気付き、宮田の部屋を調べると事故当日のスニーカーと部屋にあるスニーカーの靴ひもの結び方が違うことから「宮田は靴を履く時点で既に死んでおり靴ひもを結んだのは別人、3件が全て溺死ということが気になっていたが水は持ち運びが可能で死亡した場所を容易にごまかせるという側面がある、時間的に考えて日課のジョギングの直前に部屋で殺されたのではないか」と推理。冠城は「宮田の部屋に鑑識を入れた方がいい」と提案。
  • 右京は初恵に「宮田の件で疑問点が出た、呪いではなく事故に見せ掛けた殺人の可能性がある、呪いが全否定されるかもしれないがそうなるとあなたの呪いが成就したかのごとく装い殺人を犯した人間がいる」と報告(途中から梶原も同席して話を聞く)。
  • 梶原はトヨから「おまえがこの先ずっと初恵を守れ」と言われたことを思い出す。
  • 宮田の部屋に鑑識が入るが指紋が一つも出ず。それを聞いた右京は「われわれが部屋を開けてもらった時に管理人が玄関のドアノブに触れており痕跡を消したのは犯行直後ではなくわれわれが部屋に行ったよりも後」と指摘。
  • 右京と冠城は梶原に「トヨがわれわれを監視していたのではないか」と聞く。また、「宮田の祖母を名乗る老婆が訪ねてきたため部屋に入れた」と管理人に確認が取れ、「われわれがあの部屋に入ったのを見て痕跡を消したのはあの部屋に宮田殺害の痕跡を犯人を示す証拠が残されていたから」とぶつけると梶原は宮田をスタンガンで気絶させて風呂場で用水路の水を入れた洗面器に顔を押し付けて殺して用水路に遺棄したと認める。また、犯行に使ったというキャリーバッグやスタンガンなどが梶原の部屋から見つかる。
  • トヨは初恵を連れ出し、梶原が宮田を殺したと説明。
  • 宮田の部屋の残りの鑑識結果(ハウスクリーニングでもしたかのようにきれいだった)が入る。
  • 右京と冠城は「どこに痕跡が残っているかわからないので梶原はトヨに部屋中掃除させた、犯人は初恵」と考える。また、右京は「明快には説明できないが呪い殺したというのは彼女にとってはうそではなく真実」と考える。
  • 里崎(宮田の弁護士)が初恵に「恥ずかしい秘密が公にならなかったのは私のおかげ、1000万円ほど融資してもらえないか、(金がないなら)青森の土地を」などと脅迫する。
  • 初恵はトヨに相談。トヨは「呪っちゃいけない、私が何とかする」と言うが、伊丹と芹沢が来て宮田の部屋への住居侵入で連行する。
  • 初恵は里崎の部屋の近くの沼で水を採取し、里崎の部屋へ。部屋から出たところをスタンガンで襲おうとするが部屋には右京らがおり、初恵を確保。キャリーバッグの中に沼の水と酒を見つけ「酔って沼で溺死というストーリー」と指摘。実は初恵の犯行という証拠がなかったため里崎に「協力」させて初恵が「呪い殺す」ように仕向けたのだった。
  • 青森に行き「当時殺人を疑う要素は全くなかったのか」と当時の担当者に聞くと、「はっきりしたものではないが」と痕跡があったが、トヨから「梶原が殺した」と相談され、「被害者より犯人に同情を禁じ得なかった、一緒に暮らす初恵を助けるためにやむなくやったのだろう、年齢的に刑事罰は受けないにしても少年院にやるのは忍びなかった」と穏便に済ませたことを認める。
  • トヨに「13年前も梶原は身代わりだったのでは」と聞くと「初恵には刑事裁判は耐えられない、死にかけた初恵に自首しろとは言えなかった(初恵は当時気に病んで自殺未遂をしたため「呪い殺した」と信じ込ませた)」と答える。
  • 初恵は「自分が3人を殺した」と自覚し、留置場で自殺する。
  • 日下部が冠城を呼び出し「社美彌子で気になることがあったら報告してほしい」と頼む。
  • 冠城は美彌子に「離れるのがお互いのため」とマリア(美彌子の娘)の写真を見せて自分を特命係へ移すよう要求。美彌子は峯秋に頼み、峯秋は衣笠に頼んで冠城は特命係異動となる。
  • 坊谷(日下部の指示で美彌子を見張っていた男)が殺され、どこかに埋められる。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 冠城、右京の車に乗って苦しそうにしてたけど、相棒14 第20話 「ラストケース」では特に問題なさそうに乗ってた。
  • 里崎弁護士、演技うますぎ。
  • 伊丹「立派な犯罪」。
  • 里崎に「協力」させたのは脅迫でしょ。
  • 峯秋はどうして冠城を異動させるために頭を下げたの? そこまでする理由はないと思うんだけど。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
田中隆三:益子桑栄
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
山本陽子:来栖トヨ(巫女?、初恵の祖母)
小野ゆり子:来栖初恵(ネイルサロン店員)
辻本祐樹:梶原脩斗(初恵の幼なじみ)
鈴木正幸:西村源助(元青森県警刑事)
田窪一世:里崎森(里崎法律事務所、弁護士)
蔵原健:坊谷一樹(日下部の部下)
三谷侑未:社美彌子の母親
西村秀人:宮田のマンションの管理人
横江泰宣:警視庁受付で来栖初恵の対応をしていた警察官
浜田大介:宮田太(初恵が通っていたスポーツジムのインストラクター)
大山竜一:美彌子の部下
山田百貴:警視庁総務部長
板垣李光人:梶原脩斗(中学生)
齋藤明里:ネイルサロンの客
中村瑞希:津原繁喜(ブリーダー)
須間一也:警視庁警務部長
兵頭莉音:来栖初恵(小学生くらい?)
伊志井玲:警視庁人事部
小林万莉:吉村雅美(青森県立奥羽高校1年生)
廣井啓人:梶原脩斗(幼稚園くらい?)
ピエレット・キャサリン:マリア(美彌子の娘)
大杉漣:衣笠藤治(警視庁副総監)
榎木孝明:日下部彌彦(法務省事務次官)
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン15)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン15出演分です。 第1話「守護神」 大杉漣・菅原英人(相棒2 第6話)・衣笠藤治(相棒15 第1話~相棒16 第13話) 田窪一世・喫茶店のマスター(相棒2 第7話)・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました