相棒15 第7話 「フェイク」

放送日:2016年11月23日

第7話「フェイク」2016年11月23日(水・祝)|相棒season15
テレビ朝日「相棒15」番組サイト。第7話「フェイク」2016年11月23日(水・祝)よる9:00~9:54放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

冷酷な誘拐犯と極限の頭脳戦!!
二転三転する事態の中、“疑惑の母”が特命係を翻弄する

 世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は本部に足を向ける。青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に一人で笑い声をあげている姿を目撃。さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ? その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行してアジトを突き止めるという方針を決定。翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

二手に別れた特命係。亘がマークする被害者の母親に不審な動きが…
一方、右京は誘拐犯の巧妙な計画を見破り、人質を救出できるのか?
最悪の状況から始まった誘拐事件は、かつてない驚がくの結末を迎える!

ゲスト:安達祐実 木下あゆ美

ネタバレあり

  • 世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の1人、翔太が遺体で発見される。
  • 捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京と冠城は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子の姿を見掛ける。特命係を捜査から遠ざけたい伊丹は美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を冠城に任せ、自分は本部に足を向ける。青木の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く(誘拐されたのは広斗という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話がかかってきた)。
  • 冠城が美奈子をアパートに送り、美奈子が部屋に入ると中から話し声がして冠城は疑問を抱く。隣人に翔太と2人暮らしだったと確認。
  • 犯人から、指定したコインロッカーに翌日身代金を入れろと連絡が入る。
  • 右京は現場を調べて近くのマンションが通り抜けできることを確認。被害者宅の吉岡に電話でその旨伝えると、犯人から受け渡し中止と連絡が入る。
  • 右京は「わざわざ身代金の受け渡しの連絡を前日にするのはおかしい、捜査情報を知り得るのではないか、広斗の両親が警察に行ってから犯人から電話があったのはどちらかが内通者だからではないか」と疑い、それを確認するために吉岡に電話していた。怪しい動きをしていた中山(広斗の父)を問い詰めて偽装誘拐の一味であると認めさせる(投資で失敗して大損をした、穴埋めに偽装誘拐を持ち掛けられた、受け渡しが中止になって以降連絡が取れなくなった)。
  • 何者かが菊の花を中山家の前に置く。
  • 犯人から「蒲田の東鉄百貨店屋上の観覧車の前、3億円は全てスイスの1000フラン札にして、東鉄百貨店の紙袋に入れろ」と受け渡し指定の電話が入る。
  • 冠城は美奈子が捨てたごみから花のレシートを見つけ、花屋で美奈子話を聞く。
  • 有里(広斗の母)が指定された場所に行くと男が現れ、有里から身代金の入った紙袋を取り上げてバスに乗る。
  • 紙袋を持った男がバスを降りると、紙袋を捨てて逃走。紙袋を見ると中身は雑誌にすり替えられており、男を捕まえると「女から紙袋を受け取り指定されたバスに持ってくれば1万円くれると知らない男に頼まれた、車内で紙袋をすり替えた」と供述。
  • 犯人を見失ったかに思われたが、紙袋を持った男がまだバスに乗っていた段階で、右京は「1000フラン札にしたのはすり替えを容易にするためで、途中ですり替えられるかもしれない」と考え、バスを追っていた伊丹に指示してバスを降りた男を追跡させていた。しかし、犯人は同じ所を繰り返し走っていてアジトに戻る気配がない。
  • 紙袋に目印のためにバラのリボンを付けていたのだが、犯人はバラを付けた紙袋を用意していたため右京は「まだ情報が漏れている」と気付く。
  • 美奈子が公衆電話から「広斗はもう殺されている」と警察に匿名で通報。
  • 右京は美奈子が公衆電話からどこかに電話していたと冠城から聞き、何か確信。
  • 伊丹、「犯人を見失った」と報告。
  • 犯人がアジトに着いたところに伊丹も現れ、逮捕。広斗も無事保護(情報が漏れていると知った上で伊丹に見失ったと報告させていた)。
  • 実行犯は元警察官で、協力者は保田という世田谷西署の職員(テーブルタップに触れさせないようにしていたのを怪しく思い、調べたら盗聴器が出てきた)。
  • 右京と冠城は美奈子に話を聞こうとアパートに行き、近くの公園で話をする。美奈子は息子を失ったショックで「広斗が死んだ」と思い込んでおり、菊の花を届けたのも「自分の子だけ助かって申し訳ない」からだった。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「バスの中での紙袋のすり替え」が行われてたとして、伊丹はどうやって紙袋を受け取った人物を特定できたの? マスクをしてたから? 紙袋が入るようなかばんを持っていたから?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
小野了:中園照生
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
安達祐実:高木美奈子(翔太の母)
木下あゆ美:中山有里(広斗の母)
小出ミカ:保田里佳子(世田谷西署職員、誘拐の共犯者)
坂田雅彦:吉岡琢磨(特殊捜査班)
平井真軌:結城守
裵ジョンミョン:恵南保(誘拐犯、本名西田正夫)
にわつとむ:中山良人(広斗の父、偽装誘拐の共犯者)
片岡富枝:佐藤(美奈子の隣の部屋の住人)
黒澤宏貴:高木翔太(砧北小学校5年生、美奈子の息子、誘拐される)
千葉誠樹:捜査一課刑事
宮崎敏行:捜査一課刑事
新虎幸明:捜査一課刑事
石塚良博:捜査一課刑事
田口寛子:花屋店員
尾崎舞:捜査一課?
小森郁子:キャスター
寺内勇貴:中山広斗(砧北小学校5年生、誘拐される)
柴崎真人:広斗たちが帰ってこないと相談を受けた警察官
大平隆行:身代金を受け取った男
群馬茂平:赤沢公園管理人? 清掃員?

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン15)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン15出演分です。 第1話「守護神」 大杉漣・菅原英人(相棒2 第6話)・衣笠藤治(相棒15 第1話~相棒16 第13話) 田窪一世・喫茶店のマスター(相棒2 第7話)・...
スポンサーリンク

ロケ地情報

東急プラザ蒲田屋上 かまたえん当ブログの記事):東鉄百貨店屋上(身代金の受け渡しをした場所)

コメント

タイトルとURLをコピーしました