相棒15 第6話 「嘘吐き」

放送日:2016年11月16日

第6話「嘘吐き」2016年11月16日(水)|相棒season15
テレビ朝日「相棒15」番組サイト。第6話「嘘吐き」2016年11月16日(水)よる9:00~9:54放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

女流漫画家の隣室でバラバラ殺人が進行中?
しかし、彼女自身が犯人の可能性も浮上して…!?

証拠品の返却で所轄署を訪れた亘(反町隆史)は、アパートの隣室で殺人事件が起きたかも知れないと訴える女流漫画家の夏音(柳生みゆ)と知り合う。聞けば数日前、隣室から激しく争う音が聞こえたかと思うと急に静まりかえり、その後元々住んでいた地味で背の高い女性を見かけなくなり、彼女とはまったく印象が異なる、派手で小柄な女と、その恋人と思われる男が、ノコギリを部屋に持ち込む姿を目撃したという。さらに、見知らぬ中年男女が毎晩のように出入りしているという。夏音は、バラバラ殺人を疑って所轄署に相談に行ったのだが門前払いを食らい、たまたま通りかかった亘が話を聞いたのだった。興味を持った亘は、さっそく右京(水谷豊)を巻き込んで調査に向かう。しかし、アパートの大家は、隣室の女性に変わった様子はないと証言し、夏音が騒音トラブルで言い掛かりをつけているのではないかと疑う。右京と亘は、逆に夏音が女性を殺害して遺体を隠しているため、その恋人らが揺さぶりを掛けるために、今回の件を仕組んだのではないかと推理する。さらに、亘が夏音の出身地に出向いて過去を調べたところ、学生時代から虚言癖があったことが判明。そのせいか、東京にも馴染めず、引っ越しを繰り返していたことが分かる。果たして、誰が真実を言い、誰が偽証しているのか。右京と亘は、捜査一課からも情報を得ながら、事件関係者の身辺を改めて調べ始めるが…!?

犯人は虚言癖のある漫画家か、怪しいカップルか、それとも…
部屋に出入りする謎の中年男女の秘密とは!?
真実と嘘が入り混じった“バラバラ殺人事件”の真相とは!?

ゲスト:柳生みゆ 諏訪太朗 小林峻 菊地美香 土居志央梨

ネタバレあり

  • 証拠品の返却で所轄署を訪れた冠城は、アパートの隣室で殺人事件が起きたかも知れないと訴える女流漫画家の夏音と知り合う。聞けば数日前、隣室から激しく争う音が聞こえたかと思うと急に静まりかえり、その後もともと住んでいた瀬戸はるか(地味で背の高い女性)を見かけなくなり、彼女とはまったく印象が異なる派手で小柄な女とその恋人と思われる男(猪口)がノコギリを部屋に持ち込む姿を目撃したという。さらに、見知らぬ中年男女が毎晩のように出入りしているという。夏音はバラバラ殺人を疑って所轄署に相談に行ったのだが門前払いを食らい、たまたま通りかかった冠城が話を聞いたのだった。
  • 興味を持った冠城は右京を巻き込んで調査に向かう。アパートの大家の村井に話を聞くと、以前夏音が聞いた時には「地味で背の高い女性」と認めたのに「入居当初から派手で小柄な女性」と証言。
  • 右京と冠城は「近くで窃盗騒ぎが」とうそをついて隣室の男女にドアを開けさせて話をし、中を見ると夏音の部屋側の壁に洋服が掛けてあり、小柄な女性では引きずりそうなワンピースだったため夏音はうそをついておらず「背の高い女性」は実在するのではないかと考える。
  • 冠城は「事件は全て夏音から聞いたもの、猪口の立場から考えると『夏音がはるかを殺害して遺体を隠しているため、その恋人らが揺さぶりを掛けるために、今回の件を仕組んだのではないか』」という可能性から夏音のことを調べ、中年男女のことは右京が調べることに。
  • 右京がアパートの前で張り込みをしていると夏音が帰ってきたが、猪口(の幻覚)に「うそつき」と言われ声を上げて逃げる。それを聞いた右京が追い、交代に来た冠城と合流。そこへ夏音の悲鳴が聞こえ、右京と冠城が駆け付けると犯人は逃走。冠城が犯人を追うも逃げられる。
  • 冠城の調べによると、夏音は学生時代から虚言癖がありふるさとにいられなくなるなどしていたことが判明。しかし、今回の件は指の痕が残るほどの強さで首を絞められており、うそではないと判断。
  • 夏音の訴えを門前払いしていた所轄が捜査に乗り出し、伊丹らが特命係に話を聞きに来る。冠城が「夏音には虚言癖があった」と情報を提供し、芹沢から「猪口は左官見習いをしているが夏音が壁の音を聞いた日の翌日から欠勤」という情報を得て、はるかについて聞くと「聖羽機械工業」というメモをもらう。
  • 聖羽機械工業ではるかについて聞くと、2年前まで勤めていて、写真を見せてもらうと背の高い女性と確認。
  • 右京は聖羽機械工業で経理部の部長補佐が会社の金を2億6千万円ほど使い込んでいた事件があったが、6千万円ほど行方がわからなかったことを思い出す。また、その事件があったのも、はるかが会社を辞めたのも、はるかが今のアパートに住み始めたのも2年前。
  • 青木が防犯カメラの映像から中年男女の身元を特定。2人は夫婦で子どもはなく、3年前に詐欺(共同墓地計画)で警察に相談していたことも判明。猪口も本物のはるかも天涯孤独で、中年男女も子どもなし、村井も独り暮らしと共通点を見つける。
  • 共同墓地の被害者に会員名簿を見せてもらい、猪口らが会員だったことが判明。
  • 冠城は「はるかが6千万円を隠し持っていてそれが動機、大家らも分け前目当てで死体損壊等で協力」と推理し、右京はそれを認めつつ「別の可能性もある」と指摘。
  • 夏音は部屋を出て行くことに。夏音が去ると、村井は報酬を「派手で小柄な女」に渡す。夜、村井、猪口らが夏音の住んでいた部屋に入り、押し入れの天板を外すとボストンバッグがあり、開けると札束を模した新聞紙が。そこに右京と冠城が入ってきて、「もともとは墓友(共同墓地購入者)の交流会で知り合ったが詐欺同然で3年前にNPO法人が解散、自暴自棄になったはるかが6千万円着服したが部長補佐の逮捕で怖くなったはるかは墓友に『一緒に入る墓の購入資金にしたかった』と打ち明けてとりあえず事故物件の部屋(夏音が借りた部屋)の天井裏に隠してひっそりと暮らした、しかし墓を購入する必要に迫られ(おそらくはるかが余命宣告を受け)あたかも隣室で事件が起きているように見せて夏音を追い出そうとした(偽のはるか役は村井行きつけの店の女性と確認)、ついに夏音は引っ越したがこれは推理が正しいか確認するためのお芝居」と説明。さらに、「夏音は殺されかけた、6千万円を使い込んだ裏切り者がいた、不動産業者に確認したらこの2年間借り手がつかなかったがそれは全て入居時の審査で落とされたから、にもかかわらず2カ月前(はるかが余命宣告を受けた直後)夏音の入居が認められた、大家という立場を利用してこの部屋に入り使い込んだのではないか、夏音が屋根裏の金に気付いて盗んだことにしようとして、右京らが介入してからは夏音を殺して金を持って失踪したことにしようとしたのではないか」と村井に迫ると、村井は「金は生きているうちに使うものだ、死んでからどんなに立派な墓に入ったって生きているうちに楽しまなければ意味がない」と開き直る。右京は「元は盗んだ金、それ以前にあなたのしたことは殺人未遂」と断罪。猪口らにも「犯罪で幸せを手に入れることはできない」と説教。
  • 夏音ははるかと会い、「東京で初めての友達」に。また、夏音は今回の話を漫画に。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 夏音が公園で襲われた時、村井はどうやってあの場所に辿り着いたの? 尾行していた? いつ帰ってくるかもわからないのに? あの公園に行くなんて予想できることではないし。
  • 町の防犯カメラの映像を令状もなく見ることができるの? 顔認証システムもいつの間にか実用化されている?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
柳生みゆ:三ツ門夏音(売れない漫画家)
諏訪太朗:村井健三(村井ハイツ小平の大家)
小林峻:猪口勇人
菊地美香:岸谷レイナ(ホステス)
土居志央梨:瀬戸はるか(聖羽機械工業にいた時に部長補佐をまねて6千万横領)
鎌滝秋浩:河合節夫(学習塾経営、妙子の夫)
瀬尾智美:河合妙子(学習塾経営、節夫の妻)
菅野久夫:笹本悦治(共同墓地の被害者)
藤澤オリエ:長谷川房子(聖羽機械工業経理部? 瀬戸はるかの元同僚)
前野恵:三ツ門りお(夏音の母親)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン15)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン15出演分です。 第1話「守護神」 大杉漣・菅原英人(相棒2 第6話)・衣笠藤治(相棒15 第1話~相棒16 第13話) 田窪一世・喫茶店のマスター(相棒2 第7話)・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました