相棒15 第3話 「人生のお会計」

放送日:2016年10月26日

第3話「人生のお会計」2016年10月26日(水)|相棒season15
テレビ朝日「相棒15」番組サイト。第3話「人生のお会計」2016年10月26日(水)よる9:00~9:54放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

殺人犯は余命宣告を受けた保険の営業マン!?
亘は“理想の上司”伊丹に弟子入りを志願

ある日、谷中(石井正則)という保険会社の落ちこぼれ営業マンが、医師から余命いくばくもないと告げられる。谷中は突然の宣告に戸惑いながらも、孤独な身の上をかんがみて、「今までしたくても出来なかったことをやろう」と思い立つ。そんな折、営業でたまたま飛び込んだアパートで、山本(十貫寺梅軒)という年配の男性が、自殺しようとしている現場に出くわす。行き掛かり上、自殺を思いとどまらせた谷中は山本から、娘を死に追いやった男に復讐したいものの、行方が分からないため人生に絶望したという話を聞く。

それから三週間後、山本が自室で殺害されているのが発見された。亘(反町隆史)は、どういう風の吹き回しか、「勉強させてほしい」と伊丹(川原和久)に取り入り、その事件の捜査を“見学”することに。一方、独自に動き始めた右京(水谷豊)は、被害者の仏壇に谷中の名刺が置いてあったことが気になり、勤務先の保険会社を訪ねる。するとそこに伊丹たちが乗り込んでくる。山本は最近、谷中の勧めで保険に入っており、受取人が谷中になっていたため、事情聴取で連行するという。ところが、その後、谷中に確かなアリバイがあることが分かり、一課は疑いを抱きながらも解放せざるをえない状況に。その頃、右京は、山本の娘が10年前、田島(渋江譲二)という男に貢ぐために横領事件を起こし、自殺したという情報を掴んでいた。一旦は捜査一課に帯同していた亘だったが、今回の殺人事件と田島の繋がりが気になり、右京と共に田島が勤めていたホストクラブに足を運ぶ。すると、数日前に谷中が田島のことを聞きに店を訪れ、なぜか数百万円もの大金を散財していたことが分かる。

10年前の女性の自殺と現代の保険金殺人に繋がりが!?
余命宣告を受けた落ちこぼれ営業マンの暴走の理由とは?
右京と亘がそれぞれの視点から奇妙な保険金殺人に挑む!

ゲスト:石井正則

ネタバレあり

  • 谷中という保険会社の落ちこぼれ営業マンが、医師から余命宣告をされる。そんな折、営業でたまたま飛び込んだアパートで、山本という年配の男性が自殺しようとしている現場に出くわす。行き掛かり上、自殺を思いとどまらせた谷中は山本から、娘を死に追いやった男に復讐したいものの、行方が分からないため人生に絶望したという話を聞く。
  • 3週間後、山本が自室で殺害されているのが発見される。冠城は「勉強させてほしい」と伊丹に取り入り、その事件の捜査を「見学」することに。
  • 独自に動き始めた右京は被害者の仏壇に谷中の名刺が置いてあったことが気になり、勤務先の保険会社を訪ねる。山本は最近保険に入ったが谷中が受取人だったため伊丹らも来て谷中を連行。しかしアリバイが確認され谷中は解放される。
  • 右京は山本の家を調べ、梁にほこりを拭ったような跡があり、山本が首を図ったが谷中に助けられたのではないかと推理。
  • 山本の娘が10年前、田島という男に貢ぐために横領事件を起こし、自殺したという情報を入手。右京と冠城は田島がかつて勤めていたホストクラブに行くと、数日前に谷中が田島のことを聞きに店を訪れ、「当時の従業員名簿を見せてくれたら」と500万円も使ったので、当時の関係者をたどって田島の住所を調べて伝えたとのこと。また、谷中の背中には刺青があったという。
  • 右京と冠城が田島に話を聞くと、「あいつが勝手に横領して勝手に死んだだけ、あれはもう終わったこと、もう二度と来ないでくれ」と途中で話を打ち切られる。
  • 谷中の刺青の写真を角田に見てもらうと、彫り師について教えてもらう。右京が彫り師に話を聞くと、「普通は何カ月もかかるところを時間がないから1週間で入れてくれと言ってきた」という。
  • 角田と冠城が、谷中が出入りしていたという情報があった佐山組で話を聞くと、「拳銃を売ってくれ」と言ってきたから「ここはカタギの人が来るようなところじゃない」と追い返したら1週間後にまた来て刺青を見せてきたから拳銃を売ったと認め、組対五課がガサ入れ。
  • 「時間がない」という言葉から右京は谷中の家の近くの病院を調べ、谷中は重い病気で余命が短いという感触を得る。
  • 冠城が田島の家に行って谷中の写真を見せると、「5日ぐらい前に来た保険屋」という。冠城が「あなたの命を奪おうとしている可能性がある」と伝えるも、田島は怒って冠城を追い出す。
  • 右京が谷中の部屋を調べていると、冠城から「5日前に谷中が来た、その時には拳銃を手に入れていたはずなのにどうして殺さなかったのか」と電話。
  • 谷中から田島に「さよならを言え」と裕子(田島の妻)の写真が添付されたメールが届き、田島は冠城に助けを求める。冠城の指示で田島が裕子に電話をすると、「保険屋から説明を受けている、店内で迷惑になるから」と電話を切られてしまう。そこで冠城が店に向かい、田島は電話をまたかけることに。田島が家に入って裕子に電話をしていると、谷中が家の中にいて包丁をかばんに入れ、田島に拳銃を突き付ける。
  • 右京は「殺さずに連れ出した」ということから谷中の意図を見抜いた様子。
  • 谷中は田島を崖の近くまで拳銃を突き付け(途中から拳銃にハンカチをかぶせた状態)歩かせる。崖まで来て田島に包丁を握らせ、「ここは山本の娘が自殺した場所」と告げる。そこに右京と冠城が来て話をすると、谷中は「田島を殺せば人のために生きることができると思った、山本から話を聞いて復讐する約束をした」と明かす。右京が「谷中はきっと人を殺せる人間ではない、その上で復讐するすべを考えた時自分の短い命を利用して絶対に捕まる方法で田島に復讐することを思い付いた、ここには監視カメラが設置されており今の状況は田島が刃物で谷中を脅しているように見える、谷中の方から田島に飛び込んでも田島が刺したように見える、その包丁は田島の家から持ち出したもの、妻に秘密をバラすと言われた田島には谷中を殺す動機がある、言い逃れできない状況を作った上で田島を刑務所に入れるために殺されようとした」と言うと、谷中は「死ぬこと自体はきっと苦しみじゃない、苦しみというのはきっと山本さんのようにつらいのに生きなきゃいけないこと」と返す。それに対して田島が「山本はそんなんじゃない、どこで調べたのかあいつが連絡してきて金を寄越すよう脅してきた、全部バラして今の生活をめちゃくちゃにしてやると言われた、何度もあいつの家に呼び出された」と言うと、冠城が「おまえが山本を殺したんじゃないのか」と聞く。それを聞いた谷中が拳銃を向けて詰め寄ると、田島は「仕方なかった、あの日も脅されて一生許さないとも言われてそのままじゃ身の破滅だと思った」と殺したことを認める。右京が谷中に「もういいでしょう」と言ってハンカチを取ると、拳銃はない。右京は「途中で捨てたのだろう、じゃないと田島は正当防衛で罪を逃れるから」と続ける。谷中が「台無しだ、せめて最後は人のために生きることができたと思わせてほしかった」と崖から飛び降りようとするが右京は「あなたがここで死ぬことは人のために生きるのとは正反対の道を選んだということ、ここで自殺をすればこの場所を大切にしている人たちを不幸にすることになる、あなたは美しい死を選んだつもりかもしれないが周りの人たちにとってははた迷惑な死でしかない、駅のホームで電車に飛び込むのと同じ、あなたの命は決してあなた一人のものではない、あなたがここで死なないというだけでも人のために生きたということになると思う」と説得。谷中は「あの人を今度こそ刑務所に入れてください」と自殺を思いとどまる。
  • 谷中が警察病院で検査を受けると「数値が回復してきた、もしかしたらもあるかもしれない」と言われる。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 谷中が飛び降りようとした崖は浅倉が飛び降りた崖。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
石井正則:谷中敏夫(ロワール生命保険の営業)
渋江譲二:田島高司
十貫寺梅軒:山本幸一(警備会社社員、自殺しようとしたところを谷中に助けられる)
田崎トシミ:高橋(田島が以前勤めていたホストクラブの店長?)
福田温子:田島裕子(田島高司の結婚相手、社長の娘)
南雲佑介:佐山泰三(銀星会佐山組組長)
小川あつし:医師(谷中に余命宣告)
森山米次:須藤(山本と同じ警備会社勤務)
龍坐:刺青師
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
由川信幸:田中(ロワール生命)
林大樹:
加藤裕:警察病院?医師
谷充義:佐山組組員
阿邊龍之介:佐山組組員
佐藤誠:佐山組組員
川守田政人:佐山組組員
川名陽介:谷中に同窓会の連絡をした小松崎?
草野速仁:佐山組組員
石橋知泰:佐山組組員
花澤豊孝:警視庁組織犯罪対策五課捜査員
宮田博一:佐山組組員
保科光志:佐山組組員
柳澤龍太郎:佐山組組員?
飯塚貴斗:佐山組組員

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン15)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン15出演分です。 第1話「守護神」 大杉漣・菅原英人(相棒2 第6話)・衣笠藤治(相棒15 第1話~相棒16 第13話) 田窪一世・喫茶店のマスター(相棒2 第7話)・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました