相棒15 第10話 「帰還」

放送日:2017年1月1日

第10話「帰還」2017年1月1日(祝)|相棒season15
テレビ朝日「相棒15」番組サイト。第10話「帰還」2017年1月1日(祝)よる9:00~11:15放送
スポンサーリンク

あらすじ

公式

特命係が閉鎖! 右京と亘は郊外の駐在所に左遷!?
隠蔽された警察官連続失踪事件の闇に切り込む!

 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

 翌日、黒水署に到着した右京と亘は、前任者が交代になった理由が気になり、調べ始める。すると、駐在所に住み込んでいた2人の警察官のほか、黒水署の有本(森岡豊)という刑事も行方不明になっていることが判明。右京と亘は失踪現場となった団地の住民から話を聞くが、収穫はゼロ。しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、2人は何らかの事件が起きたことを確信する。そこに、若月詠子(伊藤歩)という女性ジャーナリストが現れる。黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。

 その後、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)に取材の矛先を向けた詠子だったが、「ノーコメント」と突っぱねられる。しかし、それも含めて自分のニュース番組で警察官の不可解な失踪事件を報じてしまう。いっぽう、黒水町で捜査を続けていた右京は、ひょんなことから町長の和合と知り合う。和合いわく、町の再生に大切なのは志を持った“人”だというが、警察内部には「前科者を優遇するとは何事だ」と、今の政策を快く思っていない人間もいるという。その話が出た矢先、右京と亘に、なぜか四方田警視総監から捜査をやめるよう圧力がかかる。そんな中、四方田の指示を受け、黒水町で暮らす元受刑者・槙野(平岡拓真)を見張っていた刑事が遺体で発見される。現場には、四方田に届いた電報と同じフレーズ「私は獣として帰還する」というラテン語が書かれていた。この事件により、失踪中の警察官たちも既に殺害されている可能性が高まり、未曾有の事態への緊張が高まっていく…。

失踪事件の裏で暗躍する警視総監。警察官殺害事件とも関係が?
スクープを飛ばす女性ジャーナリストの危険なネタ元とは…!?
特命係の捜査に、美彌子、大河内、さらに伊丹たち捜査一課も協力し、
東京郊外で進行する不気味な事件と権力の巨大な闇を解き明す!?

ネタバレあり

  • 黒水町の駐在所で欠員が出て右京と冠城に異動の辞令(黒水は問題がある警察官の左遷先とうわさされる署)。
  • 黒水署に到着した右京と冠城は、前任者が交代になった理由が気になり、調べ始める。すると、有本という刑事も行方不明になっていることが判明。失踪現場となった団地の住民から話を聞くが収穫はゼロ。しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、何らかの事件が起きたことを確信する。
  • 有本の部屋を調べると麻薬と思しき草(幻覚作用のあるマジカルハーブの一種、違法薬物に指定されてない)を発見。そこに、若月詠子という女性ジャーナリストが現れる。黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。詠子は自分のニュース番組で警官失踪事件を報じる。
  • 右京、喫茶店の前に長時間いた男(警察庁の刑事)に「職務質問」し、そこに町長の和合も来て男は退散。和合と喫茶店で話をする。
  • 翌日、右京は署長から一切詮索するなと釘を刺される(四方田警視総監からの命令と明言)。しかし青木に男の写真を送って身元を調べてもらうと所属が記載されていない。
  • 冠城が峯秋に電話し、大河内と美彌子を来させる。4人で情報を突き合わせて推理(大河内が監察対象として調べていたのは有本で過去にさまざまな汚職に関与していた疑いあり、有本の部屋から麻薬が見つかっている、有本を含む5人の警察官で麻薬の売買をしていたと思われるが短期間で次々に失踪、それが事件化していないのは四方田が署長に圧力をかけたためだろう、警察内部では無断欠勤と処理され表には出ていない情報なのに詠子は知っている、詠子は四方田が8年前に2週間も休んだことも知っている、喫茶店を見張っていた男(三崎)は警視総監直属)。
  • 喫茶店に行くと三崎の姿はなく、遠くから見張ることにしたのなら団地の屋上だろうと行ってみると三崎の遺体を発見。黒水署が現場検証をしていると捜査一課が来て手を引くよう言われ、四方田が直々に捜査本部まで来てげきを飛ばす。
  • 聞き込みで槙野が浮上、防犯カメラの映像にも槙野が映っている・指紋も一致・住民の目撃情報ありと捜査会議で報告があり槙野逮捕に動くが逃げられる。
  • 詠子はニュースで牧野に逃げられたと報じ、冠城は詠子を見張る。詠子の元に「ネタ元」から連絡が入り、冠城が尾行するとその先で有本らの遺体発見。
  • 有本らの殺害動画が動画サイトに投稿される(投稿者名はタカハシ)。
  • 駐在に大河内と美彌子が来て4人で推理(四方田は8年前調布北署で子どもたちに柔道を教える機会があり(最後は5月6日)その頃有本は調布北署勤務、槙野が傷害事件を起こしたのも8年前の5月6日で調布北署管内、有本はその日ひどく殴られた男を闇医者のところに運び込んだ、運び込まれたのが四方田だとすると槙野が四方田を殴ってそれを有本が事後処理・武闘派で鳴る四方田が14歳の少年に負けたのを知られたくなかったため隠した・秘密を知った有本のためにいろいろ便宜を図った)。また、大河内が防犯カメラの映像が操作されてすり替えられた可能性を指摘。
  • 右京、署長に談判。署員総出で団地の住民に再度話を聞いていると房江が襲ってきたので公務執行妨害で逮捕。房江の部屋を調べるとタカハシとの写真や植物(麻薬の原料)を発見。
  • 房江に話を聞く(8年前、タカハシが逃亡犯をかくまったため四方田の肝いりで捜査が入りタカハシは抗議の自殺、槙野は復讐のため四方田を襲った)。
  • 四方田と和合が料亭で話をしているところを襲われて拉致される。犯行時、一時的にNシステムなどが使えなくなっており行方がつかめなくなったが四方田の体にはGPS(の発信器)が埋め込んであり、追跡すると四方田の遺体と怪我した和合を発見。
  • 伊丹らが和合に話を聞くと「槙野がマスクの男たちと行動を共にし、四方田を殺した」と証言。しかし右京と冠城が「衣笠副総監の指示のもとパソコンが入れ替えられたが、それを納入したのは和合の関連会社(でウイルスを仕込んだのではないか)」「槙野には槙野の正義があり、その行使は拳によってなされてきたが四方田は足で踏まれており、和合は他に傷一つないのにかかとだけ骨折したのは素足で踏み抜いたのでは」「この事件を起こせるのは世界でただ一人、あなたしかいません」と迫ると和合は「僕が犯人」(警察の連中、団地の連中、前科者たち、おあつらえ向きの材料がそろっていたからやった、動機も槙野の生い立ちを利用、外国の元特殊部隊を安く雇って実行犯にした)と自白するが「今しゃべったのは全部うそ」と翻す。
  • 冠城は詠子に和合の自白の録音データを渡す。詠子は報じようとするが、生放送中に爆発が起きて詠子死亡(和合は黒水署の署員が見張っていたが襲われて和合は逃走した)。
  • 右京、和合に「誰にも言うな」と呼び出された場所に行くが和合はおらず。冠城は復讐をしようと拳銃を手に和合は冠城を別の場所に呼び出す。
  • 右京は冠城に電話をするが別人が出て、冠城のスマホにある資料から和合の関係する不動産を調べさせる。
  • 和合は冠城を待っていたが、冠城より先に槙野が来て檻に入り、和合を殴る。冠城、発砲して槙野を止める。
  • 和合がハッキングに使っていた証拠を確保(自ら資料をファイリング。槙野が誤認逮捕された後、自ら真犯人と名乗り出るつもりだったのだろう)。
  • 「衣笠があっせんした和合のパソコンにウイルスが仕込まれていた」ということで峯秋は衣笠に次期警視総監推薦を協力させる。
  • 冠城は「右京のそばにいる資格はない、槙野がいなければ和合を殺していたかも」と言うが右京は「君が特捜部のデータを消去していたら和合の隠れ家を突き止めることはできなかった。本当に殺すつもりだったのなら君が手掛かりを残すはずがない。君はぎりぎりのところで踏みとどまった。僕にとってはそれが真実」と返す。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 26日、署にいる時、駐在にいる時、団地にいる時でネクタイの結び方が違う(駐在にいる時だけ違う?)。
  • 21日に行けと言われて26日に行くというのはいくらなんでも時間かかりすぎでは? 公式HPでは行けと言われた翌日に行ったことになってるけど。
  • 21日の防犯カメラの映像、有本が映っている部分は削除した? パトカーを止めた位置は映っているはずだけど、半田は残して有本(と拉致した実行犯)だけ消すというのはどう考えても無理だろうし。でも、そしたら「あるはずの映像がない」ということにどうして気付かなかった?
  • 「新しい町民」の3人が駐在の前を通る時にあいさつをしたけど、たった1日で変わり過ぎ。
  • 広報課の「予定表」が2016年12月の曜日ではない。
  • 四方田の経歴では2012年1月から警視庁警備部長で2015年1月から警視総監になっているが、相棒11 第1話 「聖域」(劇中2012年9月)では井手実篤が警備部長。
  • 住民が槙野を見たと証言した理由は? 見たと証言しろという指示があったの? 房江の話だとそういう指示はなかったっぽいけど、なぜ口裏を合わせたように見たと言ったのか。槙野がやったと思うなら、逆にかばうんじゃないの? また、有本を見てないと証言したのもそういう指示があったわけ?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
神保悟志:大河内春樹
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
八嶋智人:和合賢人(黒水町町長、元IT起業家)
伊藤歩:若月詠子(黒水ケーブルテレビディレクター兼キャスター)
小宮孝泰:国奥正和(黒水署署長)
平岡拓真:槙野真理男(喫茶 森のあしあと)
仁村紗和:藤井利佳子(喫茶 森のあしあと)
内野謙太:半田順平(黒水署地域課)
山本道子:下地房江(黒水町の団地の住民)
森岡豊:有本日明(黒水署刑事)
大竹浩一:神津隆之(黒水署刑事)
廻飛呂雄:丸尾義男(黒水署鑑識)
外川貴博:城嶋利彦(捜査一課)
中山研:見崎亮(警視総監直属で槙野を見張っていたが殺される)
中原裕也(内田裕也):黒崎健太(東京地検特捜部)
児島功一:綿貫肇(捜査一課刑事)
太田彩乃:八木文香(黒水町の団地の住民)
田中啓三:吉田剛(捜査一課刑事)
コッセこういち:タカハシ(黒水町に存在した教祖的存在)
石田尚巳:西野貴博(黒水署地域課)
毛利悟巳:清水理沙(黒水ケーブルテレビイブニングニュースのスタッフ)
岡野友紀:近藤保(黒水ケーブルテレビイブニングニュースのカメラマン)?
千田美智子:警視総監の秘書?(警視総監に電報を渡す)
早川正純:
益田恭平:廣田和志(黒水町の新しい住民)
本田聡:池部大雅(黒水町の新しい住民)
水沼天孝:高木翔伍(黒水町の新しい住民)
長島竜也:四方田のSP
岩田知幸(岩田友幸?):駒形等(黒水署警務課)
真鍋誠志:「黒水町 新しい町民を迎える会」の司会
金井信:レストランのピアニスト
ロニー・サンタナ:
安田俊:紀藤孝幸(黒水署地域課)
森田晃太郎:四方田のSP
ダニエル・アクヨ・ゴメス:
長田陽:佐藤範巳(黒水署生活安全課)
リカルド・テイシェラ:
セルティ・イワノフ:
永島敏行:四方田松榮(警視総監)
大杉漣:衣笠藤治(警視庁副総監)
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン15)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン15出演分です。 第1話「守護神」 大杉漣・菅原英人(相棒2 第6話)・衣笠藤治(相棒15 第1話~相棒16 第13話) 田窪一世・喫茶店のマスター(相棒2 第7話)・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました