相棒10 第18話 「守るべきもの」

スポンサーリンク

放送日:2012年3月7日

テレビ朝日|相棒season10
テレビ朝日 相棒season10公式ホームページ
スポンサーリンク

あらすじ

公式

民間警備会社の土方(合田雅吏)が銃弾を受けて死亡した。
土方は、ある研究をしている学者・泊(今井朋彦)を警護している最中だった。
尊(及川光博)と警察学校で同期だった土方は、閣僚警護の経験もあったが「SPという仕事に恐怖を感じるようになり警察を辞めた」と言われていた。その土方が民間の警備会社に入り、再び警護の仕事についていたことに、尊は違和感を感じる。
米沢(六角精児)によると、銃撃は2発。防犯カメラの映像には土方が1発目の狙撃の後、逃げ出すように走り出す姿が残されており、2発目が命中した。一緒に居た泊も、土方が逃げ出したと証言しているという。
泊は事件前に「研究を中止せよ」という脅迫状を受け取っていたらしいが、命を狙われるほどの研究とは一体どんなものだったのか?
興味を抱いた右京(水谷豊)は尊とともに調べ始める。

土方は本当にSPの仕事が怖くなって辞めたのか?
なぜ土方は銃撃されたとき逃げ出したのか?
疑問が膨んでいく中、土方が命を落とすことになった背景に意外な事実が隠されていたことがわかる…

ゲスト:今井朋彦 合田雅吏 手塚とおる

ネタバレあり

  • 民間警備会社の土方が銃弾を受けて死亡。神戸と警察学校で同期だった土方は閣僚警護の経験もあったが「SPという仕事に恐怖を感じるようになり警察を辞めた」(箕島大臣の警護から外してほしいと申し出たため臆病風に吹かれたのだろう)と言われていたが、その土方が民間の警備会社に入り再び警護の仕事に就いていたことに神戸は違和感を感じる。
  • 米沢によると、「研究を中止せよ」という脅迫状を受け取っていた泊という研究者の警護をしていたが、300メートルほど後方のビルから発砲され、土方は1発目の狙撃後に逃げ出すように走り出し、2発目が命中したとのこと。右京は「命が狙われるほどの研究」というのが気になり調べ始める。
  • 事件当日と他の日の映像を比較し、土方がバッジを着けておらず、車の来る方向が違うことを確認。
  • 新見(土方の上司)に話を聞くと、「仕事を選ぶところがあった、信頼できる関係になれるかどうかと言っていた、泊さんは研究所と泊まっている南急ホテルとの往復だったので報告書はまとめて出していたためない」とのこと。また、土方の机から日本丸(泊がかつて援助を受けていたNPO法人)代表の名刺を発見。
  • 三橋(日本丸代表)に話を聞くと「土方という人物には心当たりがない」とのこと。
  • 泊に「マフラーは事件当日からしている、その日はいつもと通勤経路が違っていた、土方がバッジを外していた」ことからどこかに寄ったのではないかと聞くと、留学する娘を見送るために会いに行っていたとのこと。また、怪しい車の尾行をまいたがホテルに不審人物が現れて南急ホテルから別のホテルに変えたという。
  • 南急ホテルで防犯カメラの映像を確認すると、日本丸にいた職員を発見。
  • 伊丹らはグローバルエネルギー(一般企業と経済やくざの龍神会が合同で立ち上げた会社)を調べていて日本丸への寄付が多いことに気付き、一緒に話を聞くと、三橋は「グローバルエネルギーの社長から『ボディーガードをつけてる』と調べるよう言われて買収できないか接触した際に名刺を渡した、研究がどうなっているか探ろうとしただけ」と答える。すると右京が「では他の人を買収したのだろう、ホテルがわかったのは警備会社の情報では?」と指摘すると三橋は「記憶にない」ととぼけるが、最終的に新見から報告書を見せてもらったと認める。
  • 新見を問い詰め、報告書を提出させる。それを見て、上司も信用できない中1人で警護していた土方が「SPが怖くなって辞めた」とは到底思えないことから宮里(土方の元同僚)に話を聞くと、「辞めた本当の理由は箕島大臣がSPをまいて愛人に会いに行くなどして『あの大臣の警護はできない』と申し出たが辞める本当の理由(SPを欺くような人物の警護はできないと思ったから)を話さなかったため『SPが怖くなって辞めた』とうわさになった」という。
  • 「土方は本当に逃げたのか」と疑問に思い、もう一度防犯カメラの映像を確認すると、右京は何か気付く。
  • 泊と鷲尾(研究所の所長)に会い、土方が逃げたと思った理由を聞くと、泊は「土方が撃ってきたのとは別の方向に走り出したから」と答える。しかし、「ライフルの弾は音速より早く、300メートルを超えた狙撃の場合銃声よりも早く弾丸が到達し、銃衝撃音(弾丸が空気を切り裂く音)が銃声より先に聞こえていたはず。おそらく土方はその音に反応して前方に走った、こういう銃衝撃音による狙撃場所の誤認は訓練されているSPにも起きる、つまり土方は逃げたのではなくあなたを守るための行動だった」と指摘、さらに「土方が特定できなかったのにあなたに狙撃場所を特定できたとは思えない、どこから狙撃されるのかあらかじめ知っていたからではないか、つまりは狂言、研究を断念する理由にするため、泊は事件前にアメリカ大使館へ就労ビザを取得するために行っているのは研究を中止する計画だった」と指摘すると、泊は「その通り」と認める。そこへ伊丹らが来て、鷲尾が会社の金を着服していたことが確認できたことを告げ、損金として処理するために狂言でしたのだろうと言うと、鷲尾は「人が死ぬ計画じゃなかった(腕のいいスナイパーを雇った、動けば逆に危ない)」と認める。伊丹らは泊と鷲尾を連行。
  • スナイパーも逮捕。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 「罪のない人間が命を落とした」とか「被害に遭った」とか言って責めるけど、「罪深い人間なら命を落としたり被害に遭ってもいい」ってことじゃないよね? だったら「罪がない」と強調しない方がいいんじゃない?
  • 狙撃事件があったのに、翌日まで神戸は動かなかったの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
今井朋彦:泊真一(ヨツバ化学工業 研究員)
合田雅吏:土方勇作(イージス警備 SP)
佐藤裕:鷲尾啓介(ヨツバ化学工業 所長)
手塚とおる:三橋卓也(NPO法人 日本丸代表)
大下源一郎:宮里(警備部警備課第二係SP)
矢嶋俊作(矢島俊作):新見(イージス警備、土方の上司)
石井マサト:志村(グローバルエネルギー 社長)
江戸川卍丸:富田(NPO法人 日本丸職員?)
圷真樹:スナイパー
沼倉花菜:ゆみこ(泊の娘)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン10)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン10出演分です。 第1話「贖罪」 田野良樹・居酒屋の常連客(相棒2 第14話)・記者(相棒4 第21話)・議員会館の警備員(相棒7 第3話)・タクシー運転手(相棒10 第1話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました