相棒10 第11話 「名探偵再登場」

スポンサーリンク

放送日:2012年1月11日

テレビ朝日|相棒season10
テレビ朝日 相棒season10公式ホームページ
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 探偵社を経営している樋本(鈴木省吾)の遺体が発見された。
 樋本の元妻でかなりの美人の佳美(陽月華)に容疑がかかるが、彼女のアリバイ証言したのがあの私立探偵・矢木(高橋克実)だった。
 矢木は自らをマーロウ矢木と名乗る探偵で、かつて美大生殺害事件(シーズン5 第10話)で右京(水谷豊)らの捜査に割り込んできた男だ。ハードボイルドに憧れ、どこかお調子者。そんなマーロウ矢木と今回タッグを組むハメになってしまったのが尊(及川光博)だった。

 マーロウ矢木が証言した佳美のアリバイというのが、佳美は犯行時刻に矢木とラブホテルにいたというものだった。
 そのこと自体が嘘くさいが、なにごともなくホテルにいただけだと言い張る矢木。

 しぶしぶながら尊はマーロウ矢木と樋本のオフィスへ。そこでも違法スレスレの捜査をして樋本のデスクの資料を覗き見ることに成功する矢木。その結果、樋本が資産家の福栄義英(松熊信義)から依頼を受けていたことがわかった。

 「ハードボイルドに資産家と美女はつきもの」などといいながら勝手に盛り上がるマーロウ矢木を後目に頭を抱える尊。

 樋本を殺害したのはいったい誰なのか?
 資産家・福栄義英は被害者の樋本になにを調べるよう依頼していたのか?

ゲスト:高橋克実 松岡由美 矢柴俊博 陽月華

ネタバレあり

  • 探偵社を経営している樋本(鈴木省吾)の刺殺体が発見される。樋本の元妻の佳美に容疑がかかるが、彼女のアリバイ証言したのがあの私立探偵・矢木(相棒5 第10話 「名探偵登場」で登場)だった。八木は佳美の内縁の夫で行きつけのバーのバーテンダーの稲尾から依頼を受けて佳美を尾行していたのを見つかり、「相談に乗ってほしい」とホテルに入ったが、八木は酒を飲んで1時間ほど寝ていたという。八木は「佳美が怪しい」と、神戸と一緒に調べることに。
  • 神戸と八木は樋本の会社に行き、樋本の部屋で神戸が社員に話を聞いている際に八木は勝手に机の引き出しを開けて調べ、福栄義英(福栄財閥当主)から依頼を受けていたことを確認。八木によると福栄は300億の資産があるが、最近具合が悪く、遺産相続に絡んで何かが起きてもおかしくないと口にする。
  • 八木は神戸と右京を連れて稲尾の店へ。稲尾は佳美との婚姻届を書いたが、佳美が「占い師に1月23日に出せば幸せになれると勧められた」と婚姻届の提出は待っているという。また、店には佳美からもらった人形が飾ってあり、佳美の尾行は店で他に客がいない時に頼んだとのこと。
  • 樋本の通話記録に福栄家の番号があり、右京と神戸が訪ねようとすると八木も現れ、八木が私立探偵と名乗って神戸は門前払いされると思ったが、予想に反して中へ通される。福栄は病に伏せっているということで晴子(福栄の亡き息子の妻)と執事の倉橋が対応。遺産相続について聞くと、福栄の孫の英則が唯一の法定相続人だという。
  • 右京は「1つ調べたいことがある」と八木に依頼し、八木は稲尾の店に行って「佳美とは結婚しないでくれ、自分も好きになった」と稲尾に言う。
  • 八木が事務所に戻ると、佳美がいてどうして稲尾との結婚をやめさせようとするのか問い詰めるが、そこに右京と神戸も登場。「どうしてつい先ほどの話を知っているのか」と聞き、稲尾の店から人形を持ってきて盗聴器(樋本の会社で使っている最新のもの)が付いていることも指摘。右京は「おかげであなたと樋本の狙いがわかった、稲尾の出自に関係していた、稲尾は福栄の子ではないか?」と聞くと、佳美は「30年以上前に愛人に生ませた子、認知はしたけど福栄との約束で父親は死んだと聞かされて育ったから稲尾は何も知らないはず」と認める。右京は「樋本は半年前に稲尾がどこで何をしているか、また独身であることを知って離婚し、あなたと稲尾を結婚させようと目論んだ、いずれ入るであろう遺産目当てで」と指摘。神戸も「せっかく書いた婚姻届を1月23日まで出さないようにしたのは出そうにも出せなかったから」と指摘し、佳美は「結婚して籍さえ入れてしまえば離婚で慰謝料をふんだくることができる」と認める。さらに右京は「佳美が八木の尾行に簡単に気付いたことから前もって知っていた可能性が高い、八木も稲尾の出自を知って近づいて来たのではないかと勘ぐって盗聴器を仕掛けた」と指摘。佳美は「事件当日は樋本と会う予定だったが、樋本が人と会うことになって会えなくなって八木とホテルに入った」と言う。
  • 稲尾を現場近くからタクシーに乗せたという情報が入り、捜査一課は稲尾を参考人として聴取。稲尾は「佳美がバツイチとは知らなかった、佳美が同窓会に行く前にめかし込んでいたから携帯を見て樋本の名前があり会社の前に行ったら出てきたので追うと誰かと会う様子だったから帰るよう頼むうちにもみ合いとなり突き飛ばして頭を打って倒れた」と供述。右京と神戸がそこに入ってきて「樋本は佳美と会う予定をキャンセルして別の人物と会うことにしており、その人物が犯人の可能性が高い」と指摘。
  • 八木は福栄の部屋にいたが、部屋を出たところでスタンガンで気絶させられる。
  • 凶器の包丁の傷から金、銀、銅の成分が検出される。右京が八木に電話をしても出ず、福栄家に行って倉橋に聞くと知らないと言われたが、英則が親しげに八木を連れて現れる。右京はそれを見て「あなたは何度も屋敷に足を運んだことがある、福栄が依頼人だったのではないか、福栄の資料を見せたのは事件の背景に福栄のことがあると教えるため、福栄から稲尾を探すのを頼まれ、見つけた後財産目当ての輩が近づかないよう見守るよう頼まれた」と推理。神戸が「だとしたら樋本には何を依頼したのか?」と口にすると、右京は「それこそが樋本殺害の動機、樋本は『300億円のため』と言っていたが直系の孫の英則に200億円、稲尾には100億円が配分される、樋本と佳美が共謀して稲尾の金を全て奪っても100億円が上限、樋本はDNA鑑定をする機関に電話している、英則が生まれたのは英雄(福栄の子、晴子の夫)が死んだ9カ月後、つまり樋本に依頼したのは英則のDNA鑑定、自分の死後にもめ事が起きないように念を入れたのだろうが期待を裏切ることになった、樋本は鑑定結果を福栄に伝えない代わりに遺産のほとんどを寄越すよう迫った、樋本を殺したのはあなたですね、現場で稲尾が去ったのを見届けた後刺した」と聞くと晴子は「言い掛かりはやめて」と否定。しかし「包丁にイエローゴールドという金が付着していた、包丁を両手で握り刺した際にあなたの指輪で付いた傷だろう、調べれば証拠になる」と迫り、伊丹らが来て晴子を連行。さらに右京は倉橋に「八木の監禁を手伝いましたね、英雄が急逝して相手は誰でもいいから子どもを作るよう知恵を授けた」と指摘、倉橋は「全ては福栄家のためにしたこと」と認める。八木にも「住居侵入罪を犯している」と指摘。
  • 後日、福栄は英則を養子にすることにしたという。右京は八木が事前に福栄に真相を話して手回ししたのだろうと推理。

矢木明(高橋克実)は相棒5 第10話 「名探偵登場」で登場。

スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 1月6日は金曜だけど、同窓会を平日にするの?
  • 右京、住居侵入で矢木をとがめる。
  • ※追記

  • 前回、タウンページみたいなものには住所は渋谷区、電話番号は03-340-****で載ってたけど、今回の名刺では住所は新宿区で電話番号は03-340-****。渋谷から新宿に移っているのに市内局番が変わっていないのはおかしいでしょ。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
高橋克実:矢木明(探偵)
松岡由美:福栄晴子
矢柴俊博:稲尾真木彦(バーテンダー、福栄義英の子)
陽月華:栗山佳美(樋本晃一の元妻)
真実一路:倉橋悦史(福栄家の執事)
松熊信義:福栄義英(福栄財閥当主)
鈴木省吾:樋本晃一(探偵社社長)
西村亮海:福栄英則(福栄晴子の子)
安部賢一:探偵社社員
天現寺竜:カラオケの客
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン10)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン10出演分です。 第1話「贖罪」 田野良樹・居酒屋の常連客(相棒2 第14話)・記者(相棒4 第21話)・議員会館の警備員(相棒7 第3話)・タクシー運転手(相棒10 第1話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました