相棒10 第1話 「贖罪」

放送日:2011年10月19日

テレビ朝日|相棒season10
テレビ朝日 相棒season10公式ホームページ
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 15年前に女性を殺害したとして、刑を終えて出所したばかりの城戸充(池内万作)が投身自殺した。彼の遺書には、自分は無実であるという訴えと、尊(及川光博)を「絶対に許さない」という言葉が。大河内(神保悟志)から連絡を受けた尊は、自ら事件を検証し直す覚悟を決める。
 15年前の被害者・綱島瑛子(長澤奈央)は尊の知人だった。瑛子から「しつこい男に付きまとわれている」と相談された尊は、その男・城戸に会って注意するが止めず、尊は警察手帳を見せ二度目の警告をする。警察官と知って城戸は素直に頭を下げて反省していたが…。ところが、その後綱島瑛子が殺害され、城戸は重要参考人として警察から追われることに…。逃亡中の城戸は、尊に助けを求める。尊は喫茶店で城戸に会い出頭するよう説得。しかし城戸はあくまでも犯行を否認し、捕まったら最後、有罪にされてしまうといい店を出ようとするが、その場で張り込んでいた刑事たちに囲まれ、城戸は尊に「騙したなっ」と叫びながら連行される。
 「城戸が殺人犯として服役し、償いを終えてもなお、冤罪を訴えて自殺したのはなぜなのか」その点が気になる右京。当時は「適切な捜査で逮捕され、公明正大な裁判で有罪になった」と信じて疑わなかった尊の中でも、疑問が膨らんでいく…。
 右京と尊は、当時の関係者を一人一人当たっていく中で、捜査を担当した池上刑事(天宮良)、城戸の取り調べを行った益子検事(赤塚真人)、公判を担当した釜田検事(升毅)、城戸に有罪判決を下した大森裁判長(吉田鋼太郎)の4人が全員事件の翌年にそれぞれの仕事を辞め、転職していたことに気づく…。その奇妙な“共通点”は何を意味するのか?さらに当時の左陪審・磯村菜々美(戸田菜穂)から「有罪判決を下しちゃいけないような気がした」という情報を得て、真犯人をあぶり出していく。
 しかしそこには、予想だにしなかった事実が隠されていた…。

ゲスト:戸田菜穂 大沢樹生

ネタバレあり

  • 殺人罪で服役していて仮出所した城戸が「俺は断じて殺してない 俺は警視庁の神戸尊を絶対に許さない」という遺書を残してマンションから飛び降りて自殺。
  • たまきが花の里を畳むことを右京に伝える。
  • 大河内は神戸に城戸の遺書のことを教え、神戸はそれを預かり検証することに。
  • 右京は大河内から聞き、「検証」に協力することに。
  • 神戸によると、「通っていたスポーツクラブで知り合った綱嶋瑛子が城戸にストーカーをされていて警察に相談したが相手にしてもらえず自分が相談を受けて城戸に忠告をした、しかしその後嫌がらせされるようになった(城戸がしたという証拠もあり)ので警察手帳も見せて忠告をした、さすがに反省したと思ったがその後城戸は瑛子を殺した、何を思ったのか城戸は自分に助けを求めてきて会って話を聞いた際に『無実なら胸を張って出頭すればいい、間違いならばすぐに解放される』と諭し、城戸と会うことを伝えておいた捜査一課が逮捕した」という。右京は城戸が冤罪を訴えていることを気にし、神戸は「当時は『適切な捜査によって逮捕され公明正大な裁判によって殺人犯と認定された』と思っていたが今は違うので検証する気になった」と心境を説明。
  • 城戸が死んだ場所を調べると瑛子の住んでいたマンションとわかる。
  • 神戸は城戸の裁判を傍聴しただけでなく証人としても出廷し、「二度目の忠告の後に城戸から脅されたと瑛子が言っていた」と証言したという。
  • 池上(当時担当した刑事、現在は探偵)、益子(当時城戸の取り調べを行った検事、現在は弁護士)、釜田(当時公判を担当した検事、現在は弁護士)、大森(事件の一審で裁判長、現在は大学で教鞭を執る)の4人が事件の1年後に辞めていたことがわかり、話を聞くがそれぞれ「よく覚えていない」という。
  • 磯村菜々美(事件の一審で左陪審)に話を聞くと「よく覚えている、当時明確な根拠はないが有罪判決を下してはいけないと思った」という。菜々美によると、瑛子は撲殺、ブロンズ像で頭部を殴打されておりブロンズ像から城戸の指紋が検出された、それは城戸が宅配便で贈った物、第一発見者は被害者の友人の女性(染谷由香恵)とマンションの管理人(若林晶文)だという。
  • 調べると若林と由香恵は結婚(事件後に励まされるなどして恋仲になった)しており、話を聞くと、由香恵は待ち合わせをしていた瑛子が来ず電話にも出なかったため瑛子の自宅まで行ったが部屋の電気もついていて心配になって管理人の若林を呼んで一緒に部屋に入り遺体を発見したという。また、若林の家に飾ってある絵は瑛子が持っていたものだが由香恵が瑛子からもらったという。
  • 特命係に戻ると伊丹らが待っており話をすると、三浦が「酒井(当時担当した刑事)は定年目前で最後の事件、早期解決のために執念を燃やしていた」と思い出し、右京は「その執念が誤った結論を導き出して冤罪を作ってしまった可能性もある」と指摘。
  • 酒井の妻に話を聞くと、捜査資料のコピーを持っていて預かる。「酒井は何か心残りがあったと思う、しょっちゅうこの資料を見てた」という。
  • 供述調書を見ると「瑛子にお詫びがしたいと部屋に行ったら上げてくれた、お詫びをしたいというのはうそで殺すつもりだったが自分が贈ったブロンズ像があったのでそれで殴り殺した、その後引き出しから合鍵を見つけて鍵を掛けて逃げて合鍵はごみ収集車に捨てた」となっているが、「典型的な作文」と断定。右京は「最も疑問に思うのが簡単に城戸を部屋に入れている点」と指摘。
  • 右京は「供述調書はでたらめだとしても城戸の指紋が凶器となったブロンズ像から出たのは事実」という点に着目、「城戸からの贈り物を瑛子が受け取るとは思えない」と考える。また、若林は父親から金を借りていたが事件の翌年に1000万返したということから、「真犯人の若林は冤罪を作った池上ら4人のうちの誰かを脅迫してかなりの金額を要求し、1人で用意できる金額ではなかったため他の関係者3人も引き入れて4人で金を工面するために退職した」と推理。
  • 由香恵が警視庁に来て「新婚当初うなされて『悪かった、殺すつもりはなかった』と寝言で言うのを聞いた、調べてもらえないか」と相談。
  • 右京は「凶器のブロンズ像は城戸からの贈り物で瑛子が不在だったため管理人の若林が預かる、それを瑛子に渡そうとしたが瑛子は受け取りを拒否して若林は持ち帰った、男性名で送られた品物を受け取り拒否したことに興味を持って自分の指紋が付かないように中身を確認して凶器として利用して城戸の犯行に見せかけようとした」という推理を芹沢と三浦に披露。
  • 伊丹らが若林に任意同行を求めると素直に応じ、取り調べで瑛子を殺したことを認めるが恐喝は認めず。伊丹は「何か裏がある」と感じ、右京も同意する。
  • 裁判で若林は「自白は強要されたもの」と否認に転じる。
  • 右京は若林が一事不再理(無罪が確定すればその後どんな証拠が出ても裁けない)を狙って当初自供したと気付く。
  • 由香恵が「主人とけんかして腹いせにうそをついた」と証言。
  • 池上ら4人が会食。若林に策を与えたことなどを話す。
  • 若林に無罪判決が出て、控訴断念で無罪が確定する。
  • 右京は若林が単独で一事不再理を思い付くわけがなく、池上らが糸を引いていると推理。「殺人ではなく絵を奪うための強盗致死」という理屈で若林を揺さぶって同行に応じさせ、取調室で「池上らを恐喝したことを認めれば強盗致死容疑は撤回する」と取引を持ち掛け、若林は「1億要求した」と認める。
  • 右京は池上ら4人を呼び出し、「法廷で決着を着けよう、冤罪を見過ごしたことによる損害賠償請求の民事訴訟を起こす準備を城戸の母親が進めている、その法廷で若林に証言させる」と宣言。
  • 神戸と菜々美が城戸の母親に会い、訴訟を起こすよう説得。
  • 右京は若林に取調室での録音を聞かせ、「証人としての出廷を拒否してもいずれ真相は世間の知るところとなる、自ら償いのチャンスをつぶしてしまったことに後悔するはず、ところがなくしたはずの償いのチャンス・贖罪の機会がこうしてまた訪れた、あの連中を地獄へ道連れにすることが唯一残された贖罪の道」と民事裁判で証言するよう要求。
  • 右京が神戸の証言(二度目の忠告後に瑛子が脅された)について、その後何か行動しなかったのか聞くと「していない、察しの通り証言はうそ、立派な偽証罪」と言うと右京は「とっくに時効だが」と返す。
  • 神戸は大河内と飲みながら「俺は警察官だったのに」と自分を責める。
  • 右京が花の里に行くと閉店のお知らせが出ており、「僕としたことが」とつぶやく。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 城戸はタクシー運転手に「13年ぶり」と言ったけど、事件は15年前。普通そんなの間違える?
  • ・右京は「罪の償いを終えてなお自分は殺していないと主張」って言うけど、仮釈放なら罪の償いを終えていないのでは? 公式サイトのあらすじでも「刑を終えて」となっているけど、城戸の死を報じる記事では「仮出所中」。
  • 事件当日、渋谷で待ち合わせていたのに綱嶋瑛子はなぜ自宅に戻ったの? 家と職場が近ければ一度帰ることもあるだろうけど、回想シーンでも「また出掛ける」という感じではないし。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
益戸育江(高樹沙耶):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
神保悟志:大河内春樹
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
戸田菜穂:磯村菜々美(東京地裁判事)
大沢樹生:若林晶文
吉田鋼太郎:大森誠志郎(大学教授、元判事)
天宮良:池上慎二(探偵、元刑事)
赤塚真人:益子英彦(弁護士、元検事)
升毅:釜田千也(弁護士、元検事)
松永玲子:若林由香恵
池内万作:城戸充
長澤奈央:綱嶋瑛子
茅島成美:酒井幹子
長内美那子:城戸生江(城戸充の母)
戸井田稔:酒井光男(元刑事)
野添義弘:小森俊幸(平井署刑事)
児玉謙次:若林文悟(若林晶文の父)
倉持一裕:若林晶文の公判の検事
野村信次:若林晶文の公判で裁判長を担当した判事
田野良樹:タクシー運転手

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン10)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン10出演分です。 第1話「贖罪」 田野良樹・居酒屋の常連客(相棒2 第14話)・記者(相棒4 第21話)・議員会館の警備員(相棒7 第3話)・タクシー運転手(相棒10 第1話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました