相棒7 第19話 「特命」

放送日:2009年3月18日

テレビ朝日|相棒7
スポンサーリンク

あらすじ

公式

警察庁の神戸尊(及川光博)という男が警視庁特命係に左遷されてくる! 一体何をしでかして特命係に配属されることになったのか?一方、右京(水谷豊)は尊の配属初日、彼に会おうともせず、ある山奥の村で捜査をしていた。 出端をくじかれた尊は右京を追いかけるように村へ。右京によると、この村の女性から殺人事件を暗示するような絵が添えられた手紙が送られてきたという。 村長の源一(前田吟)、その弟の晋平(日野陽仁)、住職の法春(苅谷俊介)ら村の人間たちに煙たがられながらも捜査を進める右京と尊。描かれた絵の真相は? 単なる描き手の想像か、それとも…? 右京と尊の新コンビで初の事件に挑むに大苦戦!?

ネタバレあり

  • 神戸は警察庁幹部に「特命係が警察にとって有益な存在として発展できるか、杉下右京にその可能性があるか見極めてほしい」と言われて特命係に異動になる。
  • 右京は神戸の配属初日、ある山奥の村で捜査をしていた。 出端をくじかれた神戸は右京を追いかけるように村へ。右京によると、この村の女性(直弓)から殺人事件を暗示するような絵(貞子が倒れ、晋平が包丁を持ち、源一がうなだれている姿)が添えられた手紙が送られてきたとのこと。
  • 源一ら事件現場の山小屋を壊す。
  • 右京、直弓に話を聞く(貞子は3億の保険をかけていた、福助が何度も事業を失敗してそのたびに借金を抱えた)。
  • 右京の見立てでは、絵はネズミを描いたものであり人物などは背景にすぎない。殺人の場面のように見えなくもないが、貞子が自殺を図り、そこに源一と晋平が駆け付けたようにも見える。
  • 貞子の保険が免責期間が過ぎていないことが判明し、右京は福助に「自殺では保険金が下りないから源一が貞子を殺した上で無理心中しようとしたのではないか」と推理を伝える。
  • 右京、源一にも推理をぶつけ、「唯一福助の心を救えるのは真実のみ」と説得し源一自白。
  • 小屋が壊されたことで毅一はパニックになり崖から転落して骨折して動けなくなり死亡。
  • 右京は毅一が残した絵から、直弓が毅一を発見したが「ごめんね」と言って放置したのではないか(保護責任者遺棄罪、立派な犯罪)と指摘。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 冒頭、月が映るけど、見たところ月齢は27くらい。それが夜空に浮かんでいるということは、夜明け前ってことになるけど、「きいちゃんは規則正しい」生活を送っている、とのことで、ダメじゃん・・・。
  • 右京が「3日前ひょっこり現れた」(坊主談)のか「一昨日突然来ちゃって」(駐在談)なのか。どうして人によって言うことが違うの? 警官であることを隠し、「怪しんだ住民から通報があったら、聖書を商っているということにしてください」と駐在に頼むくらいだから、着いたその日のうちに駐在のところに行くもんじゃない?
  • 右京、所有者に許可を取らずに山小屋の鑑識作業。
  • 右京は「神戸君、君がどう言おうと、僕は見過ごせないんですよ」と他人の犯罪を指摘するけど。自分は住居侵入とか余裕でやってるのに。ピエロの時だったか、「処分は後で受けます」みたいなこと言ってたけど、それは結局受けたの? 証拠の捏造だってお手の物。裁判に出す証拠じゃないならいいのか? 自白させるのに堂々と嘘をつくこともある。「正義の暴走」ということなら、おとがめなしなの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
益戸育江(高樹沙耶):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
前田吟:小池源一(区長)
苅谷俊介:法春(和尚)
日野陽仁:小池晋平(源一の弟)
伊嵜充則:小池福助(源一の息子)
宮本真希:山口直弓(毅一の姉)
やべきょうすけ:山口毅一(事件を目撃)
趙珉和:真鍋哲朗(駐在)
大塚良重:小池貞子(源一の妻)
二瓶鮫一:舟木(医師)
影山英俊:鈴木(警察庁審議官)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
長沢大:田中(警察庁首席監察官)
なかみつせいじ:佐藤(警察庁人事課長)
福田信昭:横田(警察庁参事官)
三浦光:特命係宛ての郵便を届けた警察官?
岸部一徳:小野田公顕

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン7)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン7出演分です。 第1話、第2話「還流」 西ノ園達大・所轄の刑事(相棒1 第5話)・三原健夫(沢村映子の夫)(相棒3 第10話)・神埼(ディレクター)(相棒4 第10話...

コメント

タイトルとURLをコピーしました