駆け込み乗車した人のせいで緊急停止ボタンが押される事態に

スポンサーリンク

今日の仕事帰り、乗ってた電車が7分ほど止まったのですが、駆け込み乗車が原因でした。
経緯を説明すると、

  • 駆け込み乗車した人がいて、その人の体は車内に入ったものの肩に掛けていたかばんは間に合わず、かばんのひもの部分が挟まれる。
  • ひもが細いせいか「異物が挟まった」とは認識されなかったようで、電車が動き出す。
  • ドアからかばんが飛び出た状態で次の駅まで行くのか?と思ったものの、恐らくホームにいた人が緊急停止ボタンを押し、電車が止まる。
  • しばらくして問題のドアが開き、駅員が「こういうこともあるから……」と言ったら駆け込み乗車したであろう人は「すみません、すみません」と繰り返していた。
  • 結局7分ほどの遅れで運転再開。

こんなところです。
乗っていたのは京浜東北線で、場所は新橋駅。
7分遅れってことは1本待っても余裕で次の電車に乗っていた時間だろうし、緊急停止ボタンが押されたってことは山手線や東海道線まで止めたわけで、本当に迷惑極まりない話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました