「ロイター記者、待機期間のパーティー参加でコロナ変異株が感染拡大」という記事に対するロイターの対応

スポンサーリンク

ロイターに「文春砲」が炸裂しました。

ロイター記者、待機期間のパーティー参加でコロナ変異株が感染拡大 | 文春オンライン
イギリスで発見され、日本でも市中感染が拡大している、新型コロナウイルスの変異株。ロイター社の東京支局に勤務する外国人記者が、イギリスから帰国後2週間の健康観察(自宅待機)の要請に応じず、パーティーに参…

 イギリスで発見され、日本でも市中感染が拡大している、新型コロナウイルスの変異株。ロイター社の東京支局に勤務する外国人記者が、イギリスから帰国後2週間の健康観察(自宅待機)の要請に応じず、パーティーに参加していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。厚労省によれば、この記者はコロナに感染し、パーティー参加者に変異株の感染が確認されている。

これに対してロイターはツイッターで、以下のように対応。

ロイターは、日本のある従業員について報じられた問題をこれまで認識していませんでした。ロイターの全スタッフに期待されているのは、すべての渡航制限を厳格に守り、日本を含め、当社が事業を展開しているそれぞれの地域の検疫規制や検査を遵守することです。今週月曜日にこの問題がわかった後、弊社では直ちに調査を開始しました。当該従業員はすでに弊社に勤務しておりません。

画像で謝罪文をアップ。検索されないようにするためですね。
あるいは、テキストだと自動翻訳で日本語がわからない人でも内容を把握できてしまうのを避けたかったか。
いずれにしろ、お粗末な対応ですね。

※追記
「画像で釈明」に対して批判が殺到したからか、今度は同じ内容を文字で書いたロイター。

でも、「なぜフォロワーの多い@Reutersでコメントしないのか」「きちんと経緯を調べて報じろ」など、いろいろ言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました