「医療クラスタ」の発言の疑問点 その4(手を洗う救急医Taka(木下喬弘)氏の発言について その2)

スポンサーリンク

以前「医療クラスタ」の発言の疑問点 その2(主に 手を洗う救急医Taka(木下喬弘)氏)という記事を書きましたが、その後もTaka氏の発言は気になるものがあり、ちょっと書いてみます。

スポンサーリンク

風当たりがきつい

https://twitter.com/mph_for_doctors/status/1355090681157582850

まあ、過去の発言について特に訂正などもされていないようなので、風当たりがきつくなるのも致し方ないのでは?
過去、ワクチンの副反応やらで不安を煽ったマスコミに対して風当たりがきつくなるのと同じだと思います。

スポンサーリンク

嫌なら見るな

https://twitter.com/mph_for_doctors/status/1355091005834452992

「『調子に乗るな』的な批判」というのが本当にそうなのか、Taka氏の認識ではそうなのか、ごくたまにあるものを誇張して言っているのかわかりませんが、バラエティーじゃあるまいし「批判」に対して「嫌なら見るな」と返すのは悪手では?
Taka氏も誤った内容の報道や発言を批判することもあると思いますが、その批判すら「嫌なら見るな」で封じられてしまいます。

スポンサーリンク

落ち度がないというつもりはない

これは以前も書きましたが、Taka氏の考える「落ち度」とは何ですか?

「検査の玄人」を自認されていますが、玄人であるならなおさら、「落ち度」があったら訂正なり何なりすべきだと思いますが、それはされたのでしょうか?
「○○という主張は間違い」と認め、撤回したのならそれを明言し、固定ツイートにでもすれば批判も減るのではないかと思いますが。

スポンサーリンク

追記

「風当たりがきつい」と「嫌なら見るな」のツイートは削除されたようです。
もしご本人からこの部分を削除してくれと言われたら対応を考えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました