コロナはただの風邪?

スポンサーリンク

なんだか電波を浴びてしまった気分ですが、「コロナはただの風邪」などという主張を見てしまったので、米国の状況を簡単にまとめてみます。

Burden of Influenza
Learn about how CDC estimates the burden of seasonal influenza in the U.S.

Deaths 12,000 – 61,000
Hospitalizations 140,000 – 810,000
Illnesses 9,300,000 – 45,000,000

まず、インフルエンザの過去9シーズンの数字です。最大で死者6万人。少なかったシーズンでは1万2千人。

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/cases-updates/cases-in-us.html

Last updated on June 10, 2020
Total Cases
1,973,797
17,376 New Cases*
Total Deaths
112,133
950 New Deaths*
*Compared to yesterday’s data

一方、6月10日現在、COVID-19の感染者数は197万人、死者数は11万人。
この数字を見ても「コロナはただの風邪」などと言えるのでしょうか? まあ、そういう主張をしている人は言いそうな気がします。
でも、ワクチンもなく抗体を持っている人もいないということで感染しやすいということはあるでしょうが、「終息していなくてこの数字」です。
日本では、というかアジアでは欧米ほどは拡大していませんが、まったく対策せずに放置したら欧米のようになる可能性もあるわけで、どこをどう見たら「コロナはただの風邪」と言えるのか、不思議でなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました