「大江戸事件帖 美味でそうろう 2」を見て

スポンサーリンク

今日、BS朝日で再放送のあった「大江戸事件帖 美味でそうろう 2」をたまたま見ていたのですが、そこで矢立屋(かわら版の原稿を書く)を生業としている主人公がこんなせりふを言いました。

「俺は矢立屋だ。矢立屋の仕事ってのはな、主義主張を訴えることじゃねぇよ。真実を伝えることだ」

その言やよし。
なんですが、「主人公にこんなせりふを言わせて朝日新聞的に大丈夫なのか」とか「このせりふを聞いて朝日新聞の人間は何か感じないのか」とか、なんだか余計なことを考えてしまいました。
新聞に限らず、「報道」に携わっていると自認している人はこの言葉を聞いてどう思うのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました