7都府県を対象に緊急事態宣言を発出

スポンサーリンク

4月7日、7都府県を対象に緊急事態宣言が発出されました。

緊急事態宣言を発令 首相「接触を8割削減」
安倍晋三首相は7日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令した。感染が急拡大している東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象で実施期間は7日から5月6日まで。宣言が出たことで7都府県の知事は外出自粛などの要請をする法的な裏付けを得たが各知事の判断は揺れている。米欧...

安倍晋三首相は7日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令した。感染が急拡大している東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象で実施期間は7日から5月6日までとなる。宣言を受け、7都府県の知事は外出自粛や営業休止などを住民や企業に要請する。

米欧では強制力がある外出禁止令を出す例がある。イタリアも罰金付きの外出制限を出したが感染者の増加が鈍化するまで時間がかかった。日本の外出自粛要請は強制力がないため住民の自発的な対応が不可欠になる。今回の宣言で感染爆発を防げるかは未知数だ。

正直、内容をよく理解していなかった時は海外のような都市封鎖をイメージしていましたが、強制力のない自粛要請なんですね。
これでどこまで効果があるか……
東京の感染者数は懸念されたほどは増えていませんが、それも検査数が足りていないのが濃厚ですし、実態を把握できていないのは怖いですね。
さあ、明日からどうなるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました